今日の1曲#73 jamiroquai 「cosmic girl」

今日は曇りのち雨だそう

冬曇りの朝

アーバンなファンク

彼の声はほどよくソフトで

あたたかく響く

https://youtu.be/D-NvQ6VJYtE

嬉しい〜よ〜
3

仮想現実

言っていることを捉えるよりも、味わい深いもの、それはその時の、時代のリズムなのだと思う。いまを味わうように。

Jamiroquai - Virtual Insanity (Official Video)

少し前のハロウィン🎃では、渋谷が騒がしかったけど…
ジャミロクワイ と言えば、渋谷。懐かしい。
当時、夜のクラブでは、この帽子で、皆、
床が動いてるダンスをマネしたものです😆
追)よくよく歌詞を聴いたら、まるで現代社会。
またちょっと驚く。

#ジャミロクワイ #渋谷 #歌詞 #現代社会

ジャミロクワイから風刺系ニュースまで。ブラジル大統領ボウソナロの批判のされ方がすごい!

どうも。

今日はこういう話をしましょう。今日、9月7日はブラジルは独立記念日でした。普通だったら、もっとも、愛国的な気分が盛り上がる日のはず・・・なんですが

「そんな日はクソだ。黒い服を着てやれ」という動きがこの日、盛り上がりました。というのも

僕のブログで定番キャラ化しつつあります。ブラジルのネトウヨ系クソ大統領、ボウソナロが「この日、国民は、黄色と緑の服を着るように」という発言を数日前に

もっとみる
やった〜
15

仮想現実の狂気

隣の住民は、かなり大きな音で音楽を聴くことを好む。それも同じものを繰り返して。そして、今日もジャミロクワイの「Virtual Insanity」が壁を一枚隔てて、流れてくる。一度、顔を合わせたことがあった。二十代半ばくらいの女だった。
 今日も、ジャミロクワイの「Virtual Insanity」が流れる。いつもと同じくらいの音で、いつもと同じ曲が、例によっていつものように。その中でぼくは淡々と

もっとみる
( /・・)< ありがとうございます
25

女性のゆらぎと仕事のカンケイ(オレンジ編)

みなさん、こんにちは。完熟オレンジことミドリーです。

「女性のゆらぎ」とはすなわち「女性ホルモン」の問題と認識しておりますので、「女性のゆらぎ」と聞くと、「クロワッサン(雑誌)」!と即答してしまいます。

なぜなら、クロワッサンでは年に1度は「女性ホルモン」が特集として組まれるから。

ミドリーはモノを捨てるのは得意な方ですが、どうしても捨てられないものも当然ありまして、2008年4月10日発売

もっとみる
好きです。
6

アイロンに最適な音楽を求めて 第1回:Jamiroquai『High Times Singles 1992-2006』

アイロンをかける部屋にはCDを再生する環境がないので、音楽はiPhoneと小さいスピーカーをBluetoothで繋いで聴いている。音楽を聴く環境としては、料理をするときと同じだ。
 当然、音質はよくない。でも、別にかまわない。音楽をじっくり聴きたいわけではない。目的は、アイロンをかけるときに背後で音を鳴らすこと。だから、音質は二の次だ。
 そういえば、学生時代、小さなラジオでFMを聴いていた。大学

もっとみる

【第1回 フィロソフィーのダンス】

本当ならば「今聴いてる洋楽紹介。」的な通な感じで行きたい所だが、なにせタイトルが「気まぐれミュージック」なもので…この気持ちを新鮮な内にという事でこのいきなりアイドルグールプを紹介たい。

{画素:dance forpihlosophy.comより引用}

〈本格派ソウルミュージック〜アイドルを添えて〜〉

4人組アイドルグループ「フィロソフィーのダンス」細かいプロフィールは書かない。僕はアイドル

もっとみる

練習。JamiroquaiのVirtual Insanityのプロモーションビデオより。