【napo_fitness】栄養学入門④これからダイエットを始める人がタンパク質について知っておくべき4つのこと

タンパク質の話をします。
前回は、炭水化物=悪ではないというお話をしました。

ではタンパク質については皆さんどんなイメージをお持ちでしょうか。

「大事だとは知ってるけどどう大事なのかわからない」
「マッチョがやたら気にしてるイメージ」
「摂りたいけどなかなか上手く摂取できない」

おそらくこんなイメージを持っている方が多いと思います。
もちろん間違いではないのですが、タンパク質は炭水化物と同じ

もっとみる

【napo_fitness】栄養学入門③~炭水化物後編~身体に良い糖質の選び方!

またまた炭水化物の話です。

前回はGI値についてお話しました。
なるべくGI値の低い食品を食べることで、体脂肪の増加を抑えることができます。

ではGI値が低ければ何を食べてもいいのでしょうか?
白米のGI値は84で砂糖のGI値は60ですが、砂糖のほうが優れた炭水化物源なのでしょうか?

実はそうではありません。
というのも、糖質には種類があるからです。

今回は糖質の種類についてお話していきま

もっとみる

【napo_fitness】栄養学入門②炭水化物=太りやすい説の真実。GI値とは

炭水化物の話をします。

炭水化物の摂取は、血糖値・インスリンと非常に密接に関わっています。
なので前回はインスリンの話をしました。
まだ読んでいない人は是非ご一読ください。損はさせません。

「最近ダイエットしてるから炭水化物は控えてるの」
「筋トレしてるのに炭水化物摂っていいの?」

こんな感じで、日常会話にも炭水化物という言葉が出ることは珍しくない時代になってきました。

また、糖質制限ブー

もっとみる

【napo_fitness】栄養学入門① インスリンとは。あなたも糖尿病予備群かも?体重コントロールの鍵を握るホルモン

久々にダイエットの話です。

カロリー、つまりマクロ栄養素(タンパク質、炭水化物、脂質)の量をコントロールすることが大事だということは、ダイエット入門でお話しました。

では、量さえ守っていればどんなものを食べてもいいのでしょうか?
極端な話、マクロ栄養素の範囲内だからといって砂糖150gとプロテイン200g、オリーブオイル50gを毎日摂取していたら健康なのでしょうか?

直感的に、「そうじゃない

もっとみる

スポーツと食事の関係性とは?強くなりたいアスリートが知っておきたいこと②~脂質~

株式会社オクタウェルが運営する lerepas ~sports food lab~

管理栄養士の佐藤彩香です。

ルルパでは、スポーツをライフスタイルとする方にスポーツ栄養の情報や知識をお伝えしています。

前回は、シリーズ①ということで糖質について書かせて頂きました。今回はシリーズ②として、【脂質】について書かせて頂きます。

前回の糖質の記事はこちらから。

脂質ってどんな役割?

脂質には

もっとみる

【napo_fitness】ダイエット入門⑩ 夏のためにクリスマスからダイエットを始めたほうがいい3つの理由

皆さん、メリークリスマス!

さてさて、12月というと忘年会やクリスマス会、年が明けてもおせちやお雑煮…
冬って太りやすい時期ですよね。まあシンガポールは絶賛夏なんですが。

でも、ダイエットするには冬が一番いいって知っていましたか?
むしろ、肌の露出が増える夏のためにダイエットするのに、春からやっても遅いんです。

今回は【冬にこそダイエットを始めるべき理由】についてお話していきます。

①冬は

もっとみる

脂質の種類

脂質とは?

水に不要で、有機溶媒に溶解する化合物

というのが、脂質の定義となるそうです…。
はい。

脂質の種類

身体の中に存在する脂質は次のように分けられます。(栄養学的に重要なもの)

1 中性脂肪

中性脂肪=エネルギー源!まさにこれに尽きます。普段は肝臓や脂肪細胞に蓄えられており、必要に応じて遊離脂肪酸に分解されてエネルギー(β酸化)になります。
脂肪酸についてはこちら参照⬇️

もっとみる
ありがとうございます!
1

【napo_fitness】サプリメント入門⑥ クレアチン完全マニュアル!筋力アップ+アンチエイジングなど6つの効果

前回の記事では、今年試してよかったサプリを6つ紹介しました。

とはいえ、一つひとつのサプリについて詳しく説明する余裕はなかったので、改めてサプリメントを解説していこうと思います。

まずはクレアチンから。

国際スポーツ栄養学会という団体が出している、サプリメントのエビデンスレベルにおいて、クレアチンは最高レベルのAに分類されています。
トレーニーなら必ず摂っておきたいサプリメントの一つです。

もっとみる

《CSCS講座(20)》栄養学の基礎①(タンパク質・糖質・脂質)

今回は「栄養学(タンパク質・糖質・脂質)」についてです。

CSCSのテストではこの栄養学にまつわる部分の出題が多くあります。

キーワードを中心にまとめていきましょう。

<栄養ガイドライン>

栄養ガイドラインの中に「マイプレート」という考え方があります。

マイプレートには「穀物・タンパク質・乳製品・野菜・果物」が含まれています。

食事では各グループを考慮して栄養を摂取するようにします。

もっとみる
スキありがとうございます!シェアも大歓迎です^^
1

EPAとDHAがもてはやされる理由

オメガ3系多価不飽和脂肪酸であるEPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は生活習慣病や炎症性疾患のリスクを下げると言われています。
実際、医薬品にもなっていますものね。

で、これらの脂肪酸は、含まれている食材が限られてしまうのです。
だから、自炊習慣をつけ、魚や野菜など幅広い食材を食べようではないすか!

では、なんで、そんなにEPAやDHAがもてはやされるのでしょうかね?

もっとみる
ありがとうございます!
3