井登友一(Yuichi Inobori)

デザイン実務家。演奏家。美しいもの、品のよいこと、そして慎み深い所作を愛する者。いろいろなことを理解し、意味を見出し、カタチにすることが仕事です。 Mediumでも書き分けをしながら、まとまらないことばかり書いています。 https://medium.com/@naadam

「人間中心」が示す意味を問い直す

※本文章は、2020年6月末日にHCD-Net会員向けニュースレターに寄稿したHCDコラムの転載です。 前回コラム寄稿の機会を頂いてから約1年ぶりの理事コラムへの寄稿となります…

リモート環境下でのデザインワークショップ実施のコツ:『レフトページ』の重要性

リモート環境下での創発行為をどのように行うべきか? 新型コロナウィルスの感染拡大を抑制するため4月16日に発令された緊急事態宣言が、多くの都道府県で今日解除されま…

イノベーションを生み出すための面倒だけど数少ない確実なやりかた(サービスデザインとジョブ理論との交差点)

※2017年11月29日に自社サイトのコラムに掲載した記事の再掲です。ここしばらく取り組んでいる「意味のデザイン」について自分自身の思考の経緯を振り返る中で、自分が過去…

コロナ禍とペルソナの死

数年前にはたくさん購読していたメールマガジンの多くをunsubscribeした今も2つだけ購読を続けている、というよりも配信を心待ちにしているメールマガジン(”ニュースレタ…

企業にとって「デザイン」はどのように扱われるべきか?ーデザインを研究開発対象として捉えるコンセプト“デザイン R&D”ー

このところ、『企業においてデザインはどう扱われるべきか?』について考えています。 デザインは、従来(特に日本企業においては)製品やサービス、そして事業自体を構成…