+7

雑文 #288 11月の色々

師走になった。 11月は駆け抜けた。というか、今年一年が駆け抜けている。 少しずつ、イベントがぽこぽこ開催され、11月初旬にはふたつのライブに行ったりし、後半には姪と秩父に一泊二日の旅行などした。 さらに渋谷パルコにて、くるり結成25周年を記念したポップアップショップ「くるりの25回転」が始まり初日から駆け込む。 くるり繋がりの友人が、限定サイン入りのグッズが欲しいからとパルコ開店前から並び、ポップアップショップに向かった。デパート(ファッションビル?)に開店前から並

スキ
5

【三日月】この淋しさをどうか、やさしさに変えてゆきたい

 今日のお話は、大好きな「くるり」のお話。  在宅ワーカーな僕は、一日を通して外に出ることがほとんどない。仕事が終わって、外で飲みたいなって夜にフラっと近所の行きつけのお店に顔を出すくらい。 だから季節感もわからなくて、いつの間にか空は澄んでいて、東京の空にも、ちゃんと星は光ってるんだなって気がついたりする。気づいていなかった事に、気がつく時がある。   冷蔵庫の中が空っぽになってた事にも気がついた僕は、腹の減り具合と談論をしつつ重い腰をあげて、近所のスーパーに向かった。

スキ
4

買ったのはアルバムジャケットポーチと新聞。ポーチは3つ買って、さよならストレンジャー、ワルツを踊れ、songlineが出た。ちょうどこれまでのキャリアで初期、中期、最近という感じでバランスはまあ良かったかな。Team RockとアンテナとNIKKIが欲しかったんだけど。

サイクリングでくるりの25回転ポップアップストア@渋谷パルコに行ってきた。実は昨日も行って缶バッチコンプリートセットをどうしようか悩んで保留にして帰宅し、やっぱり買おうと再訪だったんだけど、既に売り切れてしまっていた。やっぱりトークイベントに行く人達が買ったのかな?

+5

くるりの旅 大阪編

次なる目的地は大阪は道頓堀! 前回の三重編はこちら! 11月に突入してから、ポッキーの日(11月11日)に道頓堀のグリコの前でポッキーを片手に写真を撮るという計画が頭に浮かび離れませんでした。 そして、実行完了しました。 19時ごろだったので繁華街というのもあり、 テンションの高い若人たちが話しかけてきましたが、 苦笑いしてやり過ごしました。 大阪弁の圧に萎縮してしまいましたが、ちょっとコミュニケーションしても楽しかったかもしれません。 新大阪駅直結のちょっとお高

スキ
1

その線は水平線〈くるり〉

ずっとnoriさんしかnoteに登場していませんでした。なんか仕様が変わりましたね。 ええと、風邪を引いておりました。 治っておりませぬ。 椿鬼奴みたいな声で粉の龍角散をのみ込む→なんか変な匂いしない?と周囲がざわめくと言う流れを繰り返しておりました。 粉の龍角散、マジ強烈。 しかもその間、血を流して倒れてる人に遭遇して一時対応するはめになったり(遭遇しがち) 一気に3人位の人からどばっと愚痴の嵐が来たり(ありがち) 結局、パーマくるくるの髪型は取り返しがつかない程に変

スキ
5

「駅」に宿る想いを曲に

少し意外かもしれないが 「駅」と「音楽」の親和性は高い。 例えば、駅の発車メロディなどは近年、様々なアーティストの楽曲が使われるようになっている。 我らが地元、関西の私鉄「阪急電車」が走っている「十三駅」では、2019年からくるりの岸田さんが作曲された発車メロディが流れている。 また、東京の地下鉄メトロでは、千代田線の「乃木坂駅」で乃木坂46の「君の名は希望」が、日比谷線の「秋葉原駅」でAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」が発車メロディに起用されていて、それぞれ駅

スキ
13
+2

くるりの旅 伊勢編

先週、周りには出張と言いふらし、ひとり、深夜バスで関西へ向かいました。 人生初の一人旅。移動中はくるりを聴きます。 本当は、のぞみに乗って快適に西へ東へ往復したかったのですが、 今月は趣味に10万円ほど使ってしまったので、 なるべく出費を抑えたく、このような運びとなりました。 結論から言うと、 新幹線にしときゃよかった ほとんど眠れず。化粧落として乗車して、翌朝化粧してコンタクトしてと、めんどくさかった。 隣の人の携帯の明かりがチラつくし、窓際だったので外を眺めよ

スキ
2
+29

僕が京に出る理由はだいたい百個くらいあって(後編)

さてはて前編に引き続き京都大好きな訳も残り50個。 残りもゆるりお付き合いください。 51.「ウナギの寝床」を体感できるから祇園中心部にひっそり現れる路地にドキ。 52.盛京亭があるからパラパラ通り越してハラハラな焼飯よ。 53.京中華がとても食べやすいからこってり濃厚な京ラーメンとは対照的、ハラリ噛みしめたい優しいお味。 54.とはいえ天一のポタージュのようなスープが飲みたくなるからここ札幌・すすきのにもお店があったものの、残念ながら閉店。 本店とは水が違うから味

スキ
27

今日の1曲「ワンダーフォーゲル」くるり

くるりの名曲、ワンダーフォーゲル ワンダーフォーゲルっていうのは直訳すると渡り鳥って意味らしいんですが、ワンダーフォーゲル部ってのもあるように野外活動のことも指す言葉。 イントロから打ち込みの明るく開放的な雰囲気が流れますが、歌詞も自体は結構寂しいというか、淡々と現実を歌ってるような歌詞でそこがまた良いです。 僕が何千マイルも歩いたら から始まり、この「僕」は1曲通してずっと地面(なんならワンダーフォーゲルだから山かな)を歩いてる それと対比されるように出てくる「君

スキ
4