【RIC体験記:第7回】トレーナーと課題発見

第7回「トレーナーと課題発見」は、トレーナーとふたりで自分のボトルネックを見つける回。

心に浮かぶキーワードから、連想ゲームのように言葉を紡ぎ出し、マインドマップのようなものをつくっていく。

最初にトレーナーから、

「起点となるキーワードを3つ選定します。今、気になっていることは?」

と聞かれ、出てきたのが、

「勝負したい」
「時間を捻出したい」
「成功したい」

の3つ。

それらを起

もっとみる
まいどおおきに!
1

betterであってmustではない。

小さなことをコツコツを日々積み重ねていけるやつは強い。強いし憧れちゃう。だけど、西川きよし師匠が目をかっぴろげて言う「小さなことからコツコツ」ってのは、できればベターだけど、できなければダメ(死んじゃう!)っていう程にマストなことではない。

 ときどき問題として感じるのは、「ベターなことをマストだと思い込んでいる、あるいは、思い込まされている」ことにある。そのせいで息苦しい日々が目の前に横たわる

もっとみる

エッセイ#171「飲みたい夜もあるさ」

お酒に逃げるのはかっこ悪い。

お酒に飲まれるな。

でも、でも。

飲みたい夜もあるのさ。

お酒に身を委ねたい夜もあるのさ。

体に悪い。
飲まないほうがいい。
根本的な解決にならない。

それは、わかる。

そんなこと、わかってる。

でも、飲みたいのさ。

酔い潰れたいのさ。

いつもはダメだけど、たまにはいいじゃない。

おかわり。

よろしければシェアもよろしくお願いします。

逃げる

嫌なことから
辛いことから
悲しいことから

逃げる
遠さげる

自分を守るため
自分を大切にするため

逃げてもいい
逃げることは卑怯ではない

自分を心地よくするための逃げ
肯定しよう

幸せになるため
逃げてもいい

のほほーんもゆきましょ😊

【Ted食わず嫌い克服:思うは招く】

皆さんこんにちは。

今年は自粛期間を中心に、YouTubeをはじめ様々な動画サイトを見る機会が多かったですね。

その中で、意識高い系の方々が絶賛(というかもはや信仰レベル)するのがTed。

各分野の著名人や、誰もが話を聞きたくなるような成功者が、練りに練ったプレゼンテーションをしてくれる、大変贅沢な企画です。それを無料で世界中に配信してくれるのは、とてもありがたい事です。

でも本音を言うと

もっとみる
旅って楽しいですよね
2

何事も最初の方が楽

先に逃げた方が勝ち。
そんな気分になってきた。



逃げることは悪いことではないと思っている。
実際に、僕も不登校というカタチで逃げの道を取ったことがある。
潰れるぐらいなら逃げてしまった方が良い。
そうしたって現実は進むし、世界は廻る。

とはいえ、それが時間が経って、お仕事という場で人が「いなくなる」という事象を目にした時に──残される側はなるほど大変だな、と。

やー、もう人ごとでしかな

もっとみる
ありがとう!
3

自分と比べる

他人は自分じゃない
自分の思った通りには動かない

頭では分かっているのに
え?と想定外の言動に引っかかる

我が子だからか
ほぼ引っかかる

逃げるも面倒
なら
ご機嫌な家庭を目指すのみ

ご機嫌な自分になるために
パジャマを買ってみた
では
ごきげんよう!

逃げる場所

おはようございます。

もう冬服じゃないと無理になってきました。エアコンもホットカーペットも付けています。ぼちぼち灯油ストーブも必要…。でも家の中があったかいと、夜に天井でトコトコ物音がするのが気になります。昨夜も…なんか動物歩いてる…。

***

今日は、逃げる場所の話。

あ、動物も寒さをしのぐために家の中に逃げてきているということか…と気づきましたが、う~ん、迎え入れたいわけではないし…

もっとみる
私もスキです♡
6

逃げるということは、時と場合によっては大切なこともある。

最近友人から、あることについてめちゃくちゃ恥ずかしい悩みがあるんだという事を言われました。

そこでラインというアプリを使って話を聞いてみると、都内にある飲食のお店が危ない状況になっていて、今の状況から逃げるわけではないけど、新たな場所を探していきたいんだと言っていました。

私は、こうして新たな道を探すために今の状況を断ち切ることは
悪いことでもないと思います。

これは個人的な意見ですが、多分

もっとみる
ありがとう!!
13

つらい時こそ逃げよう!

どうも、こんばんわ

ポンすけです。

今日はこのテーマについて話していこうかなと思います。

皆さんはつらい時、逃げ出したくなることはありませんか?

僕は正直めちゃくちゃあります(笑)

本気でやばい!危ない!時に逃げるという選択肢をせずに
ブラック企業と呼ばれるところから逃げられず
人生から逃げ出す人もたまにいます。

だからこそ、覚えてほしいのは
逃げるという選択肢があるよという事です。

もっとみる
嬉しいです!
4