小野照崎神社

東京入谷にある、852年創建の「小野照崎神社⛩(おのてるさきじんじゃ)」公式noteです。 こちらでは神社の情報や、生活の中にある日本の文化やこころについて発信していきます😊 ◆毎月更新 ・月替わりの御朱印 ・待ち受け壁紙 http://onoteru.or.jp/

小野照崎神社

東京入谷にある、852年創建の「小野照崎神社⛩(おのてるさきじんじゃ)」公式noteです。 こちらでは神社の情報や、生活の中にある日本の文化やこころについて発信していきます😊 ◆毎月更新 ・月替わりの御朱印 ・待ち受け壁紙 http://onoteru.or.jp/

ウィジェット

マガジン

  • 秋詣2022

    来たる秋のはじまりに、移り行く四季を感じながら「秋詣」として心新たにお参りを頂ければ幸いです。 収穫の秋、読書の秋、食欲の秋、行楽の秋、スポーツの秋、などと、秋は多様な呼称がある実り豊かな季節でありますが、大事な収穫感謝の祭礼が行われる季節でもあります。生活の中で馴染みが薄い文化や伝統的な習俗も丁寧に紐解き、お伝えできればと思います。

  • 月替わりの御朱印

    毎月、月替わりで替わる小野照崎神社の御朱印をまとめたマガジンです。

  • 夏詣2022

    来たる下半期のはじまりに、お正月にたてられた夢や目標を振り返り、移り行く四季を感じながら「夏詣」として心新たにお参りを頂ければ幸いです。 祭事や行事が集中する半年の節目、それぞれのご案内や特集・解説をお送りいたします。

  • 「つぎのお祭りで逢いましょう」

    お祭りは、祈りです。 私たちは毎年、多くの方々と力を合わせて、神と人、国や地域の安寧を願ってきました。 この夏、⼊⾕で祭囃⼦を聞くことはできません。 今年は、地域をあげて心と肩を寄せたお祭りはできませんが、ゆっくり、お祭りを感じて、皆さまの心に温かい気持ちが広がりますようにと、お祭りに関わるドキュメンタリー映像や、特集記事をまとめた特設Webサイトをつくりました。 一人でも多くの方の心に届けば幸いです。 ◇令和2年 大祭特別企画 特設Webサイト http://onoteru.or.jp/taisai/ お祭りは無くとも、心静かに手を合わせるひとときを。 また、皆さまと笑顔でお会いできる日を楽しみにしております。

  • さくら詣2022

    春は芽吹きの季節、様々な区切りが整い年度が改まる「はじまりの季節」でもあります。 生活の中にある文化や伝統的な習俗を丁寧に紐解くことで、豊かな日常への気付きとなれば幸いです。 新しい春を迎えて、心新たにお参りください 。

最近の記事

固定された記事

神様のいる生活

春爛漫の季節になりました😊 当社境内でも、八重桜や照手桃など様々な花々が見頃を迎えています…! 当社は4月末まで「さくら詣」の期間🌸 新年度に心新たに、清々しくお参りをいただければと、皆さまのご参拝を特別なご用意にてお待ちしております。 またこの期間、当社ではを桜色の和紙で包んだ特別な“お神札”をお分かちしております。 心新たにお神札を御奉斎いただく機会になればと、お神札をお受けいただいた方に簡易的な“お札立て”とお札のおまつりの仕方を書いた“特別な栞”を併せてお分

スキ
22
    • 「十三夜」は日本の気候にぴったりなお月見習慣🌕

      秋も深まり、夜空の月がきれいに見られる季節になりました🌕 お月見といえば十五夜の中秋の名月が有名ですが、日本由来のお月見の風習で「十三夜」があることをご存じでしょうか! 今回はそんな10月8日の「十三夜」、そしてお月見の風習についてのお話です。 ◆「十五夜」と「十三夜」お月見といえば、中秋の名月「十五夜」ですね😊 一般的には「お月見=十五夜」のイメージが強いと思います。 十五夜は旧暦の8月15日の夜のこと。「中秋の名月」という名前は旧暦で7月を初秋、8月を中秋、9月

      スキ
      14
      • 「秋奉 -紅葉-」特別御朱印のお知らせ

        秋も深まり、だいぶ過ごしやすい季節になりましたね🙂 10月の旧暦名は「神無月」 字だけを見ると「神様がいない月」ですが、この「無」は「の」と訳されて「神の月」という意味になります 神様と深い関わりを持つ、秋の実りの多き月 親しくご縁をいただいて、清々しいお参りの機会とされて下さい 10月と11月の特別御朱印は、すべて合わせて一つになる2か月続きの御朱印になります。 秋の深まりを五感で感じながらの月参りをいただいて、良い年の納めへとお進みいただければ幸いです。 ◆「秋

        スキ
        19
        • 「正月 巫女助勤者募集」のお知らせ【令和5年】

          小野照崎神社では、年末年始、正月の期間にお手伝いを頂ける巫女の助勤者を募集致します。 ご希望の方は詳細をご確認の上、お申込みください。 ◆職務内容[授与品の頒布、電話応対、祈祷案内、雑作業 等] 小野照崎神社の臨時巫女として、年末年始に白衣に朱の袴で、参拝者の方にお守りの授与や、ご祈祷の際の簡単なご案内を行って頂きます。 ◆応募要件応募条件:都内近郊在住の20〜39歳までの女性      詳細は奉仕希望日申請書をご確認ください 募集人員:10名程度 勤務期間:令和4年12

          スキ
          6

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 秋詣2022
          小野照崎神社
        • 月替わりの御朱印
          小野照崎神社
        • 夏詣2022
          小野照崎神社
        • 「つぎのお祭りで逢いましょう」
          小野照崎神社
        • さくら詣2022
          小野照崎神社
        • 初詣2022
          小野照崎神社

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          摂社・三峯神社のはなし ~現代に受け継がれる江戸の山岳信仰~

          9月は当社境内にある三峯神社の例祭月です。 本殿の左手にあるお社は、当地の御嶽信仰者によって古く創建された「御嶽神社」に、江戸末期に「琴平神社」が、大正時代には埼玉・秩父にある「三峯神社」より御分霊を受け、相殿で三社がお祀りされているものです。 三峯神社と山岳信仰三峯神社とは、景行天皇の命により東国平定に遣わされたヤマトタケルノミコトが、秩父の三峯山の山川が清く美しい様子をご覧になり、国をお生みになられたイザナギノミコト・イザナミノミコトの二神を偲んで創建されたという古い

          スキ
          13

          令和4年「秋季例祭」のお知らせ

          本年も9月19日に「秋季例祭」が執行されます。 9月19日は、当社が現在の入谷の地に遷祀された大事なご縁日です。 御遷座を寿ぐ秋祭り小野照崎神社は、御祭神である小野篁公がお隠れになられた仁寿二年(852年)に上野照崎の地(現在の寛永寺 輪王殿付近)に創建されました。 現在の入谷の地に遷祀されたのは、それから約800年後の1629年9月19日のこと。 幕命により江戸城の"鬼門封じ"として、京都の比叡山 延暦寺に倣って東叡山 寛永寺を建立するために移転を命じられ、末社である

          スキ
          12

          「菅原道真公のご生涯」と「月の名歌」

          お月見シーズンがやってきましたね! 令和4年は9月10日が「中秋の名月」、これからだんだんと月が欠けていって、来月10月8日には「十三夜」を迎えます。 9月の「月詣」特別御朱印でも、月をモチーフに、御祭神の小野篁公、御配神の菅原道真公や神社の動物たちが大きな月を眺めて月詣♪ 季節のさまざまな美しい情景の和歌を多数詠まれてきた道真公。 「月詣」特別御朱印には新古今和歌集に撰された、当社御配神・菅原道真公の珠玉の和歌があしらわれています。 濡れ衣を着せられ配流された自ら

          スキ
          12

          「中秋の名月」 秋の月はなぜきれいに見える?

          だんだんと夜も長くなってきて、月を楽しむのにもぴったりな季節になりました♪ 秋の月の代表ともなる「 中秋 の名月」まで、あともう少し! 今日は、この秋の象徴である「月」を掘り下げます🙂 2021年の「中秋の名月」は? 中秋の名月とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のこと。 令和4年は9月10日(土)が中秋の名月にあたります。 昔は、現在の暦で8・9・10月頃である旧暦の7・8・9月を「秋」としていました。 旧暦の8月15日は秋のちょうど真ん中にあたりますが、こ

          スキ
          16

          9月9日は「重陽の節句」 どんな日なの?

          9月9日は五節句のひとつ、「重陽の節句」の日です。 9月9日のように奇数の重なる月日は、めでたいながらも「陽の気が強すぎるため注意が必要」ともいわれ、こうした季節の節目となる日を「節句」という形でお祝いと同時に、様々な方法で厄払いの行事を行います。 5月5日の「端午の節句」や7月7日の「七夕の節句」は印象が強いですよね! それに比べると、「重陽の節句」は現代ではなじみが薄いかもしれません。 一体どんな節句なのでしょうか…? 最大の陽数が重なる「重陽の節句」 平安時代に

          スキ
          40

          名歌「秋思」から「九月十日」へと繋がる菅原道真公の激動の1年 

          「重陽」特別御朱印は、9月9日の「重陽の節句」がモチーフです。 御朱印に添えられているのは「九月十日」という、当社ご配神の菅原道真公が詠まれた詩。 簡潔ながらも強い想いがにじむ詩ですが、この詩が詠まれた背景には涙なしには語れないドラマがあるのです…! 物語はこの詩が詠まれる1年前までさかのぼります。 ◆道真公が詠んだ、残菊の詩「秋思」 「九月十日」が詠まれる1年前のこと。 道真公は重陽の節句の翌日(9月10日)に行われた残菊の宴の席で、醍醐天皇ご臨席の傍ら「秋思」と

          スキ
          18

          「9月の特別御朱印」のお知らせ

          厳しい残暑も徐々に和らぎ、風に秋を感じられるような過ごしやすい日も増えて参りました。 夏の終わりが感じられますね…🎐 あんなに暑かった夏が、立秋を過ぎて2,3週間であっという間に秋へと移ろう様は毎年驚かされます。 それでは、9月からの特別御朱印のご紹介です…♪ ◆「月詣」特別御朱印9月「月詣」特別御朱印では、御祭神や神社の動物たちが大きな月を眺めて月詣♪ 見事な満月の下、月見団子を供え、月見を楽しむ御祭神の小野篁公。 月のうさぎは餅をつき、天女スタイルのイノシシと

          スキ
          30

          あなたの思う『夏祭り』は?「夏祭り」は大きく2種類

          暑い夏の楽しみといえば…各地で行われるイベントやお祭り🍧 太陽が眩しいこの季節が来ると、自然と気持ちが上がるものです😊 四季がうつろうごとに自然や神様に感謝をするという文化の中で、皆のこころを寄せ合う「お祭り」を日本人は愛してきました。 この5月に行われた当社の「大祭」もその一つ 来年の本祭が無事に行われますよう3年振りの本社神輿をいただいて行われた「大祈願祭」 風薫る清々しい季節を感じるダイジェスト映像が出来ましたので是非ご覧ください🙂 こういった夏の「お祭り」にも

          スキ
          15

          夏空を照らす「花火」と「お盆」 ~夏は「鎮魂」の季節?~

          この8月は、祖霊を迎えて家族の時間を過ごす「お盆」の季節 今日、8月13日から15日の月曜日までが「お盆」の期間とされています。 「お盆」とは、古来からの日本の祖霊信仰と仏教の盂蘭盆会が融合した、先祖の御霊をお祀りする行事。 今月の御朱印のテーマである「みたままつり」も漢字で書くと「御霊祀り」   故人の遺徳を偲び、霊魂を慰めることを指します。 「精霊迎え」や、「五山の送り火」など、この季節には "祖霊を迎えて様々な形でもてなし、一族で共に同じ時間を過ごす" ことが何よ

          スキ
          28

          「山の日」は8月11日 私達の身近にいる山の神様

          8月11日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」を趣旨として制定された国民の祝日、「山の日」です。 山の日は2016年(平成28年)に施行された比較的新しい祝日。 この「山の日」の新設により、今まで祝日のなかった8月に祝日ができ、祝日がない月は6月と12月だけになりました。 山が身近にある日本では、国土の7割ほどが山地と丘陵地であり、さらに国土のおよそ3分の2は森林に占められています。 いかに私たちの身近に山や緑が存在するかがうかがえますよね🏔 「富士信仰」 富

          スキ
          13

          暑さ本番! 風鈴に打ち水…工夫して暑さを楽しむ 「納涼」

          毎日暑さが続きますね。 例年「納涼」と銘を打った催しが多く行われるこの季節。 風鈴、浴衣で花火、打ち水など…日本人は蒸し暑い夏を工夫して過ごしてきました。 当社境内では暑い日が続く中でも、ふとした瞬間に感じる「涼」を大切にと、多くの風鈴で皆様をお迎えしています。 ご参拝の際は、涼やかな音で風を感じてみて下さい🎐 今月の御朱印も、透かし紙との二層構造を活かし、「涼」を感じる奥行のある3面の見開き御朱印となります。 是非ご覧ください♪ 暑い夏を工夫して過ごす『納涼』「納涼

          スキ
          12

          「8月の特別御朱印」のお知らせ

          真夏の暑さ到来ですね🌞 当社では朝顔が毎朝、暑さに負けじと咲き誇っています😊 毎日暑い日が続いていますが、熱中症にはお気を付けくださいね…! 今月の8月「夏紅葉」特別御朱印では、御配神の菅原道真公と神社の動物たちが暑さを避け、水辺で納涼を楽しんでいます…🎵 ◆「夏紅葉」特別御朱印風鈴、浴衣で花火、打ち水など、日本人は蒸し暑い夏を工夫して過ごしてきました。水辺で涼をとるのもそのひとつ。 「納涼」をテーマに作られた青紅葉の御朱印です。 文字や景色あしらい含め、中央の1面を

          スキ
          43