見出し画像

iPadと一緒に使うキーボードはこれだ!

iPadを最大限使って豊かになる、オヤジのデジタルライフ その2

iPadをパソコンと一緒に(決してパソコンの代わりではなく)使うためには、キーボードにはこだわりたい。特に私は文章を打つことが多いので、使用に関して多少の違和感でも大きなストレスにつながる。

いくつか試してみた結果、月並みではあるけれど、純正のMagic Keyboardが一番だと言う結論に達した。

まず買ったのは、Ankerの激安キーボード。

画像6Anker ウルトラスリム Keyboard

価格はなんと2千円!iOS、Android、Mac、Windowsと何でも対応していて、単4乾電池の長時間駆動、しかも重さは200gほどという優れものだ。
キーの感触はカチャカチャしていて安物感が感じられるが、特に気にしなければ問題無いレベルだと思う。

しばらくは持ち運び用として使っていたし、特に問題があったわけではないので、価格優先の人には今でもお勧めしたい。

次はApple純正のMagic Keyboard(テンキー付き)

画像1Apple純正のMagic Keyboard(テンキー付き)

価格は一気に上がって1万5千円ほどしてしまうのだが、Lightningケーブルで充電しながら使えるし、一度ペアリング(非常に簡単)してしまえば、そのあとは有線キーボードを使っているかのようにすぐに接続された状態で使える。Apple純正なので、キーの配列やショートカットでストレスを感じることも皆無。デザインも良い。
一番のお気に入りで、現在はMacBookProの外付けキーボードとして使っている。

次に買ったのがLenovoの「4Y40U90591 ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード-日本語(NFC搭載なし)」

画像24Y40U90591 ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード-日本語(NFC搭載なし)

参考にしているYouTuberが絶賛していたので買ってみたけど、これは自分には合わなかった。

まず、トラックポイントが付いているのが最大の特徴。iPadはiPadOS13からトラックパッドやマウスに対応したので、問題なく使える。

トラックポイントに慣れているThinkPadユーザーなら、問題ないのでしょう。でも、考えてみたら、私はトラックポイントを使いやすいと思ったことは無く、たまに使うときも違和感があるので、これはそれほど利点とは思えなかった。

USBマイクロ端子で充電する方式で電池の持ちも悪くないし、重さも特に問題になるほどではなかったけど、キータッチは好みが分かれると思う。

Macのキータッチに慣れてしまうと、ちょっと深く感じる。押し込まないと効かない感覚。クリックボタンは使い勝手が良さそうなのと、ページスクロールキーがあるのは便利。

ところが、価格が18,000円ほどするので、AppleのMagic Keyboardよりも高くなる。トラックポイントに魅力を感じなければ、価格の高さが気になる商品。

使うのをやめてしまったのは、ある時突然、キー配列がおかしくなったから。「@」を打とうとしているのに違う文字が出てくる。

これはおそらく他のキー配列のキーボードのドライバが残っていると思われるのだけど、この変え方がわからない。パソコンだったらドライバを削除して入れ直すという手もあるけれど、iPadでいろいろやってても解決できなかった(解決策を知っている方がいたら教えてください)。

おそらくある人にとっては使い勝手が非常に良いのだろうけど、私はストレスがたまるばかりで、作業効率も悪くなるので、使用はやめた。

そして、結果として買ったのが、Apple純正のMagic Keyboard。

画像3Apple純正のMagic Keyboard

価格は税込で1万を超えてしまうけど、結果としてこれが一番ストレスが溜まらないし、使っていて愛着も湧いてくるので、予算さえ許せば一番お勧めしたい。

さらに可能であれば、Magic Ttrackpad 2も購入することをお勧めしたい。これは次のエントリーに書くけど、非常に優れもので便利。マウスよりも使えると思う。

発売されたばかりのiPad Pro用Magic Keyboardは買わない。11インチ用で3万円を超える価格と、下手するとMacBookAirよりも重くなる重量は、わざわざiPadを使う意味を無くしてしまう。

画像6

しかし、iPadPro用Smart Keyboard Folioは、買う意味がある。

キーのタッチはペコペコ感があるけど、持ち運び用としてはベストで、充電しなくても良いのはかなりストレスフリーで良い。価格が2万円ほどしてしまうので、そこさえ許容できるのであれば、お勧めの一台です。iPadを簡単に取り外したり装着できるのも良い。

画像5iPad Pro(第2世代)用Smart Keyboard FolioとMagic Trackpad 2

結果として、一番のお勧めが純正品ということになってしまったけれど、キーボードの使用頻度が高い人は、多少無理してでも揃えた方が良いと思う。無駄なストレスが軽減されることが豊かなiPadライフにつながるからだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
ポリティカル・ストラテジスト、株式会社VoiceJapan/株式会社世論社代表取締役、武蔵大学非常勤講師、『ザ選挙』(現『選挙ドットコム』)運営、電子楽器のエンジニア(ローランド)から、政治とインターネットの世界へ。長野県上田市生まれ、横浜在住。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。