【データよりも説得力あるとされる】物語を使ったコミュニケーション

こんにちは。

今回は、「物語って、超便利なツールだよ」ということをご紹介していきます。

そもそも、なぜ物語はデータよりも説得力があるのか?

物語の本題に入る前に、なぜ物語がデータよりも説得力があるのか、説明しておきたいと思います。

まず、データというものは、実験者が超苦労と努力をして集めた数字の集合体です。通常、こうした数字は説得力が高いはずです。これが常識です。

しかし、説得力という点

もっとみる
やる気アーーーーップ!!
1

ユーザーフロー(画面遷移)をサービス開発に活用する3つのメリット

こんな方を対象に書いてます
サービスの企画、デザイン、開発に関わっている方で、
「アプリケーションのUI改善が思うように進まない」
「よいユーザー体験を提供できるUIデザインにするにはどうしたらよい?」
「関係者との話し合いがスムーズに進まない・・・」

初めまして

TAM UX/UIチーム、三内です。主にサービス開発のプロジェクトマネジメントをしています。

私のチームでは、数年前から製品のU

もっとみる
シェアもしていただけたら嬉しいです
14

初めまして、TAMのUX/UIチームです。

こんにちは、TAM UX/UIチームです。

TAMは、クライアントと課題を共有し、共に売れる仕組みを作るクリエイティブテック・エージェンシーです。製品・サービスの新しい価値を共創し、制作・開発のモノづくりから、コンバージョン・現場運用まで担います。

その中でも、UX/UIチームは「もっと愛されるサービスにするための、目に見えて、早いUX/UIプロトタイピング」をコンセプトに、サービスの開発・改

もっとみる
スキ、ありがとうございます
13

UXとは言っていても実際何をすれば良いの?

今日、UIデザイナー、UXデザイナーということをよく耳にするものの

何が違って、どういう場面で、何をすべきなのか、明確に定義できてない気がします。

この業界にいてデザイナーとして働くも、UXとはなんぞやというところでよくつまづきます。

そこで私なりにUI,UXの考え方についてまとめてみました。

UXとは

User Experience(ユーザー体験)と言われますが、ようは

使いやすい・

もっとみる

Google chromeのtwitter通知バッジを消す方法。Chromebookも

Chrome twitterの通知バッジがついていると気になるので、通知バッジを消す方法を調べてみました

Chrome(ブラウザ)の通知バッジを消す方法

すべてのサイトからの通知を許可またはブロックするパソコンで Chrome を開きます。右上のその他アイコン 次に [設定] をクリックします。[プライバシーとセキュリティ] の [サイトの設定] をクリックします。[通知] をクリックします

もっとみる
May happy be with you!
1

Xデザイン第1回:ブートキャンプ

こんな時だからこそ学びを

 今年はXデザイン学校に通う!と決めてから、はや半年。このnoteアカウントを開設したのもこれを念頭において作ったの思い出した。
 正直、こんな状況だったので、どうしようか迷っていたところもあったけど、相談会で「こんな時だからこそ学びを」って言葉を聞いて、迷いが消えたのだった。そして今日、COVID-19の荒波に揉まれながらも、いよいよ始動した。この状況もあり、学校自体

もっとみる

【UI/UXだけでなく、プレゼンの資料作成にも使える】メンタルモデルと概念モデル

こんにちは。

さて、今回は「メンタルモデル」と「概念モデル」の話をしたいと思います。

Twitterの内容は少し抽象度が高いため、ここでは、もう少し具体的に整理しておきます。

①メンタルモデル...ユーザーがサービス等を利用する前に作られるモデル
②概念モデル...ユーザーがサービス等を利用した際に作られるモデル

時系列でいうと、「メンタルモデル→概念モデル」という順番です。

人間がメン

もっとみる
なんて優しいの〜!
6

シミュラクラ現象(顔の力):行動経済学とデザイン24

人が一番興味を惹かれるのは人です。だから、人を用いたポスターや宣伝は強力であるけれども、危険でもあります。

その一例がこちら。

独裁者のデザイン
松田行正
平凡社 2019.09

プロパガンダと顔

この本を読んで印象に残るのが「顔が大きく配置されたポスターが多い」ということです。アップで正面を向いて睨みつけて、短く簡単な言葉で語りかけているようなデザインには、訴える力を感じてしまいます。

もっとみる
もし気に入ったら、広めていただけるとうれしいです。
61

第1回 X design school

2020年7月12日(土)。
アルコールスプレーと、ソーシャルディスタンスを保った座り方に「コロナ後」を感じつつ、いよいよ第1回目のdesgin schoolがはじまりました。

イントロダクション
印象に残っているのが「準メンバー」になる、「自分ごと」として考えるというお話です。
コロナ後、自分たちの代表(知事など)を選ぶ大切さを切実に感じた事、コロナマップをみて自分の住んでる地域の罹患者の多さ

もっとみる
よんでくださって、ありがとうございます。
1

習慣化のUX~アプリと約束する一貫性の原理~

Productiveという習慣化アプリを使っていていいなと思ったUXがあったのでnoteにしてみました。

このアプリの機能の1つとして「チャレンジ」があります。
チャレンジとは1週間1つのお題を実行する機能です。

このチャレンジを開始する際にアプリと約束を交わすという体験がとても良いと感じました。

一貫性の原理

人には一貫性の原理という「自分の発言や行動を一貫したものにしたい」という心理が

もっとみる
ありがとございます!励みになります!
1