エコシステム

人と資源を循環させるエコシステム その2
+2

人と資源を循環させるエコシステム その2

 「牟岐カレープロジェクト」の次にやること、実は「ハンバーガーの商品開発」なのです。あまりにも安直で陳腐な発想だと思われる方も多いだろう。今回はその経緯について紹介したい。  「ハンバーガーの商品開発」について、2人の若者を抜きに語ることはできない。1人目は、秋田県男鹿市でハンバーガーのフードトラックを始めた修吾。彼との出会いは、2014年のHLAB TOKUSHIMAサマースクール。大学生スタッフとして参加した彼は、サマースクール後も牟岐町の離島(出羽島)で実施したワーク

人と資源を循環させるエコシステム その1
+2

人と資源を循環させるエコシステム その1

 昨年度は、新型コロナウィルスの感染拡大により、リアルな人の動きが封じられる中で、牟岐町に関わる人と人を繋ぐことを目的に、牟岐町の産物を使ったカレーを調理し、情報を発信する「牟岐カレープロジェクト」を、徳島県南部総合県民局のご支援のもと実施いたしました。  実のところ「牟岐カレープロジェクト」を続けているうちに、コロナの出口が見えてくるだろうと高を括ってました。そのため、「牟岐カレープロジェクト」が好評だったにも関わらず、継続させていく気持ちになれないまま時間が経過してしまい

スキ
4
つまらなくない未来 エストニア

つまらなくない未来 エストニア

エストニアは政府のデジタル化がものすごく進んでいます。いわゆる電子国家としてエストニアの名前を聞いたことある人はちらほらいらっしゃることだと思います。 今日は、そのエストニアについて以下の本を参照しながら書きました。 エストニア政府が目指していること、エストニア人へのインタビュー、エストニアの特徴である透明性について重点的にまとめてみました。 エストニア政府が目指していることデータの主権を個人に返す データ主権を個人に返すとは、自分たちの情報を自分の意思でコントロールでき

スキ
6
【#NIKKEI】イオン経済圏(エコシステム)はデジタル時代に確立できるか

【#NIKKEI】イオン経済圏(エコシステム)はデジタル時代に確立できるか

 引用した記事の内容は、イオンによって提供される様々なサービスへ、一つのアプリから一元的にアクセスすることが可能である、というもの.このような、複数の自社サービスを一つのアプリで一元的に管理、またポイントなどで経済圏を確立する方法は、昨今では頻繁に行われている.  今回、注目したいのは、基本的に自前のサービスに限定されるということ.そういった意味では、楽天と似たような経済圏の形成とご理解いただいても、良いのかもしれない.しかしながら、今から新しく自前主義の経済圏を形成すること

Blue Prism社より「エコシステム アワード」を日本国内において初受賞!
+1

Blue Prism社より「エコシステム アワード」を日本国内において初受賞!

 ワークスアイディ株式会社(代表取締役社長:池邉竜一、本社:東京都渋谷区、以下ワークスアイディ)は、インテリジェントオートメーションのグローバルリーダーであるBlue Prism 社(AIM: PRSM、本社:英国ロンドン、CEO:ジェイソン・キングドン、日本法人Blue Prism 株式会社、本社:東京都港区、社長:長谷 太志)より、6月10日にオンライン開催された“Blue Prism Partner Executive Forum” にて、日本国内初となる「エコシステム

旅行でオーストラリアにポジティブな影響を!宿泊施設プラットフォーム「Green Getaways」
+3

旅行でオーストラリアにポジティブな影響を!宿泊施設プラットフォーム「Green Getaways」

みなさんこんにちは!「自分たちが意外と知らない世界のはなし」をお届けするTIAMiesです。 サステナブルツーリズム*(英: Sustainable tourism)への関心が、若い世代を中心にここ数年で高まっています。近年オーストラリアでは、国をあげてサステナブルツーリズムに力を入れていて、持続可能な観光を取り上げているメディアも数多くあるほど! 旅行で観光地を疲弊させるのではなく、ポジティブな影響を与えるために誕生した宿泊施設プラットフォーム「Green Getawa

スキ
10
知らない世界(Unknown World)
+3

知らない世界(Unknown World)

海の世界。人間が生きていくことのできない世界。そこには僕の知らなかった世界が広がっていた。 僕はその日ワクワクした気持ちと共に目覚めた。朝食はトーストにアボカドとスクランブルエッグをのせて。トーストの上にはもちろんベジメイトを塗っていただく。毎朝のルーティンだ。 今日僕は新しい世界へと向かう。まるで旅に向かう空港にいるような感覚だ。 2時間くらいだろうか船に揺られ僕と友達はCoral reefについた。 僕たちのスキューバダイビングの時間は午後1時ということで時間があったの

スキ
4
忘れ物防止トラッカー「Tile」から異音がするようになったので、Appleの「AirTag」を買ってみた
+3

忘れ物防止トラッカー「Tile」から異音がするようになったので、Appleの「AirTag」を買ってみた

忘れ物防止トラッカーというジャンルの製品はここ数年で結構普及してきました。私は最初mamorioを使っていたのですが、予定通り1年くらいでバッテリー切れになった後、毎年メーカーに送って交換するの面倒くさい、と思って電池交換式のTileに乗り換えました。 それで2年半ほど使っていたのですが、カタカタカタという異音が聞こえるようになりました。 録音はこちら。 聞こえるようになった最初はTileからの異音とは気が付かず、机が揺れているのか、パソコンのファンにゴミでも引っ掛かっ

スキ
1
Mac OSからWindowsにPCを替えて2ヶ月時点の感想

Mac OSからWindowsにPCを替えて2ヶ月時点の感想

はじめに-MacBookからWindows PCへの買い替え-iPhone4を購入して以来、Apple製品の操作性の良さ、品質の高さからこれまで私はMacBook・iPad・iPhoneを愛用してきました。それによりいわゆるAppleの「エコシステム」による利益を最大限に受けており、概ね満足していました。 しかし、今年からWindowsでないとダウンロードできないソフトを使う必要が生じました。そこで、ちょうどバッテリーのヘタリがみえてきていたMacBook12インチ(201

スキ
13
IBMパートナー・ソリューション

IBMパートナー・ソリューション

本サイトでは、IBMビジネスパートナー様が開発・販売されているIBMテクノロジーを利用した業務アプリケーションや情報基盤ソリューションを「IBMパートナー・ソリューション」としてご紹介します。 *ソリューションの掲載希望は随時受け付けております。 (前提:IBM PartnerWorld会員、IBMテクノロジーを利用したソリューション) 【クリエイターの一言】 IBMは世の中にとって更に「Be essential」な存在になるために、変革をしています。その変革の一つに、I

スキ
6