ハヤカワヒロミチ

広告をつくらないコピーライター。博報堂の博に電通の通と書いて博通という名前です。「人と…

ハヤカワヒロミチ

広告をつくらないコピーライター。博報堂の博に電通の通と書いて博通という名前です。「人と仕事」「キャリア」領域でのコンテンツプランニング、編集、ライティングを得意としていますが、ブランディングやネーミングのお仕事もコンスタントに手がけております。

マガジン

  • 仕事のはなし

    毎週月曜更新。『求人広告制作note』からリニューアル(2023.11.6)求人広告制作パーソンに向けて書いてきたものと、そうでないものが混在しておりますが、主に仕事の現場でひろったよもやま話でして、共通項があったりなかったり。どうぞよしなに。

  • street wise

    毎週水曜日更新。ときどき水曜以外にも更新。どうしたら毎回こんなにくだらないことが書けるのだろうか、と書いている本人も呆れています。本当に申し訳ないです。

  • 広告本読書録

    「広告をつくらないコピーライター」であるぼくがこれまでに読んできた「広告本」の感想文です。なかには「広告本」ではないものもあります。しかし広告、特に企画やコピーライティングをするにあたって有益な本であれば分野を問わず紹介します。

  • Lo-Fi音楽部

    うわっつらで音楽を聴いてきた男の“ちょっと古い”音楽噺です。本格的な理論や批評は一切ありません。それはRe:minderの先生がたに…

  • 読感雑感

    読書感想文や書店など本にまつわるnoteをまとめます。ただし広告本は除く。

最近の記事

  • 固定された記事

経済を底のほうから動かす仕事

求人広告をつくっていると、お客さまから学ぶことは本当に多いです。今回はそういう話です。 首都圏で3店舗ほど出店していた居酒屋さんから求人の依頼を受けたぼくは、営業と連れ立って取材にでかけます。先方の社長はまだ25歳と若い実業家だったのですが、ぼくが居酒屋店長経験者ということを知って、安心して任せてくれることになりました。 ところが、蓋をあけてみると、応募ゼロ。3日経っても1週間過ぎても、応募が来ません。まあ、求人広告は水物ですから、ないことはない。とはいえ、客先で信頼まで

    • あきないからあきない

      なんとなく採用広報の文脈でインタビュー記事の仕事を請けるようになってから10年近く経つ。 会社員のくせに個人で仕事を受けてギャラはすべて会社に入れるという、それはおまえつまり副業なのかい?というスタイルだが、いまではすっかり誰もツッコまなくなったのだから人生はラブ イズ Cashである。 10年もひとつのことをやっていると周囲からはベテランと言われることも少なくないが、本人はいたって緊張の連続。いつもドキドキ、膝ガクガク、唇ブルブルというココイチのとび辛表における「5辛」

      • 老人願望。

        30歳の頃から、いずれ自分はホームレスになるだろう、という強迫観念に駆られている。理由はわからない。当時、勤めていた西新宿の超高層オフィスを下から眺めたとき不意にその想像が訪れ、以来ずっと頭の隅に棲み続けている。 ちょうどその頃、ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』という本を手にした。読みながら、自分はホームレスになる、という思考が現実のものとなってしまわないか本気で心配した。 いまでもちょっと心配である。 ある日、ずいぶん前に書いたnoteに、知らない方が「スキ」し

        • 仕事ができるようになるまで

          毎週月曜日は仕事に関するnoteを書いています。毎回絶対どんなことがあっても仕事に関することか?ああん?と詰問されると少し怯みますが、まあ、一応は仕事まわりの内容を心がけています。 で、今回は仕事ができるようになるまで、人はどのようなステップを踏むかという話。 ぼくはコピーライティングという技術の仕事を長い間こなしてきたので、コピーライティングができるようになるまでの話になりますが、でも他の仕事でもだいたい同じことがあてはまるんじゃないか、と思います。実際、居酒屋での仕事

        • 固定された記事

        経済を底のほうから動かす仕事

        マガジン

        • 仕事のはなし
          181本
        • street wise
          213本
        • 広告本読書録
          118本
        • Lo-Fi音楽部
          15本
        • 読感雑感
          7本

        記事

          山のあなた

          山のあなたの 空遠く 幸ひ住むと 人のいふ 噫われひとと 尋めゆきて 涙さしぐみ かへりきぬ 山のあなたに なほ遠く 幸ひ住むと 人のいふ 小学校4年生の時、担任の小寺先生(女性)に褒められたい一心で勉強に励み、ほぼオール5という成績を残した。しかし勉強したのは小中高あわせてその一年のみである。 その頃から自分の行動原理は何一つ変わっていない(好きな女性に気に入られたい)ことと、オール5ではなく「ほぼ」オール5という詰めの甘さが既に完成されていたのかと思うと愕然とする

          would you like Interview?

          6月はまったくもってインタビューの数が多い。 NDAの関係もあるので具体的な言及は控えるが、まず3日、4日、5日、6日と4日間連続で取材・撮影があった。その数、総勢10名。 そして翌週はまた2名、翌々週には8名が控えている。6月の営業日数は実は少なくて20日しかない。20日で20人のインタビュー。つまり毎日一人の話を聞いていることになる。 さすがにこれだけの取材人数になると、いくら計画性のないぼくでも日々の動き方を確定しなければならない。 取材してから執筆までにはテー

          would you like Interview?

          本日も渋滞なり

          渋滞が好きか、嫌いかと聞かれると、決して好きではないと答えるだろう。しかし、じゃあ嫌いなのねと念を押されると自信を持ってうん、と言い切れない自分もまたここにいる。 いや、できるだけ避けたい。できるなら無縁でいたい。だって渋滞なんて百害あって一利なしですから。 ChatGPTだの生成AIだのLLMだの、所詮パソコンの中だけのケツの穴の小さな話だなと思うのも渋滞にハマったときである。お前らそんなにすごい技術なら圏央道八王子JCTを先頭に内回り48.9キロの渋滞をなんとかしてみ

          本日も渋滞なり

          頑なにこだわること

          求人広告代理店でコピーライターとしてそろそろ2年目が終わろうという頃。 心底「つまらない」と思っていた、いわゆる求人雑誌媒体の仕事は卒業しており、社内で「企画もの」と呼ばれるパンフレットやリーフ、あるいは技術系専門誌に掲載される広告制作に夢中になっていました。 媒体系の仕事との大きな違いは、予算の大きさと表現の自由度が圧倒的に違う点。そして制作物が紛れもなく「作品」になるところです。 そりゃあそうでしょう、マル描いてチョンみたいな落書きにそれっぽいキャッチフレーズをつけ

          頑なにこだわること

          【広告本読書録:116】言葉からの自由 コピーライターの思考と視点 

          三島邦彦 著 宣伝会議 発行 長らくおやすみしていた広告本読書録。前回の115号で児島令子さんの著書を取り上げてから一年以上も更新していませんでした。 それには理由があります。 手に取りたくなる広告本がないのです。 もちろんこの一年の間に何冊も広告やコピーに関する書物は出版されています。こう見えて広告本マニア(100冊以上紹介しているんだからマニアを名乗っても許されますよね)なので書店に行けば必ずコーナーをチェック。どれどれ面白そうな広告本はないかいな、と探索を欠かし

          【広告本読書録:116】言葉からの自由 コピーライターの思考と視点 

          2024年の皐月を振り返る

          ここ数年の傾向として、楽しい出来事が4月と5月に集中している。 愛犬ヒッチコック(フレンチブルドッグ・牡)の誕生日記念箱根旅行も。 大型連休も。 ひろのぶと株式会社の株主ミーティングも。 パンダリーノも。 すべて4月と5月に行われるイベントである。 今年に関していえばここにスナワチPOP‐UPストアが加わる始末。 楽しいことが波のように打ち寄せては引いていく。そしていま、わたしの両手にはなんともいえない虚脱感が。 わたしの辞書には5月病はない。 その代わりに6

          2024年の皐月を振り返る

          ふつうじゃない会社員の代弁者になるときに注意すること

          前回のnoteが予想を超えて反響がありまして、ちょっとびっくりしています。 PVとかスキの数はだいたいいつも通りなのですが、定性的なリアクションに驚いています。 Xでコメントをくださったり、DMでメッセージをくださったり、リアルで感想を聞かせていただいたり。 ありがたやありがたや、でございます。 その中でいくつかあったのが「もう少し具体的なアドバイスがほしいです」という声。なるほど確かに虚心坦懐であれ、明鏡止水で臨め、みたいな話は「そうだよなあ」と思っていただけても「

          ふつうじゃない会社員の代弁者になるときに注意すること

          ニッセイのコマーシャル

          ニッセイのコマーシャルをご存知だろうか。 いつもだいたい泣かせにくるやつだ。 自慢だがわたしはこの手の泣かせに強い。 人間ができていないのだ。 ひねくれているのだ。 すなおではないのである。 しかし、数あるニッセイのTVCFシリーズで、これだけは鼻の頭がツンとするヤツがある。 それが中村ゆりさん主演の『笑顔が大好き』編60秒である。 まあ、見てください。 この『笑顔が大好き』編にはスポットでちょくちょく流れる30秒バージョンと、日本生命が社運をかけてスポンサードする番組

          ニッセイのコマーシャル

          ふつうの会社員なんかいない

          以前も職種名が引き起こす誤解というか、コミュニケーションのいわく言いようのないズレについて書いたが、今回は仕事そのものに触れたい。 「ハヤカワさんはどんな仕事を?」 「そうですね、多いのはインタビューかな」 「ほう、インタビューですか…」 このときの、質問者の頭の中に浮かんでいるのはほぼ百発百中で芸能人・有名人の類である。いわゆるタレントやスター、アーティスト、作家、建築家などなど。百発のうち三発ぐらい外したとしても実業家あたりだろう。 いずれにせよ、ネットを叩けば軽く

          ふつうの会社員なんかいない

          ここのところの麺事情

          人類は麺類、という傑作コピーが過去あったけれど、ほんとうにそうだなあとおもう。 少なくともぼくはUT(超地球的存在)から「あなたは人類ですか?」と聞かれたら「いいえ、わたしは麺類です」と答える覚悟はできている。 そんなぼくがこないだの週末に感じた麺に関するエトセトラについて書くことにする。 藤沢にある『ラーメン黄金』のスタミナラーメンはいったいどこに向かっていくのだろうか ここはひとつ、声を大にして言いたい。 藤沢にある『ラーメン黄金』のスタミナラーメンは、この先い

          ここのところの麺事情

          コピーライターという仕事をキャリアの最初に選んでよかったな、とおもうひとつふたつの事実

          アナタの仕事はなんですか?と尋ねられると、ちょっと前までは「コピーライターです」と返すことにこだわっていた。 たいがい、コピーライターって広告の?と聞き返されるぐらいの市民権は得られている職種だ。 しかしわたしは広告をつくらない(つくれない)コピーライターなので、いいえ広告はつくりません、と返すことになる。 さあ、ここからがたいへんです。 相手をいたずらに混乱させてしまうことになる。 え?コピーライターなのに広告をつくらないの?どういうこと?そんなコピーライターなん

          コピーライターという仕事をキャリアの最初に選んでよかったな、とおもうひとつふたつの事実

          徹夜とわたし

          そういえばいつから徹夜しなくなったのだろう。 ある日の朝、唐突にそうおもった。そうおもったらいてもたってもいられなくなって、徹夜についていろいろ考えを巡らせるわけです。 最後の徹夜はいつだっけ。 あれは…たしか…(ポワポワポワポワポワ~ン←回想によくあるSE) ときを遡ること14年前。前職でマネジメント能力があまりにもなくて主力事業の制作部門を干され、アルバイト採用サイトのリニューアルというよりほぼ新規立ち上げに回されたとき。 アルバイト求人広告の原稿制作は比較的簡