トガシテツヤ

茨城のとある物流倉庫でフォークリフトに乗る元ライター(北海道から茨城にUターン)文苑堂…

トガシテツヤ

茨城のとある物流倉庫でフォークリフトに乗る元ライター(北海道から茨城にUターン)文苑堂第1回54字の物語コンテスト最優秀賞&特別賞。note創作大賞2023最終候補。第1、2回Solispia文学賞最終候補。たまにピアノで西村由紀江さんの曲を弾いています。

マガジン

  • 日記とかエッセイとか

    エッセイって言うほど立派なものじゃないけど、気ままに書いてます。

  • 毎週ショートショートnote

    たらはかに(田原にか)さんが毎週日曜日にお題を出し、そのお題に沿ったショートショートを書く企画です。

  • 小説&ショートショート

    小説は主に短編です。フリー台本として、ご自由にお読みください。 (全部ではありませんが、「聴くっしょ!」にも投稿しています)

  • 創作大賞2023応募作品(連載小説)

    私が書くのは1万字以内の短編が多いんですが、これからは中・長編や連作短編にも挑戦したいと思います。 「ノクターンによせて」(note創作大賞2023最終候補作品) 「シネマのように」(solispia文学賞最終候補作品)

  • 140字小説&54字の物語

    140字小説&54字の物語です。

最近の記事

  • 固定された記事

梅の実|掌編小説(#シロクマ文芸部)

 梅の花を見ると、亡くなった祖母を思い出す。  名前が「梅」だったんだが、それだけではない。  祖母の家は、岐阜県の山奥にある。子供の頃、秘境のような場所にある祖母の家が大好きだったが、あまりに田舎過ぎて、野犬やイノシシ、猿などが悪さをすると、たびたび問題になっていた。実際、僕も小学校の帰り道、野生の猿に執拗に追い回されたことがある。  そしてある日、僕は野犬に襲われ、左腕に大怪我を負ってしまった。病院から帰ると、祖母の家には大勢の人が集まっていて、なぜか近くのお寺の住

    • 大きな物流倉庫なので、入って来る荷物と出て行く荷物は北海道から沖縄まで全国レベル。 トラックも全国から来るので、ドライバーさんたちの会話はいろんな方言が入り混じっていて面白い。 そしてなぜか、関西弁はすぐに移ってしまう…。(;^_^A

      • せやま南天さん著「クリームイエローの海と春キャベツのある家」(#創作大賞感想)

        創作大賞2023で朝日新聞出版賞を受賞した、せやま南天さんの「クリームイエローの海と春キャベツのある家」。 少しずつ読もうと思ったんですが、一気に読んでしまいました。 主人公が異世界に行くわけでも、事件が起こるわけでもない、日常そのものが舞台です。しかし、「日常」というものがいかに忙しく、ドラマと事件の連続であるか…。 洗濯物の海で溺れそうになりながら、隙間を見つけて息をして、額に汗して奮闘する永井津麦の姿は、読む人の姿そのものではないだろうか。 みんなが、永井津麦で

        • 創作大賞2023で朝日新聞出版賞を受賞した、せやま南天さんの「クリームイエローの海と春キャベツのある家」を読みました。📖 感想は後ほど。

        • 固定された記事

        梅の実|掌編小説(#シロクマ文芸部)

        • 大きな物流倉庫なので、入って来る荷物と出て行く荷物は北海道から沖縄まで全国レベル。 トラックも全国から来るので、ドライバーさんたちの会話はいろんな方言が入り混じっていて面白い。 そしてなぜか、関西弁はすぐに移ってしまう…。(;^_^A

        • せやま南天さん著「クリームイエローの海と春キャベツのある家」(#創作大賞感想)

        • 創作大賞2023で朝日新聞出版賞を受賞した、せやま南天さんの「クリームイエローの海と春キャベツのある家」を読みました。📖 感想は後ほど。

        マガジン

        • 日記とかエッセイとか
          64本
        • 毎週ショートショートnote
          78本
        • 小説&ショートショート
          112本
        • 創作大賞2023応募作品(連載小説)
          10本
        • 140字小説&54字の物語
          150本
        • 演奏(ピアノ)
          14本

        記事

          秋谷りんこさん著「ナースの卯月に視えるもの」(#創作大賞感想)

          創作大賞2023にて、お仕事小説部門で別冊文藝春秋賞を受賞した秋谷りんこさん著「ナースの卯月に視えるもの」、読ませて頂きました。 ファンタジーな、ちょっとライトノベルっぽいのかな、と思いきや、そうではありません。 主人公が向き合う、リアルな人間と命の物語、そしてミステリーが加わったお仕事エンターテインメントです。 (もしライトノベル風なら、note投稿時点で私は最後まで読まなかった) 秋谷さん自身が元看護士とのことで、医療関係の専門用語も出てきますが、読むのを阻害するほど

          秋谷りんこさん著「ナースの卯月に視えるもの」(#創作大賞感想)

          おかんにも「読んでみい」と渡しました。 感想は後ほど。 夜勤明けの疲れ切った状態で読んだんですが、とても元気をもらえる物語でした。 やっぱり賞を取る、出版される作品というのは、こういう作品なんだと感動。 秋谷さんのnoteに応募時の投稿がそのまま残されているのがとても貴重ですね。

          おかんにも「読んでみい」と渡しました。 感想は後ほど。 夜勤明けの疲れ切った状態で読んだんですが、とても元気をもらえる物語でした。 やっぱり賞を取る、出版される作品というのは、こういう作品なんだと感動。 秋谷さんのnoteに応募時の投稿がそのまま残されているのがとても貴重ですね。

          放課後ランプ|毎週ショートショートnote

          「74番ゲートにて、進学743便にご搭乗予定のお客様にご案内します。 当便のお客様の機内へのご案内は、6時30分を予定しております」 ――よし。定刻通りだな。 俺は時計を見る。 「あーもう! 就職便は25分の遅延よ。新入社員が怖気づいて部屋から出てこないって」 就職便の案内スタッフ、藤井さんが天を仰ぐ。 「またか。確か去年も同じような理由で1時間遅れたんじゃなかったっけ?」 「毎年恒例よ。勘弁してほしいわ」 藤井さんを「まぁまぁ」となだめ、お互いに表情を引き締める

          放課後ランプ|毎週ショートショートnote

          個人事業からサラリーマンに戻った元ライターです(2024年5月6日)

          北海道から無事に茨城にUターンしたので、改めて自己紹介を。 ライターからフォークリフト乗りへ4月30日まで→個人事業でシナリオライターやWebライター 5月1日から→茨城のとある物流倉庫でフォークリフトオペレーター 以前の自己紹介はこちら。 noteには主に小説やショートショートを投稿しております。 (たまに日記も) 2024年までの成績文苑堂 第1回54字の物語コンテスト最優秀賞&特別賞(2022年) 第10回自作小説の一節コンテスト優秀賞(2023年) no

          個人事業からサラリーマンに戻った元ライターです(2024年5月6日)

          茨城某所の大きな物流倉庫にて、毎日フォークリフトに乗っております。 激務は覚悟していましたが、想像以上でした…。 ここまで人不足が深刻とは…。 小説?創作大賞?もうそれどころじゃなくなりましたよ。 仕事と寝るので精一杯です。

          茨城某所の大きな物流倉庫にて、毎日フォークリフトに乗っております。 激務は覚悟していましたが、想像以上でした…。 ここまで人不足が深刻とは…。 小説?創作大賞?もうそれどころじゃなくなりましたよ。 仕事と寝るので精一杯です。

          4月が一瞬で終わった気がするんだが…。

          4月が一瞬で終わった気がするんだが…。

          春ギター|毎週ショートショートnote

          ――今年も沸いて出たか……。 夕方、駅前ロータリーのストリートミュージシャンを見て、心底うんざりした。俺にとっては、騒音をまき散らす迷惑者にしか見えない。 見覚えがある。確か去年も同じ時期、同じ場所で歌っていた。若い女性だ。学生だろうか。小柄で、ギターが異様に大きく見える。 ――不格好だな。 バス停へと歩きながら、女性を一瞥する。 *** 春は好きじゃない。 嫌いってわけじゃないけど、苦手なんだ。 みんながそわそわして浮足立っているのを見ると、とてつもなく寂しくなる

          春ギター|毎週ショートショートnote

          G.W|ショートショート

          「皆さん、こんばんは。GWです」  いつも通り、夜の7時きっかりに配信が始まり、チャット欄はリスナー同士の「○○さん、こんばんは」という、うっとうしい挨拶合戦で埋め尽くされた。  俺はそれに加わるのが嫌で、スマホを脇に置いて、パソコンでダラダラとネットサーフィンをすることにしている。 「突然ですが、僕の配信は今日が最後になります」  ――は?  あまりに突然のことに、思わず声が出た。  ――どうしてですか?  ――何かあったんですか?  チャット欄が騒がしくなる。

          G.W|ショートショート

          き…決まりました……。(正社員) これでやっと茨城へ帰れる……。(´;ω;`) ありがとう北海道。 さようなら北海道。

          き…決まりました……。(正社員) これでやっと茨城へ帰れる……。(´;ω;`) ありがとう北海道。 さようなら北海道。

          再生

          冬の北海道は国道を走れ!

          ( ゚Д゚)y─┛~~ こんなこともあったなぁ。 途中までしか除雪しておらず、それに気付かずに突っ込んでしまった、と。 まぁ、一面真っ白なので、気付かないよね…。 裏道を走らず、国道を走っていれば、こうはならなかった…。 (このアイシスは2021年にエゾシカと衝突し、廃車になりました)

          冬の北海道は国道を走れ!

          再生

          北海道稚内市、宗谷丘陵より。 ここは日本海とオホーツク海の境目でもあります。 稚内は夏でも冷涼で強い風が吹いているので、草木が高く育たないそうです。

          北海道稚内市、宗谷丘陵より。 ここは日本海とオホーツク海の境目でもあります。 稚内は夏でも冷涼で強い風が吹いているので、草木が高く育たないそうです。

          オホーツクの北部にある雄武町(おうむちょう)。 観光地でもない何でもない普通の景色ですが、こういうのがいいんです。

          オホーツクの北部にある雄武町(おうむちょう)。 観光地でもない何でもない普通の景色ですが、こういうのがいいんです。