見出し画像

話を聞いてほしかった

僕が人の話を聞くようになったのは
紛れもなく親との関係からだ

僕の父は僕が幼い頃からうつ病だった
まだうつ病がメジャーじゃない時

母は父の10個上の姉さん女房
父の看病と幼い子供2人の子育て
そのうち母も更年期とうつ病を併発した

幼い時から父との会話の記憶は少ない
母は大変だという記憶が僕の中に強く残る

両親共大変だ
というところから
母の話を聞くようになった

母を助けたい
そんな想いからきっとそうしたのであろう
高校の時はカウンセラーを目指した
理由は両親を助けたいから

大学に入る頃には
すでに僕は立派なカウンセラーだった

そして母を依存させた

僕はそれに気づかず
ここまできた

付き合う女性の多くは
僕に依存するようになった


僕の話は誰も聞いてくれなくなった


それすら気づかず僕は
なんとなくの孤独を常に味わっていた

それに気づいたのは旅後

僕に起こる全てのことは
僕が起こしていた


ルーツを辿ると親にたどり着いた
そして僕は1年ぶりに実家へ


両親はそんな僕でも温かく迎えてくれた
それに感謝をしつつ
僕は久しぶりに母のご飯を食べた

2日後ほど経って時はきた
僕は母と久しぶりの対話をし
思いの丈を話した

話を遮らないで話を聞いてほしかった
ただ最後まで聞いてほしかった
それを言い出せぬままここまできた

涙は自然と流れる
きっと僕はずっと人から話を聞いてほしかった
その想いが溢れる

それは申し訳なかった
知らなかった
あなたに頼りすぎた
母はいった

僕の一つ自分に区切りをつけられた

僕が話を聞くのは
僕の話を聞いて欲しかったから
そのルーツを解消した

今話聞いてもらってもいい?
この一言がどれだけ言えなかったか

今度から聞きたい時だけ聞き
僕も聞いて欲しい時は聞いてもらおう

当たり前なのにね

時を淹れる人

#時を淹れる人 #時 #淹れる #珈琲 #何もしないお店 #0の間 #Origin #札幌 #SAPPORO #0円旅 # #旅 #比叡平 #バランス #本来の自分 #戻る #選ぶ #自分が創造主 #楽していい #本当の意味で #理解した #何もしなくてもいい #感謝 #愛する #今を愛する #楽する未来 #旅をした理由 #選択 #行動 #生きる #愛 #感謝 #出会い #出逢い #旅 #最短 #今 #寂しさ #感じる #けど今しかない #光 #見続ける #先は知らな #今を見続ける #過去の自分 #精算 #安心 #得るために #話を聴く #そんな自分とはおさらば #覚悟 #勇気 #荷物 #軽く #新しい自分 #夢 #苦しみのない #楽園 #できる #描く #可能性 #休む #自分を大切にする #好きなことする #ゆっくり #休息 #僕の #生きたい #世界 #やりたいこと #やりたい分だけ #豊かで #安心 #自分を愛する #愛する #自分を #やる #曲げない #したいことはなに #自分 #話を聞く #聞いて欲しい #ルーツ #親 #対話

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
心の居場所と癒しの珈琲と謳い特定の場所を持たずに珈琲をツールとした人の悩みを聴く活動を2017年より始める。その後2019年より「何もしない空間」をサービスとした0の間Originを開店。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。