Xデザイン学校

Xデザイン学校 #02 新規事業開発

Xデザイン学校 #02 新規事業開発

いま受講しているXデザイン学校ビギナーコースの講義で得た学び・考えたことを自分のためのメモとして徒然に書きます。 ゲームチェンジのためのサービスデザイン会社はコアとコンテクストに分けて考える。コアを捉えなおし、そこからコンテクストを考え直さないと生き残れない。 例)キッコーマン・ホンダ・ダイムラー キッコーマンが醤油メーカーから海外の日本食プラットフォームへ変貌を遂げていたとは知らず、驚いた。大企業であればあるほど難しいのに、キッコーマンやホンダ、富士フィルムなどの企業は

スキ
1
Xデザイン学校ビギナーコース #2 新規事業開発

Xデザイン学校ビギナーコース #2 新規事業開発

こんにちは。 早くも2回目があったのでまとめます。 授業後早くまとめた方がいいって言われてるのに遅くなってるのは反省です。 言い訳をすると、甥っ子が来ていたこととワクチン2回目の副反応でダメでした。今日はワクチンから復活の日です。 5年前の価値観はもう使わないこれ「時代はデザイン3.0」っていう文脈で話された話なんですけど、その通りだなーと思いました。 UXの手法は20年前(くらい?)にできたモノなのに、未だにそれ第一線で使う?って先生がおっしゃってて、うーんなるほどって思

UX/第2回講義

UX/第2回講義

Xデザイン学校ビギナーコース第2回目の振り返り。 自分用メモ。 スキル= 知識・技術 + 判断なんでこの講座受けようと思ったんですか?に対して、 正直「UXデザインの手法を学びに」ではなく「新規事業開発の方法を学びに」でしたが、同調圧力w 新規事業開発私自身、新規事業開発部門でPF開発をしているので、 今回の内容はドンピシャ! アジャイル開発やDX人材の話題、 弊社内でもよくよく聞く内容だなと。 ただ、ウォーターフォールを長く経験しているメンバーだと、アジャイル開発に

スキ
1
Xデザイン学校マスターコース #05 UXデザインの発想とデザイン思考の発想(2021/9/21)
+1

Xデザイン学校マスターコース #05 UXデザインの発想とデザイン思考の発想(2021/9/21)

5回目のテーマは発想法について。 今回は今までとは趣向を変えて手書きでまとめてみました。

スキ
1
2021 Xデザイン学校ベーシックコース #05 ペルソナシナリオ法(9/18) 振り返り

2021 Xデザイン学校ベーシックコース #05 ペルソナシナリオ法(9/18) 振り返り

こんにちは。UX1年生の永井です。 この記事では、Xデザイン学校#05の気付きを書いていきます。 すべての活動はつながっている上位下位関係分析の前に、インタビューが大事。 インタビューの前に、自分たちのビジネスモデルが大事。 まずさの原因は大抵、前のフェーズにある。  企業のビジネスモデルを理解したうえでユーザー調査を行いペルソナを作ってくれるのであれば、ペルソナ1体何百万円は妥当な金額だと思った。 インタビューのまずさは、分析しないと気づかない ユーザーの本質的欲求を

スキ
7
Xデザイン学校ビギナーコース#2 新規事業開発

Xデザイン学校ビギナーコース#2 新規事業開発

1.これはなにマンガ好きのUXデザイン勉強中のへいちょーと申します。 Xデザイン学校での学びをまとめています。 受講者同士の交流や、受講検討中の方の参考になれば! 第2回目の今回は「新規事業開発」がテーマ。 初回の記事は、こちら↓から! 2.講義内容と気づき今回のテーマは、新規事業開発でした。 祝日開催、13時-18時の長丁場でした! 以下、印象に残った点です! ・メソッドと目的 冒頭から、UXのメソッドだけ学びにきてもダメよ、との厳しいひとこと。

スキ
2
熱くなれることへの憧れ - 省察📝Xデザイン学校ビギナーコース#02 新規事業開発のための手法を学ぶ

熱くなれることへの憧れ - 省察📝Xデザイン学校ビギナーコース#02 新規事業開発のための手法を学ぶ

タイトルの内容のポエムを書こうと思っていたところ、2021年9月20日に第2回のXデザイン学校の講義を受けた。 その内容が偶然にも「熱くなれることへの憧れ」という気持ちを強くする内容だったため、講義の省察としてこれを書く。 熱くなれること何かに熱くなっている人を見ると、どんなものであれ素敵だなあと思い、憧れを抱く。 趣味でも、事業でも、くだらないものでも。研究、仕事、事業、アイドル、ドラマ、アニメ、ゲーム、ギャンブル、ボルダリング、酒、コーヒー、登山なんでも。 時間やお金と

スキ
6
Xデザイン学校2021ベーシックコース#05(21/09/18)

Xデザイン学校2021ベーシックコース#05(21/09/18)

5回目の講座の振り返り(気づきや学び)になります。 今回は「ペルソナ/シナリオ法」の講義を聞いた後、ユーザーインタビューから作成した行動シナリオを基に、上位下位関係分析とペルソナを作成するグループワークを行いました。 unlearnすること、捨てることの難しさ講義の冒頭で成長戦略と生存戦略の話があり、今回の課題は生存戦略の方を考えてるよね、という話があった。 この時、課題を通して新しくビジネスモデルを考える際に、自分が会社で普段やっていることがまだまだ捨てきれていないと感じ

スキ
5
Xデザイン学校第2回講義省察

Xデザイン学校第2回講義省察

学びには、自分を肯定する部分もある。 今まで自分がやってきたこと、言葉にできなかったけれど頭で考えてやってきたことを、専門家が端的な言葉にしてくれて気づくことがある。 もし自分でうまく言葉にできたとしても、自惚れや自意識過剰で流してしまうことも、他の人の言葉として客観的に聴くと素直に聴けるし腹落ちする。 これだけで、Xデザイン学校に入学してよかったと思えるし、あと10回の講義でどれだけの気づきを得られるか非常に楽しみでもある。 1.生存戦略知識の競争ではなく、創造力、想像

スキ
3
Xデザイン学校ビギナーコース第1回(2021)

Xデザイン学校ビギナーコース第1回(2021)

いままでいろんな講義やセミナーを受けてきたものの、講義の"気づき"をメモするってやってこなかったなぁと。今までは講義の"内容"をメモしていたんですよね。だから、自分の気づきをメモするって実はちゃんとやったことなかったかも(゚д゚)!徐々に慣れていけたらと思ってます。とにかく毎回残すことが大事~というモチベで行きます! ところでnoteも初めて使うので、使い方をいちから学んでおります。「テクノロジーの進化で社会変化が激しい時代は、"誰もが永遠に初心者"になる」といった話が講義

スキ
1