ドライブに音楽は欠かせないと。

ドライブに音楽は欠かせないと。

ドライブでのBGM、何を選曲する? パーク24は9月9日、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した「ドライブでのBGM」に関するアンケート結果を発表した。 まず、ドライブ中に音楽(ラジオ以外)を聴くかと尋ねたところ、85%が「聴く」と回答。男女による傾向の差はほぼなかった。年代別では20代以下が最も高く94%。ドライブ中の音楽は欠かせないものとなっているようだ。また、その他の年代でも約8割がドライブ中に音楽を聴くと回答している。 ドライブ中によ

スキ
6
#お気に入り曲厳選 『ジャズ・ファンク』プレイリスト

#お気に入り曲厳選 『ジャズ・ファンク』プレイリスト

ちょうど1年前のQuoraでの回答を、最近目にしました。 質問『あなたがお気に入りのジャズ・ファンクの曲は何ですか?』 こう言う質問をいただいた場合、僕は「『ジャズ・ファンク』とは何か?」といったように深く考えません。 1.『スペース・カウボーイ』ジャミロクアイJamiroquai - Space Cowboy 王道の代表曲。 2.『ヴァーチャル・インセニティ』ジャミロクアイJamiroquai - Virtual Insanity (Official Video)

スキ
83
Jamiroquai - Virtual Insanity (Tap Dance Cover by 回踏太陽)
再生

Jamiroquai - Virtual Insanity (Tap Dance Cover by 回踏太陽)

チャンネル登録▶https://bit.ly/3w4K9Dz はい!「回踏太陽(かいとうたいよう)」です。今回はJamiroquai - Virtual Insanityをタップカバーしてみました。いつまでたっても変わらぬかっこよさ!楽しく聴いてもらえたら嬉しいです! このチャンネルでは、とにかく何も考えずやってみたい事をどんどん実現していければと思っています!楽しむだけ!だからみんなも楽しんでくれたら嬉しいです! チャンネル登録!👍ボタン!コメント待ってます! 【回踏太陽とは?】 タップダンサーと映像ディレクターのユニット。たぶん世界発。いや勝手に世界初。いや世界初でなくても良いんですが珍しいやつ。いい大人が全力で楽しむためだけに作ったユニット。 今のところはyoutubeをメインに活動開始。 ▶大好きな元動画 https://youtu.be/4JkIs37a2JE #Jamiroquai #VirtualInsanity #tapdance

スキ
1
オリジナルステッカー
+6

オリジナルステッカー

木曜日記当番8/12 (題名)  オリジナルステッカー いつもありがとうございます! モンスターヒート恵です。 今日は めぐの普段乗ってる車に ついての話の一つを お話しします。 その車は 2016年の年末から乗ってます。 今回のお話は写真の日付から2017年の3月になります。 丁度 モンスターヒート社員旅行で ママの実家の清水に、 はじめて行ったころです。 めぐがピコ太郎みたいな 豹柄のベロアセットアップが 不評だったのを覚えてます。 あと清水港の ちびまる子ち

有料
100
オリジナルステッカー
+6

オリジナルステッカー

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

さよならSuchmostyle

さよならSuchmostyle

(今日めちゃめちゃヲタクな話です) 久しぶりにSuchmosを聴いていた。 今日はただただSuchmosの話。 彼らが活動休止したのはいつだったっけ、そうだ今年の3月だ。 ほんとに残念だった。良いアーティストだった。 高校生の頃、『THE BAY』から、「Miree」を聴いてハマったのを覚えている。 「STAY TUNE」は本当に強いパワーを持った良い曲だった。 ジャパニーズヒップホップ、アシッドジャズといった音楽が日本で受けれられるようになったのは間違いなく彼ら

スキ
5
今日の一曲s 2021/7/24

今日の一曲s 2021/7/24

オリンピックが始まる。 東京を中心に活動するZEKUUと言うバンドです。今後増えていくであろう、”副業ミュージシャン”のポジションを30才を超えて狙うべく色々試行錯誤をしております。

音、徒然なるままに・・・(ジャミロクワイ)

音、徒然なるままに・・・(ジャミロクワイ)

昨今の音楽状況と言えば、70年代から90年代のサウンドの影響下にあると言って良いと思う 70年代は音楽的にひとつのピークに達した時代だと言える 80年代はひと言で言えばテクノロジーの時代、打ち込み全盛期だ 90年代は80年代のプログラミングされたサウンドに飽きた時代、 初めて過去の時代を振り返りサウンドの再評価、再構築に入った 従って90年代は70年代のサウンドによく似た時代だった ジャミロクワイやブランニューヘヴィーズなどのバンドが良い例だ 今回このジャミロクワイの初

スキ
3
Jamiroquai - Stillness in Time (Official Video)
再生

Jamiroquai - Stillness in Time (Official Video)

この曲やたら好きでした。1995年。当時部活のオケでフルートをしていてクラシック漬けでしたが、この曲(アルバム)を聴いて痺れて間奏のところを無性に耳コピしたくなったのを思い出しました。耳コピは途中のまま笑。※追記:ライブ版見つけましたhttps://youtu.be/qaCEiS-cb78 和訳してくれてた記事http://blog.livedoor.jp/minaegao375smile/archives/51438846.html

スキ
42
完全リアルタイムではないけど好きな90年代洋楽とPV ハリウッド版「GODZILLA」サントラ収録の Jamiroquai「Deeper Underground」(1998)
再生

完全リアルタイムではないけど好きな90年代洋楽とPV ハリウッド版「GODZILLA」サントラ収録の Jamiroquai「Deeper Underground」(1998)

(作詞作曲 Jason Kay · Toby Smith) ハリウッド版「GODZILLA」サントラ収録曲(映画の内容は「ゴジラ」というより「ジュラシック・パーク」という感じでしたが)。本当のリアルタイムな世代は自分よりもずっと上でしょうが、自分が通ってた田舎の中学、上京して通った大学でも聴いてる同級生や生徒が居たり従姉が来日公演を観に行ったり伯母の知り合いがジェイ・ケイにナンパされたとかウソかホントか分からない話を聞いたりとなんだかんだジャミロの話題は頻繁に耳にしていましたし、自分も高校の時聴き始めそこそこハマり、同じく車好きの折り紙カブトみたいなのを被ったジェイ・ケイのキャラを気に入ってました。 さて、本格的にファンクにハマるとジャミロはちょっと薄味な感じもしていた事も有ったのですが、最近になってまた彼らなりの個性や魅力を感じ始めており、この曲なんかは映画の内容に合わせて若干ダークな色も有るものの、いつも通りの能天気な雰囲気もちゃんと存在しており、ムーグらしきアナログシンセの太い音が耳に残ります。そしてPVも映画館に突入してきたゴジラを見て人々がパニックになってる中飄々としてるジェイ・ケイが「らしい」作品に仕上がっており無駄にお金掛かってるのがまた笑いを誘います。ところでジャミロクワイの北米での知名度や人気ってどれ位有るんでしょうね。クラブチャートではそこそこな成績を収めていますが。

スキ
1