採用CX

【採用にストーリーを】ハリボテ的な見せ方じゃない、採用の本質的な競争優位性

こんにちは!HeaR株式会社の高谷です。最近、HeaRメンバーのtwitterが活発です。現在正社員はこの9人で全員なので、ぜひフォローしてあげてください!だいたいみんな中二病です。

 いわゆる見せ方的にストーリーを作るという話ではなく、採用の全体を通して一貫した何かを伝えることが今は大事ですよというお話。

企業側も自己分析をしないと真っ当じゃない

 と思いませんか?いわゆる自己分析の必要不

もっとみる
ありがとうございます!ぜひオフィスへ遊びに来て下さい!😀
15

「〇〇〇〇」を改善するだけで、採用はずっと簡単になる。

こんにちは、HeaR株式会社の人事、田島彩名です。弊社HeaRは、CX(=Candidate Experience)を軸にコンサルティングを行なっている会社です。様々なお客様事例を目にする中で、全ての会社が今すぐに改善できるCX向上施策がいくつか見えてきました。今回は、CXに着目して、採用担当が改善すべき採用のタッチポイントをご紹介します。

1. 「スカウトメッセージ」を改善するだけで

 候補

もっとみる
ありがとうございます❤️
10

面接CX分析を怠ると、従業員体験(EX)に支障を来す理由【役立つ資料付き】

(…聞こえますか?…あなたです…そこ…のあなたです…あなたの心に話かけてます… そうです…!HeaR…です、はい…!)

こんにちは!HeaRの小川です!CXコンサルタントを担当しています。最近、Twitterを始めました。人事HR系の方はもちろん、元教員や現職の先生方の方にも応援いただいてます!よろしければフォローお願いします!

今回は採用の中でも頻繁に課題に挙がる面接が、候補者体験(Cand

もっとみる
ありがとうございます!シェアのボタンをポチッとしていただけると…!
13

選ばれる会社はもうやっている。今日からできる”面接体験向上テクニック”!

こんにちは、HeaR株式会社で採用コンサルティングや人事をしています、田島彩名です。私自身、人事として多くの方と面談をしているのですが、私にとっての面接・面談のゴールは「来てくれたひとが、”今日はこの会社の面談に来てみてよかったな〜”」と思ってくれることです。

 「今日は来てよかった」と思ってもらえるような面接体験の設計は、採用力の強い会社で主流になってきている考え方です。逆に、従来通りの面接・

もっとみる
わたしも大好き!
8

明日から実践できるCXとは?(CX向上事例資料付き!)

採用CX(Candidate Experience)とは、候補者が企業を認知してから選考を終えるまでのタッチポイント一つひとつに価値を提供することで、採用力向上ならびに自社のファン獲得に繋げる活動です。

「(採用の合否に関わらず)この企業を受けてよかった」と感じてもらえるかが一つの指標になることでしょう。

今回は候補者体験を改善したいと思っていても、具体的にどのように取り組めば良いのか悩んでい

もっとみる

採用CXでは“採用ピッチ資料”が実はとても重要という話

こんにちは、HeaR の高井です。
CX屋のHeaRでCXコンサルタントとして従事しています。

最近Twitterやり始めました。
よかったらフォローしてくれると嬉しいです!

今回は最近目にすることの多くなった採用CX(候補者体験:Candidate Experience)では「採用ピッチ資料」がとても大事だというお話をしていきたいと思います。

01.採用CXのおさらい

採用CXをまだ知ら

もっとみる

会社を成長させる為に、愛のある採用CX設計をしよう!

リブセンス採用広報をやっているやがわんです。
最近話題になっているCXについてのセミナーに参加してきたのですが、それを聞きながら採用担当者として大切にすべきこと、そして採用が難しい世の中だからこそCX設計に向き合うことへの大切さを感じたのでnoteに書きます。

本質的な採用活動とは会社を成長させること

よくある人事組織では採用数をKPIとしている場合が多いと思います。

しかし、採用数だけを追

もっとみる
ありがとうございます、私も大好きです^^
16

採用CX(Candidate Experience)を徹底解説

求職者「を」選ぶ時代から、候補者「が」選ぶ時代に変わりつつある採用市場。
企業が選ばれる立場に変わったいま「Candidate Experience(=候補者体験)」に注目が集まっています。

採用CX(Candidate Experience)とは、候補者が企業を認知してから選考を終えるまでのタッチポイント一つひとつに価値を提供することで、採用力向上ならびに自社のファン獲得に繋げる活動です。「(

もっとみる