居場所づくり

サードプレイスが欲しいが、意識はまったくもって高くない 【500字コラム】

自宅から数分の距離で、通りに面してて、窓が大きくて、窓から見える道路を子どもたちや近所の人が行きかってて、私と目が合うと何となく中に入り込んできておしゃべりをして。私はそこで仕事をしたり本を読んだり。そして夕方、ごはんをつくりにふらりと家に帰り、台所での美味しい匂いをまとったまま、また夜更けにそこで書き物をする。

ここ数カ月、妄想が止まらない。どうも、ひとり黙々と仕事をする日々に、フリーランスと

もっとみる
嬉し!じゃがポックルどうぞ!
63

なぜ『分人』やってるの?

なぜ『分人』やってるの?って、

そ、、それは・・・・

少し長くなりますが、、分人ラボ すずかつの想いを聞いてください。

2005年くらいから鍼灸院開業前で、副業で家庭教師兼コーチをしていました。

担当したある一人の子は、中学生から20歳までの6年間。その子は発達障害傾向で、不登校になりがちでした。

勉強を教えるよりも、夢を語ったり、好きなことを伸ばしたり、話を聴くのがすずかつのできること

もっとみる
大好きです!
15

学びに寄り添う、憩いの居場所をつくる

先週土曜日のことですが、地域の無料塾(薬師たきび塾)の方々が、エカイエを使ってくれました。

私自身、元々教育に関心がある人間ということもあり、心に残った時間だったので、久しぶりにnoteを書いてみる。教育関連のnoteは初めてかな。

薬師たきび塾は、主にこの地域(上高田)に住んでいるボランティアの大人が学習サポーターとなって、生徒1人ひとりの勉強に寄り添う無料学習塾。
この日は生徒2人とサポー

もっとみる
ありがとうございます。あなたの考えも教えてください^^
4

メンタル弱めのあなたへ。

メンタルが弱い=良くないこと。強くならないといけない。

と思ってしまいがちな方が多いんだけど。
弱くても生きていける場所を探す。
メンタル云々を気にしないでいられる居場所を探していく事が大事かな。

もちろん仕事場はすぐに変えられないし、環境をすぐに変われる人もそうそういない。
だけど、居場所を他にも作る、求めること。
自分が身を置く場所を広げて自分の世界を広げて行くことはできると思うんだ。

もっとみる
ありがとう!励みになります!
4

【Chika × Yayo Cafeレポ 〜欲しいもの〜 】

こんにちは!ちかです☺︎
いつも #ちかやよcafe のnoteを読んでくださり、ありがとうございます!嬉しい

実は、前回初めてnoteで記事を書いたのが 楽しくて、今回またnoteをアップできるのを楽しみにしてました。

今回のインスタライブでは、みんなで 欲しいものや やってみたいことをシェアしあったけど、
1つの話題に対して、みんなが知っている情報や共感が次々とコメント欄に飛び交って、すご

もっとみる

最初のいじめ

死にたいと思わなくなったと思っていたのに、周期的に仕方ない日にやっぱり消えたくなった。
消えたくなった時に、アホだなって思いながらも過去のフラッシュバックをわざと掘り起こして、泣いて過呼吸を起こして無理矢理寝る事が嫌な癖である。
今まではすぐにフラッシュバックが次々と起こってたけど、ふといつも同じものを最初に思い出すなぁと気付いて考えてみた事があって、泣きながら記事を書いている。アホすぎる。まぁす

もっとみる
スキありがとうございます(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾
2

毎月第3木曜日は、地域の居場所「さっちゃんち」☆ ~元引きこもり店主 手作りおやつ工房とさか~

お茶飲みながら話せる居場所があったらいいな☆

ご縁で、鎌倉市にある地域の居場所「さっちゃんち」に先日お邪魔しました。

日向ぼっこできる縁側があって、掘りごたつ囲んでチクチク手仕事したり、お茶飲んでおしゃべりしたり。畳でゴロンとお昼寝したり(^-^)

ばあちゃんちに来たみたいで居心地よくて、店主もすっかり気に入ってしまいました。

鎌倉市にある地域の居場所「さっちゃんち」

「さっちゃんち」は

もっとみる

インターネットと、あたし

はじめまして、を書いてから次は何を書こうか考えながらあっという間に時間が経ってしまった。今日は「インターネットと、あたし」と題して綴ってみる。

あたしの人生は、インターネットの話なしでは語れない。今の若い人は物心ついた頃からそうだと思うけれど、あたしが小学生の頃はADSLの時代で自宅にはパソコンすらなかった。友達の家でインターネットに接続してるのを見てたような記憶がある。
もっと小さい頃はパソコ

もっとみる
スキありがとうございます(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾
4

こちらのnoteでは詳しく書いておりませんでしたが、社会福祉関連NPO法人を立ち上げました。スタートは妊産婦支援ですが、最終的には-ありきたりな言葉ですが「すべての人がふとした瞬間に「生きていてよかった」と思える」ような居場所を作り上げたいです。

わたしが居場所づくりをする理由

ようこそ、
寄り道Noteへ。

寄り道キャリアの案内人
キャリアカウンセラー
モモハラ リンです。

モモハラは自分の人生の指針(羅針盤)として、
MyVISION・MyMISSION・MyValuesを
下図の通り掲げています。

今日は特にMyVISIONである
「誰もが居場所のある社会に」
を何故掲げているのか、


なぜ居場所づくりをしようとしているのか


についてお話しようと思い

もっとみる