放課後NPOアフタースクール

放課後NPOアフタースクールが運営する公式noteです。安心で豊かな小学生の放課後を日…

放課後NPOアフタースクール

放課後NPOアフタースクールが運営する公式noteです。安心で豊かな小学生の放課後を日本全国で実現するために活動しています。子どもたちの今、現場の最前線の声、想いを共にしてくださる方々とのエピソードなどをお届けします。https://npoafterschool.org/

マガジン

  • 子どもたちの物語

    放課後で出会った子どもたちの成長エピソードをぜひご覧ください。 わたしたちの宝物のエピソードが満載です。

  • 見てみて!放課後現場

    日本全国の様々な放課後現場でどんな取り組みをしているの?自分たちの拠点でもできそうな、そんなちょっとしたアイデアや遊びなどをご紹介します!

  • 賛同くださる皆さんとともに

    放課後NPOアフタースクールでは、市民先生として活躍くださる方や、体験プログラムを協働で実施する企業の方、頼もしい応援団のアドバイザリーボードの方々など、多くの方が活動に賛同くださっています。そんな皆さんとのお話をお伝えします。

  • 団体のいま

    毎日新しい何かが生まれている放課後NPOアフタースクールだからこそ、お伝えしたい情報を発信。イベント告知やメディア掲載情報など、ちょっとしたお知らせも。

  • みんなで綴る放課後NPO

    団体スタッフが更新しているnoteや、放課後NPOアフタースクールのことを書いてくださったnoteをまとめています。

ウィジェット

最近の記事

  • 固定された記事

放課後noteの歩き方

はじめまして!放課後NPOアフタースクールのnoteへようこそ。この記事では、放課後NPOアフタースクールのご紹介と、noteでどんな情報を発信しているのかお伝えします。 放課後NPOアフタースクールってどんな団体?放課後NPOアフタースクールは、「放課後はゴールデンタイム」をビジョンに、安心で豊かな小学生の放課後を日本全国で実現するために活動する特定非営利活動法人です。2009年に法人化して、学校施設を活用した放課後の居場所「アフタースクール」の運営や、企業や団体と連携し

    • #006 クラスとは違う人間関係で

      「どの子にも絶対にいいところがある」 私たちはこのことを強く信じています。子どもたちのいいところを見つけたとき、私たちは宝物を見つけたような気持ちになるのです。私たちが日々出会う放課後ならではの子どもの成長物語。その一部をご紹介いたします。 授業で手を上げることや発言することも少なく、遊ぶ時もお友達についていくだけのとてもおとなしい3年生の女の子がいます。なんでもお友達の言う通りにしているので、本当はやりたくないことをしているのではないかな? 楽しいかな?と心配してしまい、

      • 放課後の「つながり」から学ぶこと

        こんにちは、開智アフタースクールです。 アフタースクールでは、子どもたちの「好き」や「得意」を伸ばしてもらえるよう、様々なプログラム(体験活動)を実施しています。同時に、プログラム以外の時間でも、子どもたちは「自由」で「主体的」な時間を過ごしています。 今回は、放課後の自由な時間の中でみられる子どもたちのエピソードや、近くで見守っている我々大人たちの想いをお伝えできればと思います。 放課後では、「今日は何して遊ぶ?」「○○、校庭行こうぜ!」などの会話がありふれています。

        • 子どもをまんなかに!みんなでつくる湘南学園アフタースクール

          こんにちは!湘南学園アフタースクールです。 来年で開校10周年を迎える湘南学園アフタースクール。子どもを中心に保護者の皆さん、学校の先生、そして市民先生など多くの皆さんのご協力をいただき、今があります。 少子高齢化社会における共働き世帯の増加、ポストコロナ社会の到来など、個人の暮らし・働き方に大きな変化がある中で、私たちスタッフは「子どもたちにとって安心して過ごせる放課後の時間とは何か」という答えのない問いと日々向き合い、より良い時間になるよう取り組んでいます。 そして

        • 固定された記事

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 子どもたちの物語
          放課後NPOアフタースクール
        • 見てみて!放課後現場
          放課後NPOアフタースクール
        • 賛同くださる皆さんとともに
          放課後NPOアフタースクール
        • 団体のいま
          放課後NPOアフタースクール
        • みんなで綴る放課後NPO
          放課後NPOアフタースクール
        • 放課後のリアル
          放課後NPOアフタースクール

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【後編】「『こどもかいぎ』のトリセツ」出版記念対談!子どもたちの未来に”対話”の文化を

          娘が生きていく未来に、対話の文化を平岩さん:改めて、豪田さんはなぜ「こどもかいぎ」という映画を作ろうと思われたのですか。 豪田さん:いろんな要素が積み重なって、沸点に達した感じでしょうか。ひとつは自分の娘との対話に苦労していたことです。 「保育園どうだった?」「楽しかった」……以上おわり!みたいな(笑) 娘ともっと対話をして、娘の心の声を聴きたいなってずっと思っていたんです。娘が何を考えているのかを知りたいし、保育園や学校であったことを報告してくれるとすごく幸せな気分になる

          【後編】「『こどもかいぎ』のトリセツ」出版記念対談!子どもたちの未来に”対話”の文化を

          【前編】「『こどもかいぎ』のトリセツ」出版記念対談!子どもたちの未来に”対話”の文化を

          2023年は、こども家庭庁の創設を機に世の中も放課後や居場所への関心が高まり、また国の動きも「こどもまんなか」をキーワードにあらゆる制度改善が進み始めた年となりました。そんな折、放課後NPOアフタースクールのアドバイザリーボードでもある映画監督 豪田トモさんが監督作品「こどもかいぎ」に関する書籍を出版!子どもたちが主体的に発言や活動ができることの大切さについて、放課後NPO代表の平岩国泰と対談をしましたので記事にまとめました。 平岩さん:このたびは書籍のご出版、おめでとうご

          【前編】「『こどもかいぎ』のトリセツ」出版記念対談!子どもたちの未来に”対話”の文化を

          世界のサンタクロースに会いに行こう!すごろく式クリスマスツアー

          12月21日(木)の夜、東京・水道橋の某スタジオには、サンタクロースや博士の恰好をしながら、真剣に打ち合わせをするスタッフたちがいました。一体何が始まるのでしょう…? 私たち 放課後NPOアフタースクールは、自由で豊かな放課後を日本全国で実現するため、様々な活動を行なっています。「子どもたちにとっておきの体験を!」という想いは、放課後NPOで働くスタッフの子どもたちに対してももちろんそうです。 中でも代表平岩の想いは強く、「おうちの人の仕事を知るきっかけにもなるはず」とい

          世界のサンタクロースに会いに行こう!すごろく式クリスマスツアー

          【レポート後編】「こどもまんなかでつなぐ学校と放課後」実現に向けて、いま地域と自治体ができることとは?

          11月20日「世界こどもの日」に寄せ、放課後NPOアフタースクールでは子どもたちの幸せについて考える機会として「こどもまんなかでつなぐ学校と放課後」と題し、行政の方や有識者、実践者の方々をお招きし、オンラインフォーラムを開催しました。第一部につづき、第二部の様子をお届けします。 【第二部】 ① 三鷹市「学校3部制」構想〜地域の共有地としての学校活用、地域人財とともに行う教育~(東京都三鷹市教育委員会教育長 貝ノ瀨 滋氏) 三鷹市教育委員会教育長の貝ノ瀨滋氏からは、「学校

          【レポート後編】「こどもまんなかでつなぐ学校と放課後」実現に向けて、いま地域と自治体ができることとは?

          【レポート前編】「こどもまんなかでつなぐ学校と放課後」実現に向けて、いま地域と自治体ができることとは?

          11月20日「世界こどもの日」に寄せ、放課後NPOアフタースクールでは子どもたちの幸せについて考える機会として「こどもまんなかでつなぐ学校と放課後」と題し、行政の方や有識者、実践者の方々をお招きし、オンラインフォーラムを開催しました。 第1部ではこども家庭庁が目指す「こどもまんなか社会のありかた」や日本の小学生の現状、海外の放課後の居場所について、第2部では東京都三鷹市と北海道安平町での学校活用と地域連携の実践例についてゲストの方々にお話しいただき、それぞれで弊団体代表の平

          【レポート前編】「こどもまんなかでつなぐ学校と放課後」実現に向けて、いま地域と自治体ができることとは?

          一人ひとりの想いを大切に 私たちらしい内定式・入職式

          10月、水道橋にある事務所にて、2024年度入職予定の内定者2名と、今年度6月以降にご入職くださった皆様の内定式・入職式を行いましたので、その様子をご報告します。 初めましての方や、もう既にお仕事を始められている方も日頃は別々の場所で働いていることもあり、集まった当初は緊張した面持ちでいらっしゃる様子も見受けられました。 平服で、とお伝えしていたのですが、なんとなくみんないつもより少しばかり綺麗な装いで集まったからかも・・・。(代表・平岩さんも可愛い蝶ネクタイでした🎀)

          一人ひとりの想いを大切に 私たちらしい内定式・入職式

          子どもたちのやりたい!を形に できたよ!を力に

          こんにちは、帝京アフタースクールです。 今年度の帝京アフタースクールは子どもたちのやりたいことであふれています! 子どもたちが行きたくなるアフタースクールってどんなところ? 友達と遊びたい!好きなことがしたい!子どもたちの想いは様々ですが、楽しかった思い出は、確実にまたアフタースクールに行きたいと思う大きなポイントになっています。 子どもたちにとっての“楽しい”って何だろう? 「自分を自由に表現できること。自分を認めてもらうこと。心地よさが楽しいにつながる。そんな場所がい

          子どもたちのやりたい!を形に できたよ!を力に

          【イベント報告】滋賀県SDGs事業 「こどなBASE」キックオフトークセッション 企業と子どもで描く滋賀の幸せな未来とは

          この度、放課後NPOアフタースクールでは、滋賀県と共に「こどなBASE」を立ち上げました。「こどなBASE」とは、滋賀県に関わる様々な企業・団体が、将来社会の担い手となる子ども・次世代への体験プログラムを企画・実施できるよう、伴走・支援していくものです。 10月24日から「こどなBASE」への登録がスタートしたことを機に、滋賀県に関わる企業・団体の皆様にお集まりいただき、子ども・次世代の未来のために大人(企業)ができることなどを、登壇者の基調講演とパネルトークを通じて考えま

          【イベント報告】滋賀県SDGs事業 「こどなBASE」キックオフトークセッション 企業と子どもで描く滋賀の幸せな未来とは

          毎年11月20日は”子どもたちの幸せを考える”世界こどもの日

          ■皆さんは「世界こどもの日」を知っていますか?日本にとって馴染み深いのは、5月5日の「こどもの日」ですよね。 子どもたちの成長をお祝いする日で、祝日法では「子どもの人格を重んじて幸福を願い、母親に感謝する日」とされています。 一方、「世界こどもの日」は、今から約70年前の1954年に、「世界の子どもたちの相互理解と福祉の向上」を目的として、国連によって制定されました。 1954年 国連が「世界こどもの日」を11月20日に制定 1959年11月20日 国連総会で「子どもの権

          毎年11月20日は”子どもたちの幸せを考える”世界こどもの日

          子どもの声に寄り添いカタチにするスタッフにインタビュー!~子どもが企画運営する「こどもキカク」とは?~

          こどもまんなか社会の実現に向けて、全国で様々な大人が動き始めています。 放課後NPOの運営するアフタースクール拠点でも、こどもをまんなかに、子どもたちの「やりたい」を叶える、とあるプログラムが実施されています。 今回のnoteでは、とあるプログラム――「こどもキカク」を実施している拠点のスタッフ武井さん、国井さん、齋藤さんにお話を伺いました。 ■「こどもキカク」について-誕生と実施のあらまし──本日はよろしくお願いいたします。 さっそくですが、「こどもキカク」について概

          子どもの声に寄り添いカタチにするスタッフにインタビュー!~子どもが企画運営する「こどもキカク」とは?~

          全国15拠点で子どもの「やりたい!」を応援!放課後チャレンジプロジェクト

          近年、「放課後」という時間と、そこでの体験活動が注目されています。 学校が終わり、子どもたちが自由に活動できる放課後だからこそ、子どもたちの「あれをやってみたい!」という声に応えたい、と考えている方は全国の放課後現場にも多くいるのではないでしょうか。 しかしそれと同時に、スタートするにあたってのやり方やノウハウ、道具、お金がなくどう始めたらいいのか……すぐに実現することが難しいというお声も聞きます。 そこで、放課後の居場所を運営する団体の中から、希望する拠点を全国規模で

          全国15拠点で子どもの「やりたい!」を応援!放課後チャレンジプロジェクト

          #005 遊ぶ大切さ

          「どの子にも絶対にいいところがある」 私たちはこのことを強く信じています。子どもたちのいいところを見つけたとき、私たちは宝物を見つけたような気持ちになるのです。私たちが日々出会う放課後ならではの子どもの成長物語。その一部をご紹介いたします。 1年生の男の子A君は、ほぼ毎日アフタースクールに来てくれますが、学習の時間が終わり、少し遊ぶと保護者の方がお迎えに来ます。そのため、いつも「もっと遊びたいな~」という顔で帰っていました。 私たちスタッフもそんなA君に「そうだよね」と思