赤ちゃんは親を選んで生まれてくるって話があるけどもしそれが本当なら私は人を見る目が無いんだと思う

今日は7時半くらいに目が覚め、好きな女の子にあげるプレゼントを買いに行き、カボチャの煮物やら大根の浅漬けなど作ってしまうくらい元気だ。
昨日はヒルナミンを飲んだせいで一日中頭がほーっとしていたので、やっぱりいつもの飲み慣れた薬がいいなァと改めて感じた。

元気なうちにしたい話、幼少期の話をしようと思う。

プロフにも書いてある通り私の家は機能不全家庭だった。

両親が喧嘩をしない日を見たことはない

もっとみる

イラストをいつからか書かなくなった話

 
わたしは小説を書くことが好きだったと同時に、イラストを描くことも大好きだった。
むしろ学生時代は小説よりもイラストを描いた時間のほうが長かったと思う。
一番古い記憶は幼稚園の時。当時世間がポケモン熱に火が付き、大盛り上がりしていた時期で、私は自作のノートの表紙にぽけもんずかんと書き、中に沢山のポケモンを書いた。
その後小学生に上がった最初のほうでは、オリジナルキャラクターを作っておじいちゃんの

もっとみる

昔々あるところに…その6

おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんとおばあさんは入手した大きな桃の中に入っていた赤ん坊を

コードネーム『桃太郎』と名付け、育てる事にしたのでした。

「さて、育児をする事にしたとはいえ、ワシらは共に仕事を抱える身。

 常にこの子の傍にいてやる事は難しい。

 そこでじゃ、信頼できる所からベビーシッターを雇う事にした。」

「なるほど、さすがはおじいさん。打つ手が早いですね。

もっとみる
スキありがとうございます♪これからもよろしくお願いします。

<シリーズ『UMA遺産』第3回>「クッシー」が棲むと言われる日本最大のカルデラ湖~北海道・川上郡弟子屈町(てしかがちょう)屈斜路湖エリア

ミステリアスなエリアを、UMAの聖地として、「UMA CREW PROJECT」が独断と偏見で選定、紹介する「シリーズUMA遺産」。第3回目は・・・・。

昔から巨大な生物が棲むといわれ、北海道ではサロマ湖に続く第2位の広さを誇る屈斜路湖は、北海道の東部、弟子屈町(てしがかちょう)に位置する自然湖であり、日本最大のカルデラ湖(火山の活動によってできた湖)である。

1970年代、この屈斜路湖の湖面

もっとみる
ありがとう😊
19

自己紹介

どうも、ヒタヒタと近付いてくる就活の足音に怯えながら鮭とばを食ってるてふてふです。周囲にかなりいい匂いを漂わせながらちまちまと就活をしているわけですが、この活動いかんせん自分の話をすることが多く……例えるなら私の全てをかけた一世一代の自分語り、これは練習せねばなるまい…と思い、今回は今更ですが自己紹介もとい私の半生を書いていきたいと思います。でっかい世界のちっさい人間ではありますがやはり身バレは怖

もっとみる

不憫な浦島太郎さん

浦島太郎という昔話を知っているだろうか

---------------------

[あらすじ]

 浦島太郎は、浜辺で子ども達が一匹の子ガメをイジメているのを見つけ、ウミガメを助けて海へ逃がした。
 数年後、太郎が海で釣りをしていると、大きな亀がやって来て、昔助けてくれたお礼にと海の中の竜宮城へと連れて行かれた。
 竜宮城では乙姫たちに歓迎され、魚たちの踊りや、素敵なご馳走でもてなされ、楽し

もっとみる
スキあざす❗️
11

部活をやっていた話

私は、中高と吹奏楽部に入っていた。
今も地元の吹奏楽団に入っている。
ちょうど今日、5月9日に演奏会を控えていたが、コロナの影響で中止になった。

中止になった反動か、最近やたら過去に演奏したコンクールの曲が脳内再生されるようになった。
それと同時に、こんなこともあったなぁと同時の思い出が蘇る。

最近よく流れるのは、中学3年生の時に演奏した「百年祭」。
私の中学校は、先生が独断でコンクール曲を選

もっとみる
スキ,ありがとうございます!
1

ヴァイオリン

ヴァイオリンを中学で習う

という話をしたとき

初めて、おじいちゃんも弾いてた

ということを知った

今はもう弾かない

弾けないけど、と言ってて

残念だな

指怪我してなかったら

教えて貰えたのに~と話した

若い頃、仕事で怪我しちゃったから…

痛かっただろうな

ショックたっだろうな

でも

おじいちゃんの指は十分器用だよ

昔は色々大変だったんだろうな

おつかれさま。おじいちゃ

もっとみる
ありがとう

昔々あるところに…その5

おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんとおばあさんは入手した大きな桃の解析を行うと同時に

開閉手段を模索していました。その甲斐あり……

ウィィッィイーーーーン

まばゆい光を放ちながら大きな桃が真っ二つに割れたのでした。

そしてその中から

「おぎゃあおぎゃあ!」

一人の赤ん坊が現れたのでした。

「おばあさん、検温、温かいタオル、最高級のベッド、ブリックテスト、

 粉ミ

もっとみる
スキありがとうございます♪これからもよろしくお願いします。

普通だと思っていた母親について

母親との関係ってどれが正解なのでしょうか。
自分が結婚するまで自分の母親は世間一般の母親たちと同じだと思っていました。

母は普段からあたしの話は全く聞いてくれず、仕事から帰って来たらご飯を食べながら職場の愚痴のオンパレード。
今日〇〇さんが仕事をミスした、とか。△△さんと⬜︎⬜︎さんが不倫してそう、とか。こちらからしたら「それ誰やねん。興味ないねんけど」って感想しか出てこないどうでもいい話ばかり

もっとみる
ありがとう。おにぎりの具は何派ですか?
1