10年前の自分へ

午前中の遅い時間に目を覚ます
キッチンに行ってお水をコップ2杯
3匹の猫達にご飯をあげて
猫のトイレを掃除し
自分の朝食を作る
白米に味噌汁の日もあれば
オムレツとパンケーキの日もあるし
フレンチオニオンスープを作る日もある
キッチンで遅い朝食を食べたら
リビングで音楽をかけて
大好きな日本の緑茶を入れ
冷凍庫で凍らせてある果物を食べる

バスタブにお湯をためて
その間にお部屋を軽く掃除し
瞑想を

もっとみる
THANK YOU! 嬉しいです♥

出る杭は打たれるというけれど、出過ぎた杭は打たれない。

出る杭は打たれるというけれど
出過ぎた杭は打たれない。

そして
出過ぎた杭は
もはや杭ではなくなる。

そんな風に思う。

それはでも、
周りにいるひとを気づけたり、
自己満足で周囲を黙らせたり、
そういうことではなくて、

ただまっすぐに
自分と向き合い
相手と向き合い

自分と周りを比べず
素直に前を向いていく

そういうことなのかなって。

めちゃくちゃ
打たれてきた10代、

もっとみる

My Story Vol.2〜起業するか否か〜

おはようございます!昨日は本当は業後碧南で地域の会議予定でしたが、
仕事が終わらなすぎ&疲労もあり今回はお休みさせてもらいました(>_<)

申し訳なかった。。。今日からまた頑張っていきましょー!!

毎日朝活をしておりますが、5:00と4:30の間にめちゃくちゃでかい壁がある(笑)どうにか乗り越えて4:30起きを定着させたいwww

さて、今日は最近またよく聞かれる「起業しないの?」っていう質問

もっとみる

やる気が出ないってことよくありませんか?

やる気が出ないってことよくありませんか?🤔 頭ではやらなきゃって思うのに、なかなかやる気が出ない…

そんなときはやらないってことを選択肢してもいいと思います。

やらないと、逆にやらなきゃいけないことが頭に浮かんで、やらなきゃいけないことを考えはじめちゃって、

とりあえずちょっとやろうかな、

そんな感じでちょっとやればいいんだと思います。

ただ、2週間とか長期にわたっ

もっとみる

がんリハ研修@P-BASEさん

おはようございます!!色々ワタワタしており真里ちゃんがそわそわしているのがよくわかる今日この頃です(笑)

現在の緊急性の高い課題が増えて来たのは間違いない。自分がガチャガチャ動くと「雑音が多い」ってよく言われるけど(笑)まあなんとかなるか!笑

昨日は、どんな人が素敵だって思う?ってもし聞かれたら、
お一人として答えるであろう、P-BASE坂元さんに会いに豊田へ*

坂元さんは自分の生まれ故郷碧

もっとみる

やり方より、あり方

刺激的なタイトルがついたビジネス本が本屋に並ぶ。ニュースサイトにも次から次へと流れるライフハックや仕事術。検索すれば、効率の良いやり方があふれる、とても便利な世の中。それぞれの本や記事を書いた著者や編集者の大変な努力が裏側にはあるのだけれど、どうしても情報を消費しているような感覚になってきてしまっている自分もいる。

いろんなやり方や考え方を知って、生きやすくなったはずの世界で、それでも僕らが迷う

もっとみる

レポ:多職種で支えるエンド・オブ・ライフケア

昨日は勤務後、生寿会のかわな病院が事務局を務める
「八事緩和ケア連携会」が主催するこちらの勉強会へ💨

声をかけたら職場の介護士さん5人が参加してくれた!とってもありがたい(^^)

今回のスピーカーはマギーズ東京秋山さん
同じ共同代表の鈴木美穂さんのお話は以前聞かせてもらっていて、
がんの方の看取りに関わる自分にとってすごく興味があり参加しました!

◆ マギーズ東京とは?

元々英国で生まれ

もっとみる

ほめ日記を3週間つけていたら自我が変わっていることに気づいた!という話

『褒め日記』って聞いたことあります?
ざっくりまとめると「自分の弱さもできないことも、そっくりそのまま丸ごと受け止めて褒める」という、手書きで自分の想いを綴りあげていく日記です。

2020年に入ってから、本気出してやりだしたうちの1つです。

想いを綴る

やり方は人によりけりですが、私がやっているものは細かいルールは特になく(だから3週間で変革できたのだと思いますが)、とにかく「私ってすごいじ

もっとみる
共感しました?嬉しいです!
3

Story of T. K. 〜オセロ〜

こんばんは!昨日は今週末の友達の結婚式の余興の練習で
カラオケに付き合ってもらいましたー!

さてさて

今日紹介するおばあちゃんに対して、どのように関わっていこうかな〜というのを今日はシェアしたいと思います*

◆ オセロが生きがい

両下肢鬱滞性皮膚炎と繰り返している圧迫骨折が主病変のおばあちゃん

80代の年齢の割にとってもしっかりされていて、
身の回りのことは歩行器を使って自立され、
お風

もっとみる

【自分らしく生きるために!】ありのままの飾らない自分

親であれば、我が子は可愛いものです。

我が子と言うのは、
命を懸けて守りたい、幸せにしたいと
心から願う、そんな存在だと思います。

すると親と言うのは、
子供のために「偉い父親、凄い母親」で
あり続けなければと無意識のうちに
思ってしまいます。

私もかつて娘が中学から不登校になり、
可愛い我が子のために、
良き父親でいなければと
なんとか娘の心に寄り添おうとしました。

今回は【ありのままの
もっとみる