「流鏑馬」って何? 知っているようで知らなかったこと。

写真集「YABUSAME」は、もちろん「流鏑馬(やぶさめ)」のこと。ですが、その由来をきちんと説明するのは難しいですよね。

ルーツ

「流鏑馬(やぶさめ)」とは、疾駆する馬上から左横に置かれた3つの的を射る神事です。6世紀に欽明天皇が現在の大分県・宇佐神宮において矢馳馬(やばせめ)として3つの的を射らせたことにルーツがあるとされており、平安時代には、宇多天皇が弓馬を極めた源能有(みなもとのよしあ

もっとみる
スキありがとうございます。
3

作られた英雄? 源義経

はい!やってまいりました。孝太の雑録。

 今日は源義経(以下義経)についてお話ししたいと思います。義経といえば、真っ先に浮かぶ言葉が「判官びいき」。または兄頼朝に疎まれ、命を落とした悲劇のヒーロー。これが一般的だと思います。僕も学生の頃はそう思っていました。
 しかし、手塚治虫さんの火の鳥で描かれている義経は、それとは真逆の解釈をしていました。当時、それを見て衝撃を受けた僕は、別の観点でも義経に

もっとみる
ありがとうございます!励みになります😊
11

前方後円墳の上に建立された「多摩川浅間神社」。

多摩川浅間神社は、八百年程前に創建されたと伝えられている。
多摩川台公園にある「多摩川台古墳群」や「亀甲山古墳」と同じ舌状台地に立地している。

この舌状台地の東南の先端にあたり、社殿は古墳の上に建てられている。
全長60メートルの前方後円墳と推定され、「浅間神社古墳」と呼ばれている。

『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号2番の古墳として登録されている。

北条政子が、信仰する富士浅間神社に、

もっとみる
スキありがとうございます(^-^)
4

日本の歴史の背景part6(鎌倉時代前編)歴史初心者向け!

はじめに

これから書く内容は前回の日本の歴史の背景part5の続きですので、「まだ見てないよ!」という方は先に見ることをお勧めします。

あともう一点、

この内容は、歴史マニアやテストで点数を取るための人の方向けには全く書かれていません。歴史の背景、流れをおさらい、一から知る人のための内容です。それが許せる方のみこの先を読んでいただけると幸いです!

それでは!早速続きから!

~鎌倉時代~ 

もっとみる

日本とのつながり58〜衝突〜

12世紀は世界各地の諸勢力が着実に力をつけてきて、各地で衝突が見られる。
まずは、キリスト教とイスラーム教の衝突である。
キリスト教勢力が聖地イェルサレム奪還を狙い、十字軍を何度も派遣してイスラーム勢力と争った。
特に第3回十字軍は今のイギリス・フランス・ドイツの3国王が出征した。
これを迎え撃ったのが現在のエジプトのあたりに王朝を起こしたサラディンである。
彼は、キリスト教国が建てられていたイェ

もっとみる
フォローいただけると、嬉しいです。

神代文字 LINEスタンプ 源頼朝、平将門、菅原道真も書いていた文字

▼日本の古代文字 神代文字のLINEスタンプ▼
https://line.me/S/shop/sticker/author/1408627

源頼朝や平将門もこの文字を使い、伊勢神宮へ書を納めたと記録があるそう。

以下引用
https://yamatohime.info/kamiyomoji/

藤原鎌足、太安万侶、稗田阿礼、舎人親王、和気清麻呂、菅原道真、平将門、平忠盛、源頼朝、源義経、木曾義

もっとみる
よろこび~!!
4

なぜ、知識を広げると人生が面白くなるのか?

今日のおすすめの一冊は、出口治明氏の『「おいしい人生」を生きるための授業』(PHP研究所)です。その中から、『「おいしい人生」を生きるためには』という題で書きました。

これは若い世代の人たちに向けて書かれた本ですが、どの年代の方が読んでも、面白くてワクワクする素敵な本です。

知識を得ると何が面白いのか、ということを具体例をあげて書いてあります。知識が広がると、今まで考えていたことがガラっと変わ

もっとみる
メチャクチャうれしいです!
5

鎌倉時代はやっぱり1192年からだった!?

いい国作ろう鎌倉幕府ではなく、いい箱作ろう鎌倉幕府ではないか?

という説が最近では主流となっています。

1183年 ・・・ 頼朝の東日本の支配権を朝廷が認める
1185年 ・・・ 源氏が壇ノ浦の戦いで平家を破り
          頼朝が朝廷に全国に守護・地頭の設置を認めさせる
1192年 ・・・ 源頼朝が征夷大将軍に任命される

鎌倉幕府の成立がいつなのか、かつては源頼朝が征夷大将軍に任命さ

もっとみる

テイカカズラと藤原定家の話10

6月16日 晴れ

本日のBGM Eartha Kitt

前回の続きから朝廷と鎌倉幕府について。

鎌倉幕府の初代将軍は源頼朝(みなもとの よりとも)ですが、頼朝はなかなか疑り深い性格だったみたいで、武功をあげた親戚とか弟とかを「あいつら優秀だし人望もあるから、俺の地位を奪うつもりなんじゃないの?いや、そうに違いない。だって俺ならそうするもん!」

と源氏一族を身内にもかかわらずバンバン殺して、

もっとみる

★読書感想vol.3 (2020/06/01)★

3.「執権」(講談社学術文庫)
  著 者: 細川重男 ※敬称略
  出版社: 講談社
  発行年: 2019年10月10日
  価 格: 1000円(税別)
  リンク先: 講談社BOOK倶楽部

※一部、本書の本旨に触れている部分もあるかと思われます。ご容赦ください。
※本書の原本は、「北条氏と鎌倉幕府」(講談社選書メチエ/2011年3月刊行)です。

<概要> ※下記概要内のリンク先はすべて

もっとみる
「スキ」いただき、ありがとうございます! 今後も宜しくお願い致します。
5