少年兵

p.15【少年兵】肉親を殺す苦渋の選択

p.15【少年兵】肉親を殺す苦渋の選択

こんばんは、板坂梨央です。今日は"肉親を殺す苦渋の選択"と題した話をしようと思います。 少年兵という言葉をご存知でしょうか?文字通り少年が銃や武器を持ち戦闘員として働くことです。これから、そんな彼らにフォーカスした話をします。 アフリカ諸国で起きている(起きて"いた"、過去のものも含む)紛争で、少年兵がたくさん使い捨てのコマの如く酷使されています。なぜなら、少年は大人よりも洗脳しやすく、村を襲撃すれば簡単に手に入れられる、変えが効く、即戦力であると言えるからです。 村を襲

スキ
14
できる範囲の応援をさせていただきました💸

少年兵の救済にあなたもあなたの
『できる範囲』を届けてみませんか?

認定NPO法人テラ・ルネッサンスHPはこちら👇
https://www.terra-r.jp/index.html

寄付ページへ直接はこちら👇
bit.ly/3BnoTeW

できる範囲の応援をさせていただきました💸 少年兵の救済にあなたもあなたの 『できる範囲』を届けてみませんか? 認定NPO法人テラ・ルネッサンスHPはこちら👇 https://www.terra-r.jp/index.html 寄付ページへ直接はこちら👇 bit.ly/3BnoTeW

スキ
1
風に立つライオン

風に立つライオン

「がんばれー」毎晩そびえ立つ広大なアフリカの自然に向かって叫ぶ医師。 「頑張れは他人に言う言葉じゃないんだ。」 彼自身を奮い立たせているのか、広大な自然や神に訴えかけているのかはわからない。 ニコニコした子どもたちの笑い声。 みんなが手を繋いで一列になって歩いてゆく。 ドカーンッ 地雷発見機として利用される。 少年は麻薬を撃たれ、兵士になる。 怪我をすれば、医師の元にトラックの荷台に運ばれやってくる。 でも、医師が治療をしても怪我が治ればまた兵士として送り出

スキ
5
★終戦記念日と、あの日のメダイ。

★終戦記念日と、あの日のメダイ。

8月15日、そうか終戦記念日か、76回目なのか、とニュースをみて気づきました。 この日、大体いつも思い浮かべるのが4歳のときの記憶です。これが私の最もふるい記憶だと思います。 夏も終わる頃、私は2歳年下の妹と、とある児童養護施設に入りました。母は妊娠しており、私にとって2人目の妹が生まれるためでした。当時父には夜勤があり、どうしても保育園だけでは面倒をみきれなかったのです。 母は北海道から大分県へ嫁ぎましたが、その頃母の姉(私にとって伯母)も妊娠しており、初産となるため

スキ
18
戦地における〈加害者と被害者〉

戦地における〈加害者と被害者〉

書評:三上智恵『証言 沖縄スパイ戦史』(集英社新書) まず強調しておかなければならないのは、本書が「十年に1冊」級の、じつに素晴らしい本であるという事実だ。 すでに先行のレビュアーたちが指摘しているにもかかわらず、私があえて繰り返すのは、本書がそれほど破格に優れたものであるからで、当然のことながら、今年(2020年)刊行の「人文書のベスト本」であることは疑い得ない(あえて指摘しておくが、人文書ランキングにおいて、本書の版型が不利に働くことは許されない)。 本書の凄さは、そ

スキ
3
紛争鉱物って何?

紛争鉱物って何?

ブラッドダイヤモンド(原題 : Blood Diamond)という映画をご存知でしょうか?2006年公開、レオナルド・ディカプリオ主演の紛争ダイヤモンドを巡るサスペンス映画です。この映画、公開されたのは一昔前ですが、現在でも地球の大地が生んだ天然資源を巡る争いは続いています。皆さんも知らないうちに紛争に、そして世界の貧困問題に加担しているかもしれません。 ● 紛争鉱物って何?紛争鉱物とは、重大な人権侵害を引き起こす内戦や紛争や戦争によって武装勢力や反政府組織の資金源となって

スキ
30
【僕の場合】 #680

【僕の場合】 #680

とある国の とある村で とある時代に 僕は生まれた お父さんに憎くても絶対に 人を殴ってはいけない 人を殺してはいけない そう教えられてきた 僕が14歳の時に内紛が起こり お父さんは敵対するグループに殺されてしまった 村では自警団と称して兵隊を作った 10歳以上の男は皆んな強制的に入れられた そこでは敵対するグループを見つけたら必ず撃ち殺せと命令された 人を殺しちゃいけないのに でも もし僕がそんな事を言ったら きっと僕は殺されてしまう 死ぬのは嫌だ 他の子供

スキ
2
スティッピンワルツ

スティッピンワルツ

血だまりの中を 歩く少年兵 仲間達は皆 骸へ還り 独り取り残され 地獄を彷徨う 適当な歌に合わせ ワルツを踏んだ あの日々は 二度と戻らない

スキ
1
◆ウガンダ 元子ども兵社会復帰支援センターでの訓練再開。未来を照らす希望をもって

◆ウガンダ 元子ども兵社会復帰支援センターでの訓練再開。未来を照らす希望をもって

ウガンダでは2020年3月20日から約7ヶ月間、政府のコロナ対策で学校や人の集まる活動は禁止されていました。しかし10月中旬に、最終学年の子どもの教育や弊会の職業訓練の再開が許可されました。 元子ども兵社会復帰施設でも、感染対策をとり、政府から再開の許可も得たため、 10月18日からロックダウン下の生活を乗り越えて、 生徒たちが戻ってきています。 ロックダウンによって遅れた分、この2か月間は1日の訓練時間を長くして、集中的に訓練を行なって来ました。元子ども兵たちは遅れを取り

スキ
2
【ウガンダ】そんな場所が私にもあってよかった。私には安心できる場所がある。

【ウガンダ】そんな場所が私にもあってよかった。私には安心できる場所がある。

    コロナ禍に入り、感染対策のため社会経済活動が制限されたことで、貧困層や脆弱な女性たちの暮らしや命が、今も脅かされています。         彼女は、9歳の時に神の抵抗軍に誘拐され、12年間、拘束されていました。さらに、彼女の両親は、自身が所属させられていた神の抵抗軍によって殺されており、地域に戻っても、心に大きな傷を負っていました。       テラ・ルネッサンスの支援を受け、子どもを抱えながらの職業訓練でしたが、彼女は洋裁技術と小規模ビジネスの能力を身につけることが

スキ
2