花島南

読書と映画と沖縄と。 基本、筆すけべーです。すみません。 寝そべり。プロテスト。声を上…

花島南

読書と映画と沖縄と。 基本、筆すけべーです。すみません。 寝そべり。プロテスト。声を上げよう。 Love & Peace ☮️ Make Love Not War 🏴 文学フリマ東京38(5/19/2024,ち-15,第2展示場)出店。2回目。

マガジン

  • ジンとチラーとタニマギー

    「カネと顔と大っきい●●…」 ××がピクリと反応した言葉をどうぞ。 (新聞、雑誌、小説、エッセー、映画、ドラマなどから拾いました)

  • 毛遊び

    川柳、狂歌、ときどき琉歌集。 「もうあしび」と読みます。 若者がビーチで歌い踊り語らいまぐわいます。 やなすけべーぐわが詠みました。

  • タニグマー小説集2

    短い! 早い! すぐ終わる! 短小(タニグマー)小説です。すみません。

  • ぱいまぎー雑記

    あれこれを。 ※ぱい=おっぱい ※まぎー=大きい (うちなーぐち)

  • ギャラリーやっくわなー

    iPhone SE(2018年〜)同SE2(2023年冬〜)で撮影。 ※やっくわなー=大きいき●たまの持ち主 写真は「沖縄語辞典」

最近の記事

兄(笠智衆)「とにかく終戦後、女がエチケットを悪用して、ますます図々しくなってきつつあることだけは確かだね」 妹(原節子)「そんなことない。これでやっと普通になってきたの。今まで男が図々しすぎたのよ」 ※麦秋(1951、小津安二郎監督)

    • 「抱っこし放題」って言われてもね…抱っこって重いんですよ…暑いんですよ…寝ると倍の重さ暑さ。いっぺん1日5時間米袋でも抱いてみろ。※米袋は泣かないからラクだよ‼︎ ※5/15/2024、東京新聞連載「しあわせ最前線」(瀧波ユカリ氏)より https://www.tokyo-np.co.jp/article/316681?rct=womensday

      • 「戦争がどういうものか想像できる人が『戦争反対』『平和を守れ』と当たり前に声に出していかないと、戦争しても別にいいのではと思う若い世代はどんどん増えるんじゃないか」(シールズ元メンバー、弁護士) ※5/4/2024、東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/325085

        • 「お前の棒給は人民の汗と脂の結晶だ。人民に感謝し、いたわる気持ちを忘れ、虐げれば天罰を受けるだろう」 (福島県二本松市・霞ケ城跡「戒石銘碑」) ※4/11/2024、東京新聞 https://www.city.nihonmatsu.lg.jp/bunka_sports_syo/bunka_rekishi/shitei_bunka/nihonmatsu/page001312.html

        兄(笠智衆)「とにかく終戦後、女がエチケットを悪用して、ますます図々しくなってきつつあることだけは確かだね」 妹(原節子)「そんなことない。これでやっと普通になってきたの。今まで男が図々しすぎたのよ」 ※麦秋(1951、小津安二郎監督)

        • 「抱っこし放題」って言われてもね…抱っこって重いんですよ…暑いんですよ…寝ると倍の重さ暑さ。いっぺん1日5時間米袋でも抱いてみろ。※米袋は泣かないからラクだよ‼︎ ※5/15/2024、東京新聞連載「しあわせ最前線」(瀧波ユカリ氏)より https://www.tokyo-np.co.jp/article/316681?rct=womensday

        • 「戦争がどういうものか想像できる人が『戦争反対』『平和を守れ』と当たり前に声に出していかないと、戦争しても別にいいのではと思う若い世代はどんどん増えるんじゃないか」(シールズ元メンバー、弁護士) ※5/4/2024、東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/325085

        • 「お前の棒給は人民の汗と脂の結晶だ。人民に感謝し、いたわる気持ちを忘れ、虐げれば天罰を受けるだろう」 (福島県二本松市・霞ケ城跡「戒石銘碑」) ※4/11/2024、東京新聞 https://www.city.nihonmatsu.lg.jp/bunka_sports_syo/bunka_rekishi/shitei_bunka/nihonmatsu/page001312.html

        マガジン

        • ジンとチラーとタニマギー
          376本
        • 毛遊び
          33本
        • タニグマー小説集2
          11本
        • ぱいまぎー雑記
          9本
        • ギャラリーやっくわなー
          22本
        • 映画って、エッチ
          4本

        記事

          「差別され、のけ者にされていた私たち在日朝鮮人への優しさを感じました。朝鮮半島に虹がかかれば、と日本人が歌ってくれたのがうれしかった」 5/12/2024、東京新聞「100年の残響 昭和のうた物語 イムジン河」 https://www.tokyo-np.co.jp/article/326653

          「差別され、のけ者にされていた私たち在日朝鮮人への優しさを感じました。朝鮮半島に虹がかかれば、と日本人が歌ってくれたのがうれしかった」 5/12/2024、東京新聞「100年の残響 昭和のうた物語 イムジン河」 https://www.tokyo-np.co.jp/article/326653

          「死んでも靖国神社に行かないからね、天国に行くから」(上原良司氏、22歳) ※5/11/2024、東京新聞「一枚のものがたり 塾生出陣壮行会 1943年」 https://www.tokyo-np.co.jp/article/326455?rct=photostory

          「死んでも靖国神社に行かないからね、天国に行くから」(上原良司氏、22歳) ※5/11/2024、東京新聞「一枚のものがたり 塾生出陣壮行会 1943年」 https://www.tokyo-np.co.jp/article/326455?rct=photostory

          「どうせなら土日曜日に降ってくれ」 (5月13日、月曜日。朝から強風大雨)

          「どうせなら土日曜日に降ってくれ」 (5月13日、月曜日。朝から強風大雨)

          ママ大嫌い!

          「ママ大嫌い!」が口癖の、 もうすぐ六歳の長女。 祖父母の家で初めての、ひとりお泊まり。 元気に遊び、ママの監視がないのをいいことにYouTube見放題だったそう。 でも、 ご機嫌だったのは夕飯まで。 寝る時間になると、心細くなったのか、泣き始めたのだとか。 祖父母がなだめても、 「ママはどこ? ママがいいよー」 と涙が止まらない。 そのうち泣き疲れて寝てしまいましたとさ。 やっぱりママが大好きなんだね。

          ママ大嫌い!

          「神宮外苑の再開発には強く反対しています」「緑あふれる気持ちの良い周回ジョギングコースを、すてきな神宮球場を、どうかこのまま残してください。一度壊したものって、もう元には戻りませんから」(村上春樹) ※5/10/2024、東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/326179

          「神宮外苑の再開発には強く反対しています」「緑あふれる気持ちの良い周回ジョギングコースを、すてきな神宮球場を、どうかこのまま残してください。一度壊したものって、もう元には戻りませんから」(村上春樹) ※5/10/2024、東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/326179

          文学フリマ東京38に出ます(ち-15)

          【文学フリマ東京38】に出ます。 ブースは 「ち-15」(第二展示場Fホール、2階) ・5/19(日) 12:00〜17:00開催(東京流通センター) ・花島南のWebカタログはこちら。見てね。 ↓ https://c.bunfree.net/e/bwa カテゴリーは「小説|短編・掌編・ショートショート」ですが、 新刊として 川柳・狂歌集「毛遊び」(もうあしび) を持っていきます。 ときめき、ため息、文学フリマ、お色気、沖縄、タイガースを詠みました。399句・首収録。10

          文学フリマ東京38に出ます(ち-15)

          今の世に鬼畜三人あり プーチン、ネタニヤフ、ミンアウンフライン

          今の世に鬼畜三人あり プーチン、ネタニヤフ、ミンアウンフライン

          ガザという不条理を訴え続けるのはそれが、普段は人権の守護戦士を気取り、世界の良識の代表のような顔をしている欧米諸大国の指導者の了解と援護のもと、白昼堂々と犯されているからである。 ※5/4/2024、東京新聞「本音のコラム」

          ガザという不条理を訴え続けるのはそれが、普段は人権の守護戦士を気取り、世界の良識の代表のような顔をしている欧米諸大国の指導者の了解と援護のもと、白昼堂々と犯されているからである。 ※5/4/2024、東京新聞「本音のコラム」

          ‘Crime Minister’ ※5/8/2024, Takvim (イスラエルで行われた反ネタニヤフ首相デモで掲げられた横断幕。トルコ紙の1面)

          ‘Crime Minister’ ※5/8/2024, Takvim (イスラエルで行われた反ネタニヤフ首相デモで掲げられた横断幕。トルコ紙の1面)

          「こんな服従ばかりしている世の中には絶対に服従しない」 (唐十郎) ※5/6/2024、東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/325354

          「こんな服従ばかりしている世の中には絶対に服従しない」 (唐十郎) ※5/6/2024、東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/325354

          アブドゥルラザク・グルナの『楽園』は、手にした瞬間、自分の知らないアフリカに思い切り揺さぶられる予感がした…グルナは、自分が作品を書くことは制圧者により乱暴に要約されてきた「我々の複雑で小さな世界」を再構築する営みだと語る。 ※2/27/2024、東京新聞夕刊「海外文学の森」

          アブドゥルラザク・グルナの『楽園』は、手にした瞬間、自分の知らないアフリカに思い切り揺さぶられる予感がした…グルナは、自分が作品を書くことは制圧者により乱暴に要約されてきた「我々の複雑で小さな世界」を再構築する営みだと語る。 ※2/27/2024、東京新聞夕刊「海外文学の森」

          みじんも化粧せず、白粉のかわりに、健康がぷんぷん匂う清潔さで、あなたはぼくを惹きつけた。 …あなたは、いったい、ぼくが好きだったんでしょうか。 ※「オリンポスの彼女」(田中英光、1940) https://www.aozora.gr.jp/cards/000126/files/669_43608.html

          みじんも化粧せず、白粉のかわりに、健康がぷんぷん匂う清潔さで、あなたはぼくを惹きつけた。 …あなたは、いったい、ぼくが好きだったんでしょうか。 ※「オリンポスの彼女」(田中英光、1940) https://www.aozora.gr.jp/cards/000126/files/669_43608.html