ヨロン@50過ぎのオヤジの愉しみ

ポリティカル・ストラテジスト、株式会社VoiceJapan/株式会社世論社代表取締役、武蔵大学非常勤講師、『ザ選挙』(現『選挙ドットコム』)運営、電子楽器のエンジニア(ローランド)から、政治とインターネットの世界へ。長野県上田市生まれ、横浜在住。

ヨロン@50過ぎのオヤジの愉しみ

ポリティカル・ストラテジスト、株式会社VoiceJapan/株式会社世論社代表取締役、武蔵大学非常勤講師、『ザ選挙』(現『選挙ドットコム』)運営、電子楽器のエンジニア(ローランド)から、政治とインターネットの世界へ。長野県上田市生まれ、横浜在住。

    最近の記事

    イベントのライブ配信・収録で必須となるインカムの決定版

    最近は、オンラインでのイベントが増えている。 今までは会議室やホテルの宴会場などに人を集めて、講師やパネリストがリアルに講義を行ったり、議論していた。マイクの音声は会場に流れ、それを参加者が聴き取る。 音楽コンサートや演劇も、基本は会場に行って空気を共有しながら同じ時間を楽しんでいた。 それが、ここ2年ほど新型コロナウイルスの影響でイベントのオンライン化が進み、一時は「無観客」などというスタイルが主流となった。 徐々にコロナへの対応が進み、有観客イベントが戻ってきても、「ハ

      • 1993.3.14

        1993年に浜松のRolandスタジオで録音した「We are the World」のバッキングトラックです。

        • 病み上がりで湘南10キロランやっちまった

          『 ハパルア2021 バーチャル・フェスティバル』にエントリーしたぞ  50代半ばだったか、やぶはら高原ハーフマラソン(長野県)に出たとき、普通なら「50代以上」という年代別の区分けになるところが、ここだけは「50代」の上に「60代以上」となっていて不思議に思ったことがあった。  決して楽なコースではない。標高が700メートル以上あっただろうか、スタートしていきなり上り坂で息が苦しくなる。何度か出場したが、まともに完走できたと思ったことの無い大会だった。  そんな大会に高

          • iPadと一緒に使うキーボードはこれだ!

            iPadを最大限使って豊かになる、オヤジのデジタルライフ その2 iPadをパソコンと一緒に(決してパソコンの代わりではなく)使うためには、キーボードにはこだわりたい。特に私は文章を打つことが多いので、使用に関して多少の違和感でも大きなストレスにつながる。 いくつか試してみた結果、月並みではあるけれど、純正のMagic Keyboardが一番だと言う結論に達した。 まず買ったのは、Ankerの激安キーボード。 Anker ウルトラスリム Keyboard 価格はなん

            iPadはパソコンの代わりにしなくて良いのだ

            iPadを最大限使って豊かになる、オヤジのデジタルライフ その1 サブタイトルがダサいけど、それは置いといて。 初代iPadを買ってから何台目になるだろう。覚えているだけで1、Air、6、7、mini、mini3、mini5。 そのたびにパソコン(Mac)の代わりになるのではないかと期待し、いろんなアプリを揃えたり、Macの仕事をさせようと頑張ってきた。 iPadは不思議だ。なんとかパソコンの代わりをさせたくなる。同じことができるとしてもパソコンの方が楽なのに、それで

            この際だから始業終業時刻を廃止しよう〜満員電車を無くす本当の働き方改革

            とどまる所を知らない新型コロナウイルス。インフルエンザのようなピーク時期がわからないのと、ワクチンが開発されていないために、致死率が低いと言っても不安は尽きない。 さらに、致死率を引き下げているのは若年層で、70歳以上の致死率は15%にもなるらしく、決して低いとは言えない。 「これは高齢化を解決する秘密結社の陰謀である!」というのは面白いけどちょっと置いといて、政府に期待できない以上、自分たちでできることを考えるべきだ。 これから人が集まるイベントはやりにくくなり、すで

            「怪しいメールが届いたのだが、いつもと違う…」のその後

            「怪しいメールが届いたのだが、いつもと違う…」のその後。 翌日、こんなメールが届いた。 <今の時間少しメール出来ますか?> 続けて <今って少しお話出来たりしますか?> <日中と夜でしたらどっちの方がメールのやりとりしやすいですか(^^)?> もちろん放っておいたのだが、このブログをSNSで公開したところ、「同じ文面でメールが来ました」という報告があり、聞いてみると全く同じ。iCloudのアドレスを使っている。 これ以降何も来なくなったが、男か女かわからない相手

            怪しいメールが届いたのだが、いつもと違う…

            今回は別にオヤジネタではないのだが、昔からある「怪しいメール」で珍しいスタイルのものが来たので記録しておく。 一昨日、突然1行だけのメールが届いた。 <明日空いてますか?> 件名も無くいきなり怪しいのだが、差出人のアドレスはiCloudになっていて、私のiCloudのメールアドレスに届いている。迷惑メールには振り分けられていない。 こんなのは放っておくべきなのだが、ネタにしようと思って一言だけ返した。 <どなた様ですか?> しばらく経って次のメールが送られてきた。

            50歳からの肩書は何?

            自分の肩書なんて、カタギの人はあまり考えないのだろう。 会社員であれば、**会社**部**課長といった会社名の肩書がある。しかし、定年になったら? 政治家であれば、**議員という肩書は名刺に書ける。 一番格好良いのは名前だけの名刺だ。肩書は一切入れない。しかし、それで通用するのはよほどの著名人だろう。 私は40歳で退職し、41歳のときに上京して知人と会社を立ち上げた。そのときの役職は取締役だったけれど、メディアに載るようになってから肩書が必要になった。 「ジャーナリスト

            動画時代に向けて始める「晩酌物語」

            50過ぎからのことをいろいろ考えている。と言っても、私はもうすぐ還暦だ。 普通なら、定年とかリタイアも考えていくことになるけど、幸いなのかどうなのか、私はあと10年は仕事せい、と言われている。 本業は、仕事がある限り続けるとして、どうせなら自分で楽しみながら続けられるものを始めたい。いや、今やっているものを「楽しく」リニューアルすべきだろう。 ひとつ考えていることがある。 勝谷誠彦から引き継いだものだ。ここでは動画の『血気酒会』。 正直言うと、昨年の秋ごろから疑問を感

            50歳以降のオヤジは、モテようなんて思わないほうが良い

            これは個人差もあるし、オジサンに限らずオバサンもだろうけど、50歳を過ぎるとガクッと体力の衰えを感じる。深夜まで呑んでいると、翌日の午後まで酒が抜けないとか、昼寝しないと疲れが取れないとか。 女性は更年期があるのでまだわかりやすいのだが、男性はよくわからないまま気力体力筋力知力…財力戦闘力包容力などほとんどすべての力が失われていく。 しかし、それを自覚したくないオヤジは変に強がってみる。若者に説教したり、自慢してみるのだが、相手からするとイタいだけだ、 ではどうしたら良

            日本を滅亡から救う「オヤジの愉しみ」(ちょっと大げさだけど)

            マーケティング専門家の永江一石さんのブログを読んでいると、日本にとって最大の問題が少子高齢化であることがよく分かる。特に少子化。 永江さんはさまざまな統計資料をエビデンスとして提供しているのでとても説得力がある。 永江さんに習って資料を見ていくと、こんなのがあります。 ゲゲ!明治維新以降、100年で急激に伸びてきた人口が、今後100年で戻ってしまうではないか。 「明治維新のころに戻るだけだから、問題無いのでは?」と思いがちだけど、そんなわけはない。社会構造がまるっきり

            自己紹介的なあれこれ

            ヨロンです。1960年長野県上田市出身。 「高橋茂」が本名なのですが、私が世論社(よろんしゃ)の代表だったことから、その会社名を名付けた故勝谷誠彦がずっと私のことを「ヨロンさん」と呼んでいたので、それが通称名になってしまいました。 noteは、実は2014年に始めました。そのときは試した程度で、その後は放っていた感じになってしまいましたが、今はかなり機能も増えて使いやすくなったようなので、使わせていただくことにしました。 現在、毎朝3000字〜8000字程度のメールマガ