出版社トゥーヴァージンズ(TWO VIRGINS)

みなさまのライフスタイルにちょこっと混ぜていただきたい出版社です。☞https://w…

出版社トゥーヴァージンズ(TWO VIRGINS)

みなさまのライフスタイルにちょこっと混ぜていただきたい出版社です。☞https://www.twovirgins.jp/ | ONLINE SHOPは下記アイコンから | Webコミックメディア「路草」🌱 https://michikusacomics.jp/

マガジン

  • 本職 ほんとのおしごと

    本と仕事と人にまつわるあれこれを発信します。

  • SIDE TRACK(サイド トラック)

    トゥーヴァージンズ発の新たな連載メディアです。 本線(本来の道)とは別の“もうひとつの道”。 そんな脇道にふと入っていった先に、 まだ見ぬ言葉や文章、景色との新たな出会いがありますように。 エッセイ・散文を中心として、各連載、毎月1回更新していきます。 (メインビジュアルはカヤヒロヤさん作)

  • ブルース&ソウル・レコーズ

    日本で唯一のブルース/ソウル/ゴスペルの音楽専門誌『ブルース&ソウル・レコーズ』の公式noteです。トゥーヴァージンズnoteへ移動しました!

ストア

  • 商品の画像

    【ステッカー付】『Radio Silence レディオ・サイレンス』

    NYタイムズ・ベストセラー作家 アリス・オズマンが描く アイデンティティ、多様性、選択の自由をテーマにした傑作、待望の邦訳! 学年トップの成績でエリート大学を目指している女子生徒会長のフランシス。自他ともに認める勉強マシンの彼女には、友達も、後ろめたい秘密も、自分の“内なる声“さえもなかった。でも、お気に入りのポッドキャスト「Radio Silence」を運営する内気な天才アレッドと出会い、初めて本当の友情を経験する。新たな自由を見つけたフランシスだったが、「Radio Silence」が思いもよらぬ形で注目されたことから二人の信頼関係が崩れてしまい…… 限定特典のステッカー付き! ■書誌データ 発売日:2024/6/24 作者:アリス・オズマン 訳者:石崎比呂美 定価:2,640円(本体価格2,400円+税) 仕様:四六/並製/448ページ(仮) ISBN:978-4-910352-79-4 ※書影はサンプル画像としてUS版を掲載しています。 ※特典はなくなり次第終了となります。ご了承の程お願い申し上げます。 ※ステッカーは台紙サイズ106×141mmです。
    2,750円
    TWO VIRGINS
  • 商品の画像

    【ぼく脳 オリジナル作品】 あの日の雨の再現[レシピ付]

    「SIDE TRACK」連載の第2回「雨と帰る」 (https://note.com/twovirgins/n/nf4a35142440d) に合わせて、ぼく脳さん本人が手作りした1点ものの作品です。「あの日の雨を思い出して再現した手作りの雨です」(ぼく脳) 瓶のサイズ:直径45ミリ、高さ50ミリ ※中身の液体は安全で、そのレシピを付していますが、あくまで観賞用です(飲料用ではありません) ※環境によって中身の液体が気化する可能性があることご了承ください ※ヤマト宅急便の最短日・時間指定なしにて発送させていただきます。時間指定のご希望がございましたら備考欄にご記入ください
    3,300円
    TWO VIRGINS
  • 商品の画像

    【ステッカー付】『Radio Silence レディオ・サイレンス』

    NYタイムズ・ベストセラー作家 アリス・オズマンが描く アイデンティティ、多様性、選択の自由をテーマにした傑作、待望の邦訳! 学年トップの成績でエリート大学を目指している女子生徒会長のフランシス。自他ともに認める勉強マシンの彼女には、友達も、後ろめたい秘密も、自分の“内なる声“さえもなかった。でも、お気に入りのポッドキャスト「Radio Silence」を運営する内気な天才アレッドと出会い、初めて本当の友情を経験する。新たな自由を見つけたフランシスだったが、「Radio Silence」が思いもよらぬ形で注目されたことから二人の信頼関係が崩れてしまい…… 限定特典のステッカー付き! ■書誌データ 発売日:2024/6/24 作者:アリス・オズマン 訳者:石崎比呂美 定価:2,640円(本体価格2,400円+税) 仕様:四六/並製/448ページ(仮) ISBN:978-4-910352-79-4 ※書影はサンプル画像としてUS版を掲載しています。 ※特典はなくなり次第終了となります。ご了承の程お願い申し上げます。 ※ステッカーは台紙サイズ106×141mmです。
    2,750円
    TWO VIRGINS
  • 商品の画像

    【ぼく脳 オリジナル作品】 あの日の雨の再現[レシピ付]

    「SIDE TRACK」連載の第2回「雨と帰る」 (https://note.com/twovirgins/n/nf4a35142440d) に合わせて、ぼく脳さん本人が手作りした1点ものの作品です。「あの日の雨を思い出して再現した手作りの雨です」(ぼく脳) 瓶のサイズ:直径45ミリ、高さ50ミリ ※中身の液体は安全で、そのレシピを付していますが、あくまで観賞用です(飲料用ではありません) ※環境によって中身の液体が気化する可能性があることご了承ください ※ヤマト宅急便の最短日・時間指定なしにて発送させていただきます。時間指定のご希望がございましたら備考欄にご記入ください
    3,300円
    TWO VIRGINS
  • 商品の画像

    【コドモペーパー先生サイン本】ブブとミシェル 〜雨上がりの天使〜 1

    「日曜日の朝に堕天使が降ってくる」両親を病で亡くし、孤独に生きる少年ミシェルの住む土地では、土曜日の夜から雨が降り、その雨は日曜日の朝になると堕天使に変わる。堕天使の死骸が散乱するところで卵を見つけたミシェル。そして生まれたブブ。心に深い傷を負った少年と無邪気な堕天使による愛と絆の物語。 Webコミックメディア「路草」はこちらから https://michikusacomics.jp/product/bubutomichelle 【作者プロフィール】 切り絵や万年筆を駆使して、絵本のような繊細な絵を描く。西洋文学や明治・大正・昭和の文学を愛好しており、現在、大正浪漫マンガ『十次と亜一』(旧cakes連載→ウェブマガジンウィングス https://www.shinshokan.com/webwings/title75.htmlに移行)を連載中。note→ https://note.com/codomopaper/ 発売日:2023/1/10 作者:コドモペーパー 定価:847円(本体770円+税) 仕様:B6/並製/192ページ ISBN:978-4-910352-93-0 ※お一人様1点限りとさせていただきます。 ※なくなり次第終了となります。ご了承の程お願い申し上げます。 ※ネコポスのサイズを超える商品点数をご購入のお客様は、ヤマト宅急便の最短日・時間指定なしにて発送させていただきます。
    847円
    TWO VIRGINS
  • もっとみる

最近の記事

本屋、はじめまして #4 本と喫茶 サッフォー ー前編

はじめまして。2023年6月、茨城県つくば市に「本と喫茶 サッフォー」をオープンした山田亜紀子と申します。サッフォーは、都心から離れた大型書店では見つけにくいジャンル(主にフェミニズム/ジェンダー/福祉)を中心に、絵本から学術書まで幅広く選書している街の小さなブックカフェです。 アニエス・ヴァルダの映画に出会ったことがきっかけでフェミニストになり、お店を始める前は出版社の編集者、その前は独立系書店の書店員としてフェミニズム関連の書籍を売ったり、作ったりしてきました。ご存じの

    • 23 花火とケンカ

      花火は、ケンカだ。 ケンカは、花火なのだ。 どちらも、内部情報の短時間での全暴露。 だから、人は見物する。 あの化学薬品とあの化学薬品を掛け合わせると、あの色になるのか。 つまりこの人の現恋人があの人の前恋人なのか。 一目一聴瞭然。 一年かけて、この花火大会のために仕込んだのだから。 自分の青春をかけて、恋愛をしたのだから。 コスパが高い。 見世物として、成り立つ。 花火大会では、失敗は禁物。 ケンカでは、ここでケリをつけねば一生の恥。 ゆえに、緊張感が半端ない。 そ

      • 第12回 天使と尼僧

        「『ブッダ』を繰り返し読んでいたせいで、輪廻転生の考えが染みついてしまって、だからクモを見ても、このクモがもし死んだひいおじいちゃんの生まれ変わりだったらどうしよう、って考えてしまって殺せないんだよね」 となりの席のヤマダにだけ話しかけているつもりだったがクラス全員に聞こえていたらしく、教室はしんと静まり返っていた。困惑した表情を浮かべる三十九人ぶんの冷ややかな目がわたしに向けられており、ため息や、「頭おかしい」とか「あいつはやっぱりヤバい」という声が聞こえた。ヤマダは、一

        • 本屋、はじめまして #3 ヨットー後編

          本と仕事と店主についての 8問8答 1 オープンから 6ヶ月、率直な感想は? 本屋という場所をきっかけに、いろいろな人やものごとに日々出会っています。ヨットのような小さな書店が街に新しくできて喜ぶ声を、想像以上に多くいただいたこと、著者や出版社の方が訪ねて来てくださったり、お客さんが自主制作したZINEを持ち込まれたり、嬉しい驚きもたくさんありました。店としてまだまだ作り途中ですし、やりたいことがたくさんある今、本屋という場所だから生まれる何かをこれからも大切にしていきた

        本屋、はじめまして #4 本と喫茶 サッフォー ー前編

        マガジン

        • 本職 ほんとのおしごと
          10本
        • SIDE TRACK(サイド トラック)
          63本
        • ブルース&ソウル・レコーズ
          43本
        • 路草マガジン
          13本
        • トゥーヴァージンズの今月の新刊案内
          9本
        • 谷川俊太郎/ 楽園まで
          5本

        記事

          第11回 脚本家のギャラ事情

          脚本家っていったいどのくらいのお金をもらっているのでしょうか。脚本家に限らずあの仕事ってどのくらいの収入を得ることができるのだろう、と気になる職業はたくさんあります。例えば、箱根駅伝で活躍するような大学の駅伝部の監督さんはどのくらい給料をもらっているのだろうかとか、大道芸人の方の年収はおおよそいくらくらいになるのかとか、僕は気になっていました。脚本家の収入に関してはどのくらいの人が気になるのかわかりませんが、脚本家になりたい方は大いに気になるところかと思います。 僕の所属し

          22 言葉と体験

          「言葉にならない」という言い方がある。 「言葉にできない」という言い方がある。 しかしその二つには、冒頭に「まだ」が付くのだ。 まだ、言葉にならない。 まだ、言葉にできない。 人生とは、新たな体験に出会い続ける旅でもある。 あれ、あんなところに猫がいる。 あれ、ここにこんな店、あったかな。 「あんな」や「こんな」は、あそこやここの既成イメージが壊れた驚き。 この人、こんなこと言うんだ。 あの人、あんなことするんだ。 それはこの人やあの人への、偏見の崩壊。 あれはあ

          本屋、はじめまして #3 ヨットー前編

          はじめまして。ヨットの菅沼祥平です。2023年9月に静岡県三島市で本屋を始めました。本屋を始めるまでは10数年を東京で過ごし、会社勤めをしていました。本屋になりたいという以前に、いつかは自営業で小商いをしながら暮らしたいと思っていたので、インディペンデントな店や活動に、自分なりにアンテナを張って20代を過ごしました。オルタナティブな生き方や文化を知ることは、自分にとって日々のモチベーションとなり、それ自体を誰かに紹介することにもまた面白さを感じていました。本屋はその生き方や文

          本屋、はじめまして #3 ヨットー前編

          第11回 主よ、人の望みの喜びよ

          友人がなか卯の「天然うにいくら増し増し丼」を激賞していた。これまで、わたしから友人にセブン-イレブンの「エリックサウス監修 ビリヤニ」や、松屋の「シュクメルリ鍋定食」を薦めたことがあった。だが、友人から布教されるのは初めてだったので、珍しいなと思いつつも、その熱量に面食らった。以下は実際のメッセージからの引用である。  都心やオフィス街でまともな丼ものが食べられる  札幌でも同じ値段で食べられないのではないか  1,690円の段階でもウニとイクラが2倍設定になる

          第11回 主よ、人の望みの喜びよ

          21 基準と心拍数

          基準とは、心拍数のことなのだろう。 歩くピッチも、話す速度も、おにぎりを握るテンポも。 我々は生身で、その要の酸素を送る血のポンプが、心臓という指揮者なのだから。 ランナーズハイとは、心拍数が多すぎる走者が見る、早送りの白い楽園である。 鬱とは、心のリズムが心拍数とシンクロしない、一人無言絶唱団のことである。 子どもは、初めて測った自分の脈が時計の秒針のカウントに近いことに、興奮を覚える。 なんで、秒針と脈の速さは似ているんだろう? それは、心拍数を基準に秒針の速度を

          【シネマコラム】 拝啓、スピルバーグ様 003 

          003. アカデミー賞なんかこわくない 後編 Edit & Text by Shigemitsu Araki あともう数時間で米アカデミー賞発表というタイミングで、この原稿を書いています。 さて、前回のコラムでオスカーの作品賞にノミネートされた女性監督の3作品『落下の解剖学』『バービー』『パスト ライブス/再会』に登場する男女の共通点として「仕事ができる女と哀れなるマッチョたち」という設定を挙げました。 女性監督ではありませんがヨルゴス・ランティモス監督の『哀れなるも

          【シネマコラム】 拝啓、スピルバーグ様 003 

          第3回 「睡眠は明日の自分を信じていないとできないから難しい」

          最近どうも寝つきが悪い。目的地の入り口がわからずにその周辺をぐるぐると周っている感覚。そもそも、睡眠というのは明日の自分を信じていないとできないから難しい。まだ会ったことも話したこともない人に「明日」という貴重な一日を任せるのが不安なのである。今日の自分が良すぎると「今日の自分を手放したくない」と思い、今日の自分が終わっていると「明日の自分も終わっているのでは」と思う。少しでもいいから「明日の自分」の面接をできる時間があればいいのに、と思う。それによって余計に眠れなくなること

          第3回 「睡眠は明日の自分を信じていないとできないから難しい」

          BOOK DIGGER #006 有坂塁

          006. 有坂塁 Thema 映画をDIGる 『ウディ・オン・アレン: 全自作を語る』 スティーグ・ビョークマン 大森さわこ(訳) (キネマ旬報社) 『STUDIO VOICE VOL.252 -特集:CUT UP CINEMA! 90年代東京の映画環境はどうなっているのか』 (INFASパブリケーションズ) 『80sグラフィティ』 長谷川町蔵、山崎まどか ほか (ブルース・インターアクションズ) 昔、僕はレンタルビデオ屋で働きながら、映画館でも映画を観て、映画の

          第10回 「脚色」という仕事について

          今回は「脚色」ということをテーマに書いてみます。いつかはこの連載に脚色をテーマにした原稿を書こうと思っていましたが、このタイミングにしたのは『セクシー田中さん』の作者である芦原妃名子さんが亡くなられたことが影響しています。痛ましく、最悪の事態となってしまったこの出来事については自分なりに思うところがありますし、そのことに関してもいつか書いてみたい気持ちはあるのですが、今回はあくまでも「脚色」ということに限って書こうと思います。今回の出来事によって、脚色という作業が世間からはほ

          第10回 「脚色」という仕事について

          20 マドレーヌとフィナンシェ

          マドレーヌは貝の形。フィナンシェは、金塊の形。 マドレーヌを見るたび、渚の音が聞こえる。 フィナンシェを見るたび、黄金の光が眩しい。 マドレーヌは、午後三時の右手のお供。 フィナンシェは、ウォール街の株価アナリストの左手のお供。 プルーストの『失われた時を求めて』の主人公が紅茶と一緒に食べたのはマドレーヌ。 それをきっかけに田舎町コンブレーの全景が、遠い島国ジャポンの水中花のようにティーカップの中から広がった。 フィナンシェとは、フランス語。英語なら、ファイナンス。

          20 マドレーヌとフィナンシェ

          No.176 特集 70年代ソウルの基礎知識 Pt.4: シンガー・ソングライター編 全国の書店にて本日発売!

          ソウル入門特集[70年代編]の第4弾は、「シンガー・ソングライター編」です。70年代に入り、カーティス・メイフィールド、ダニー・ハサウェイ、ビル・ウィザーズほか、自ら曲を書き歌い、プロデュースやアレンジもこなすアーティストがソウル・ミュージックの新たな時代を築きました。彼らの音楽はブラック・ミュージックだけでなく、その後のポピュラー・ミュージック全般に大きな影響を与えたといえるでしょう。本特集では代表的なアーティストの作品など、100枚以上のアルバムを紹介します。 ★ 70

          No.176 特集 70年代ソウルの基礎知識 Pt.4: シンガー・ソングライター編 全国の書店にて本日発売!

          第10回 灰色の雪

          およそ半世紀もの間、社会に潜伏して市井の人として生涯を終えたテロリストは、ジェームス・ブラウンが大好きで、ライブがあればかけ声をかけ、踊っていたらしい。てっきり革命の妄執にとらわれたまま、孤独で無為な時間を過ごしたのだとばかり思っていたが、友達に囲まれて笑顔で過ごした日々があったらしいと知って、不謹慎だがすこしほっとした。 七年ほど前にわたしがよくライブに通っていたバンドにかつていたメンバーも、ジェームス・ブラウンが好きらしかった。彼は映画館でジェームス・ブラウンの伝記映画