ゆっくり休もう

ゆっくり休もう

自分がしんどい時は休む 自分を大切にすると ゆとりができる 自分を大切にして ゆっくり休もう

♡1 頭でいろんな事を考えて、思考ばかり使っている自分に気づく。
♡2小さな声で囁いている自分の心の声に耳を傾けてしっかり受け止める♡
♡3私自身を大切にハグする♡
♡4あー。こんな気持ちだったんだね。
♡5気づかずにごめんね♡
♡6これから大切にするね♡
♡7いつもありがとう♡

♡1 頭でいろんな事を考えて、思考ばかり使っている自分に気づく。 ♡2小さな声で囁いている自分の心の声に耳を傾けてしっかり受け止める♡ ♡3私自身を大切にハグする♡ ♡4あー。こんな気持ちだったんだね。 ♡5気づかずにごめんね♡ ♡6これから大切にするね♡ ♡7いつもありがとう♡

5
#130. 自分の優先順位を上げるコツ

#130. 自分の優先順位を上げるコツ

こんにちは!こんばんは!Mimiです。南米アルゼンチンより、心と幸せなパートナーシップについてお伝えしています。 先日、ラジオにこんなご相談をいただきました。 ▼Mimiのstand.fmチャンネルはこちら ~~~ ご相談 ~~~ これまで自分の優先順位が圧倒的に低く、友達、家族、仕事、職場の付き合いの時間が上で、最後に余った時間が自分という感じでした。友達の誘いは断れずOKして、当日誘われても飛んで行ってしまうフッ軽人間でした。 最近では、人と関わるのが疲れてしま

11
みっくす!

みっくす!

‪おはぷん🐷朝 から皮膚科の予約に並んでるけど8時から開始で7時過ぎから並んでて慌ててたら水分も食事も忘れてて途中で母が水と食べ物を。感謝。 あと少しお絵描きしながら待つ💪🐷‬にしても暑い… どちらかというと私の次のおばあさんがすごい汗で水分全然とらないから心配。声かけたけど大丈夫ですよーって仰ってたけど、滝汗すごいですよ💦あと10分。どうかおばあさんも無事に予約取れて帰れますように。 追記 おばあさんも私も予約取れて解散。 後ほどまた行く。 ‪あ“つ”い“…元々暑いの

1
8月…暑いよ

8月…暑いよ

あっという間に8月に突入。たしか、先月もこんな風に書いたような。 7月は気付きの多い月だった、と同時に、色んなことが変わりつつ、それを受け入れようともがいていたようにも思う。 自分が開催した講座はワンクール修了を迎えた。最終回は開催出来なかったけれども、それにもきっと意味があるはず。他にもzoomにて色々な人とお話して結構充実していた。 リアルで人に会ったのは、犬のトリミングと、自分の美容室、友人1名、歯医者さんと、子どものみ。まあ、今のご時世こんなもんだろう。 しか

気まぐれラブレター💌〜ありのままを受け入れる〜

気まぐれラブレター💌〜ありのままを受け入れる〜

私は最近、 ありのままの自分で生きる強さを得た。 ソウルメイトの話だと、私は頑固者らしい。 確かに(笑) 幼少期、 といっても小学4年生くらいまで、 私は仲良くなった友達のお家に必ず遊びに行ってお菓子を貰ったり、 ディズニービデオ鑑賞したり、 泊まったりしていた。 今思うと、 仲良い友達の大切な人達は私も大切。 みたいな感覚だったのかなと。 そして、皆さんとても優しく迎え入れてくれました。ってか、めちゃ叱ってくれた人もいたなぁ〜。 お喋りも大好きなお調子者だった 朱里ちゃ

気まぐれラブレター💌〜あなたの繊細な心は地球を救う🌏〜

気まぐれラブレター💌〜あなたの繊細な心は地球を救う🌏〜

こんにちは☺︎ ところであなたは繊細さんですか? 恥ずかしがらず、繊細だなぁと感じる方にぜひ読んで頂きたいです。 私は30代になって、やっと自分が繊細さんだという事を自覚しました。 思い出すと、私が繊細を封じ込み始めたのは小学4年生くらいからだったかなと。 繊細でいるといじめられたり、みんなの輪に入れなかったり、周りに合わせること、友達に嫌われないことが優先になり、自分の傷ついた感情は二の次三の次に。 中学生になると体育会系だったのもあり、部活の先輩から靴の中に雪を入れら

7. 離婚は「自分を大切にしない自分」との決別だった

7. 離婚は「自分を大切にしない自分」との決別だった

最近離婚をしましたが、 それは「自分を大切にしない自分」との 決別だったことに気がつきました。 なぜ、もっと私を大切にしてくれないの もっと大切にしてほしい 自分との将来をもっと考えてほしい 私を優先してほしい 私にお金を使ってほしい もっと私との時間を増やしてほしい もっと私を優先してよ もっと私を大切にしてよ 大切に扱ってよ そんなことを離婚前はずっと思っていました。 言ってもいました。 他人は鏡 自分の投影である だとしたら それらの言葉をずっと自分に言い続

3
[#2000字のドラマ/小説] 彼女が教えてくれたこと。

[#2000字のドラマ/小説] 彼女が教えてくれたこと。

「世界はね、自分を中心にまわってるんだよ」 信号が変わるのを待ちながら、 僕は彼女のことを思い出していた。 屋上から見下ろす校庭はやけに広く、静かだった。 僕には生きる意味がない。 誰かに決められた人生なんていらない。 僕は目をつぶった。 「世界は僕を必要としていない、か」 僕は後ろからの声に驚き、とっさに柵を掴んだ。 振り返るとそこには、同じクラスの萩原小夏が 教室のゴミ箱に捨てたはずの僕の小説ノートを持って 立っていた。 彼女は驚く僕を気に留めることなく、 平

14
【#note感謝企画】に参加します😊

【#note感謝企画】に参加します😊

川ノ森千都子さんの【#note感謝企画】に参加させていただきます😊締切日の昨日7/31エントリーさせていただきました🌹 この企画のテーマは『誰かに、何かに、自分に、何にでもいいので、感謝する記事を書いてください。』です✨ 振り返ってみたら、平均して一週間に2〜3記事、多い時には5記事ほど、どなたかに対して”感謝の記事”を書いています。それは、スキやサポートを下さった方、私の詩や記事を紹介して下さった方、私が製作するジュエリーを購入して下さった方等への感謝の気持ちです💓感謝

59