「デザイン思考を起点にしたサービス作り」で記事を書くにあたって

このマガジンの立ち位置

本マガジンではデザイン思考を用いたサービス作りを行うにあたってのナレッジやTipsを私の経験則でまとめたものになります。

これまでクライアントワークや自社事業で多数のサービスデザイン・新規事業立案や、企業でデザイン思考の研修を行って来ました。最近では課外活動として立ち上げたサービスデザインクエストの活動を通じて、より一層デザイン思考やサービス作りに向き合っています。

もっとみる

ソーシャルメディアに支配されないためにやった5つのこと

前回、情報への主体性に関する記事を書きました。要点だけ書くと、

・現代はSNSなどインターネットサービスが見ずにはいられない設計を競い合っている

・その結果、本当に見るべき情報を自ら取りに行くというよりも、インターネット社会の構造により情報を受動的に享受している(ソーシャルメディアの側面を持った情報媒体の利用割合が増えている)

・主体性を持たないと、フィルターバブルや市場原理に乗った(大衆が

もっとみる
ありがとうございます、また書こうと思えました!
5

ビジョンデザインに大事な5ステップ

ここ最近、TOYOTAの「コネクティッド・シティ」プロジェクト「Woven City」等のように、新しい事業やサービスを創っていく際、ビジョンをデザインして掲げていく方法に注目が集まっています。
経産省でも、ビジョン駆動型のアプローチの必要性がトピックとして挙げられていますね。

■ビジョン型のアプローチがより必要となる
(中略)
しかしながら、ビジネスや社会課題解決において、将来が不確定で、さま

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
9

UXと資本効率のコンフリクションを身をもって体験してきた

ちょっと個人的な事情で、これまでお付き合いのなかった銀行で銀行口座を新しく作ることになりました。Webやアプリ経由でも作れるのですが開設に1週間以上かかるとのことで、こちらも急いでいたのと期日が見えないまま待ち続けるほどスケジュールに余裕がなかったので、今回は窓口での口座開設を選びました。

一応、Webサイトで必要な書類などを念のためにチェックして行くことにしましたが、サイト上には「即日発行可」

もっとみる
ありがとうございます!よければSNSでもシェアをお願いします!
6

世界はこれから何をデザインするのか

今年の初めにラスベガスとロンドンを訪れた。ラスベガスではCESに参加して、ロンドンでは何人かのデザイナーに会った。

ラスベガスで感じたコントラスト

CESに関してはいま改めて言及する必要はないだろう。すでに多くのメディアが詳しく内容を報じている。TOYOTAのWoven CityやDaimlerのAVTRをはじめ、今年は例年にも増してビジョナリーな提案が多かったようだ。都市空間や持続可能性とい

もっとみる

UXデザインでイノベーションを起こせる(起こせない)理由

UXデザインがイノベーション実現の方法論として語られる時がある。これは半分正しく、半分間違いである。以下に解説する。

UXデザインとは

UXデザインとは、まずユーザーに提供したい体験を定めその手段として製品やサービスを設計するものづくりの方法論である。サービス業での実践を前提としたUXデザインを特にサービスデザインと呼ぶことがある。

前述の通り、UXデザインはイノベーションを目的とした活動で

もっとみる

野球とサッカーの観戦体験を美味しいビールの視点から考えてみた

こんにちは、webとUIのデザイナーをしています、Biscottiです。
noteはじめました。

サッカー観戦が好きで、東京では味スタ、福岡ではレベスタとミクスタで観戦しています。スタジアムに行くと高確率でビール買うんですが、スタジアムでのビールと共にある観戦体験について考えたことがあったのでまとめました。

ドームでビールに感動する

野球はほとんど観に行く機会がなかったのですが、ある日友人が

もっとみる

「Youtubeアプリのナビゲーションバー」にはなぜロゴが付いているのか

え?当たり前じゃん?って思った方。

HIGでは「Branding」という項目で、ナビゲーションバーにブランディングアイテムはつけるなというお達しがあるのです。

Resist the temptation to display your logo throughout your app. Avoid displaying a logo throughout your app unless it’

もっとみる

1月のグラグリッド~もっとやれる、私たちのデザイン!~

こんにちは、沼野です。私たちは1月6日より初詣&描き初めをしてから始動していました。毎年、1年の抱負的なものを書いていたのですが、今年はこんな感じに全員で描いてみました。ドン!

各自の一筆書きによる抽象的な「描き初め」
それぞれがどんな思いを2020年に抱いたんでしょう?

こうやって抽象的な線で思いを表現していくのは、普段書く年初の抱負とは随分感覚が違うもので。より柔軟に、個々がどんなことを考

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
5

デザイン態度における「理解」がうみだすもの

推しカンパニーのGaji-Laboさんの記事を読みました。
私もデザインやファシリテーションの態度のとき、「共感」ではなく「理解」を大事にするタイプなので、とてもうんうんうなづきながら読んでしまった。

理解すること。想像すること。そこに人間の希望があるのだと思うし、デザインのパワーが強まる領域なのではないかと思います。「理解」からはじめた先に「共感」が生まれたとしたら、きっとその先の事業をぐんぐ

もっとみる
ありがとうございます!またぜひ読みに来てくださいね。
17