忠内香織

奈良でガイドをしています。奈良の寺社仏閣をめぐる「うるわし奈良」代表。http://u…

忠内香織

奈良でガイドをしています。奈良の寺社仏閣をめぐる「うるわし奈良」代表。http://uruwashinara.com/ 好きな場所は飛火野。好きな奈良漬は白雪さん。好きな仏像は安部文殊院の文殊菩薩さま。好きなお寺は唐招提寺。好きな聖人は聖徳太子。好きなお菓子は「御城之口餅」

マガジン

  • 神様

    神様・神社についてまとめました

  • 修二会

    奈良の東大寺 修二会について

  • 奈良のトリセツ

    奈良の事を楽しく解説

  • 奈良のお寺

    奈良のお寺のことを語ります

  • 平城京

    あおによし奈良の都に咲く花は~

最近の記事

奈良町とつよつよ女性

奈良町というエリアがあります。 奈良の主要駅・近鉄奈良駅から徒歩で行ける場所で、昔ながらの町家が残り、可愛い雑貨屋さんやカフェなどが沢山あり、細い路地が入り組んでいて散策するのにとてもいい場所です。 2024年2月24日土曜日に、ここを散策するツアーをしたのですが、表向きは奈良町と奈良町のお寺でふだん入れないところをぶらっとする。 裏テーマは「つよつよ女性」です。 奈良町にはその時代、その時代を精一杯生き抜いた女性たちの足跡が多く残り、特に中将姫の伝説が多いところです

    • 奈良公園の青い宝石

      奈良公園 野生動物の鹿がまぢかで観察できるすごい所ですが、青い宝石があるのをご存知ですか? それは鹿たちのフンを処理してくれる、コガネムシたちです。 フンコロガシといったほうがわかりが良いかとは思いますが、奈良公園に生息するフンコロガシの多くはフンを転がすことがないので、糞虫といったほうがいいようです。 日本に生息する糞虫たちの多くは、光沢あるオレンジっぽい色をしているものが多く、地域によって緑色のものもいます。 そしてなぜか奈良公園に生息するものは瑠璃色なのです。

      • 日本書紀っておもしろい!イベントやります

        2024年3月20日(水 祝)タレントの南かおりさんとイベントやります。 テーマは日本書紀! 日本書紀って歴史書で、しかも日本の正統な歴史書で、それって難しくって堅苦しいものばかりでないの…?というイメージがあるかと思います。 でも、実は面白くって興味深くって、とても深い…そういうものでいっぱいなのです。 日本書紀は日本の歴史が書かれているので、それはつまり天皇の歴史が書かれています。 なかには一見??というものも沢山あり、なんなんだこれは??というものも沢山。 た

        • 修二会を作るひとびと

          もうすぐ奈良 東大寺・二月堂さんの修二会 お水取りが始まります。 修二会は練行衆というお坊さんが、この国の安泰のため、みんなの幸せのため、病気がはやらず、作物がよく実り、平和で戦争がない世の中であるように祈ってくださるものです。 この修二会に必要なものの多くは、ご寄進といって寄付で賄われています。 代表的なのがお松明。 修二会の法要は夜にも行われるのですが、その際、暗い道を照らす道明かりとして松明に火が灯されます。 その松明は長さ6メートルはあるという大きなもので、

        奈良町とつよつよ女性

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 神様
          忠内香織
        • 修二会
          忠内香織
        • 奈良のトリセツ
          忠内香織
        • 奈良のお寺
          忠内香織
        • 平城京
          忠内香織
        • 仏教
          忠内香織

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          アツイ!月ヶ瀬と八代亜紀

          奈良に梅の名所として有名な「月ヶ瀬梅林」というところがあります。 ここに、あの演歌歌手の八代亜紀さんの記念碑があるのです。 八代さんは『月ヶ瀬小唄』という楽曲をリリースしており、実際に月ヶ瀬にやってきて歌を披露されたこともあるとか。 その時に梅の木を記念植樹もして、今も残っています。 植樹の時にサイン色紙も書いてくれて、記念植樹した梅の木のそばに飾っていたのですが、それから40年以上経ってサインペンで書いていたサインが消えてしまって((T_T))別の方が代筆したものが

          アツイ!月ヶ瀬と八代亜紀

          千の御手はすべてを包む

          念願の葛井寺ツアー 行ってまいりました!! 観音さまをめぐる『西国三十三所観音巡礼』というものがありまして、奈良にもいくつか札所があります。 昔も今も、ひとびとは観音さまのご利益を求めて旅をしたのです。 そのうちの一つ、葛井寺。 大阪の藤井寺市にあります。 カオリン、奈良のガイドじゃなかったの? 大阪やーんと言われそうですが、実はこのお寺、大仏さんを作った聖武天皇が発願した御仏がいらっしゃるのです。 なんとほんとに手が1000本ある仏さまです。 そしてお寺も奈

          千の御手はすべてを包む

          梅の名所月ヶ瀬 梅は生存戦略だった!

          奈良で梅の名所といえば月ヶ瀬村奈良に月ヶ瀬というところがあります。 梅の名所で、見渡す限り一面の梅の景色が楽しめます。 あの熱血漫画の傑作『ガラスの仮面』で主人公たちが憧れてやまない「紅天女」とうい梅の精がでてくるのですが、それってここが舞台ではないかとひそかに思っているのです… 満開になると、山一面梅が咲き誇り、その美しさ、香りの良さは神々の世界か?と思うくらい美しい。 その数もめちゃくちゃ多くて、急な斜面すら切り開いて植樹しているのです。切り立ったところにも沢山の

          梅の名所月ヶ瀬 梅は生存戦略だった!

          奈良変態 失格

          唐招提寺さんの涅槃会に参拝してきました。 唐招提寺さんというと、あの鑑真和上が開いた御寺。 境内には鑑真さまの御廟もあって、奈良のお寺の中でもひときわ落ち着いたゆかしい場所です。 唐招提寺さんに限りませんが、2月15日は涅槃会といって、お釈迦様の御命日を偲ぶ法会が開かれます。 色んなお寺で、それぞれ涅槃図と呼ばれるお釈迦様が横たわった様子を描く絵を掲げて法要するのですが、法要の様子も涅槃図も、お寺さんによってちょっとずつ違っていて面白いのです。 今回の唐招提寺さんの

          奈良変態 失格

          【妄想爆発】持統天皇が大津皇子を追い詰めた理由

          非情と言われた父 天智天皇 古代の女帝に持統天皇という方がいらっしゃいます。 天武天皇という方と結婚して、草壁皇子を産み、我が子を天皇の座につけるために、あまたいる天武天皇の皇子たち(当時夫である天武天皇は複数の女性を妻にしていた)の中でも、もっとも優秀だったといわれる大津皇子を追い詰めて死に至らしめた、などと言われています。 持統天皇は、我が子かわいさに優秀な大津皇子を殺したのだ~ 大津皇子は悲劇の皇子!とよく言われるゆえんです。 持統天皇は、夫である天武天皇の

          【妄想爆発】持統天皇が大津皇子を追い詰めた理由

          世界遺産6社寺ぜんぶ行っとこう!

          『古都奈良の文化財』というタイトルで世界遺産が認定されて25周年を迎えました。 これを記念して、平城京時代に作られた神社仏閣をめぐる参拝券が発売されるなど、記念行事があります。 奈良が好き、という方の中には「古代が好き」「古墳が好き」「古事記が好きだからゆかりの場所をめぐりたい」などなど色んなジャンルの愛好者がいらっしゃいますけど、私は奈良時代推しなのです。 平城京の時代に作られた神社仏閣・遣唐使などの制度、律令という決まり事や平城京という新しい都市…。 そんな中で度

          世界遺産6社寺ぜんぶ行っとこう!

          衝撃!奈良県がない時があった!

          奈良県が一時消滅していた!という衝撃的なことをご存知でしょうか? 「奈良県」の名が初めて登場するのは、慶応4(1868)年5月19日のことです。 当時は江戸時代が終わって、明治新政府の時代。 新政府は戊辰戦争に勝利したあと、「鎮台」と呼ばれる監督機関を配置しました。 奈良にもこの鎮台がやってきて、奈良の管理をしていたのです。 その後、鎮台は廃止。奈良県が設置されました。 明治4年(1871年)7月、廃藩置県が行われます。 同年11月に奈良県が誕生。 しかし5年

          衝撃!奈良県がない時があった!

          世界遺産6社寺巡り行ってきた!

          世界遺産6社寺めぐりしてきました! 私は常々、国宝や重文という「お墨付き」をあまり重視してませんでした。 優れたものを国が認定することは「国家が責任を持って保護する」ということは重要だし、ぜひとも全力で守ってほしいと思うのですが、鑑賞する側が「国宝だから目をとめよう」というのは、色々見落とす事が多いのではないかと思うのです。 価値の基準が国宝・重文だけなのはもったいないなと。 世界遺産も同じで、世界遺産に認定されたから価値があるのではなく、そもそも価値があるのです。

          世界遺産6社寺巡り行ってきた!

          観光立国・金沢 3つの美しさ

          能登半島の地震の影響で、石川県の金沢や福井県、富山県など近隣の観光地がひとくくりに「被災している」と思われて観光客が減っているそうです。 実際に被害が甚大で、立ち入りも遠慮すべきところは能登半島ふきんだけで、ほかのところは普段と変わらない状況であり、ぜひ観光にきてもらってお金を落とせば、巡り巡って被災地支援にもなる!ということで、金沢に行ってきました。 金沢といえば加賀百万石。 きらびやかな伝統工芸に、茶屋の文化。美味しい海鮮料理…と見どころいっぱいのイメージですが、

          観光立国・金沢 3つの美しさ

          名前の持つ意味

          先日一緒に焚き火をした和美ちゃんと話していて、すごく重要なことに気づいたのですけど。 和美ちゃんは、ちょっとした能力者で、人の持っている潜在的な力みたいなものを知ることができる人です。 よく生まれたからには使命があって、どんなお役目を今生でするのか…ということを知りたい、テーマにしたいという方が多いのですけど、そういうお役目を知りたい人にアドバイスできる人なのです。 和美ちゃんいわく、使命とかお役目というのはほんとは違ってて、なにかこう「仕事」みたいに考えてる人もいるけ

          名前の持つ意味

          東大寺修二会『韃靼』というスゴイ行法

          どうしても焚き火がしたくなったので、お友だちの和美ちゃんを誘ってやってきました。 火を炊くということへの原始的な欲求がある気がするのだけど、ただただ焚き火が燃える様子の動画が何万回再生というので、みなさん同じなんじゃないですかね。 奈良では火を使う御神事や法会が多くあります。 その筆頭的なものは、やはり東大寺さんの『修二会』における「韃靼(だったん)」ではないかと思います。 韃靼は修二会で行われる法要の中で最後に登場します。 修二会の終わりを飾る行法と言ってもいいかも

          東大寺修二会『韃靼』というスゴイ行法

          奈良で過ごす良さ

          奈良のお寺の行事。特に今年は東大寺さんの節分行事、法隆寺さんの修二会のあとの鬼追いを見学させていただいて、すごく楽しかったんですね。 東大寺さんの節分行事では、豆まきする人の中に、東大寺さんが手掛ける福祉事業に関わりのあるおばあちゃまが車椅子で登場して、法隆寺さんの鬼追い式では、地元の子供たちがキャーキャー言う姿を目の当たりにしました。 豆まきに登場するのが芸能人とか話題の人でなくて、支えてくれる人や大事にしている人、そして地域の人というのが、すごくいいなと思ったのです。

          奈良で過ごす良さ