【自己紹介】〜採用面接を真似て〜

どんな人が書いているんだ?と気になる質なので、自己紹介させていただきます。

現在30代、共働き主婦のまーやんと申します。

普段は中小企業で人事担当をしており、採用関係の現場に約6年携わっています。新卒さんから中途の方、アルバイトの方、色々な世代の方の面接官をさせていただいたり、総務的な入社手続きや、社内研修などをしています。

その前は人材業界で営業をしていましたので、人材関連のお仕事に携わる

もっとみる

34日め

本当のところ
やったー、最高、たまんない、わーい
しか言いたくない。

すきな言葉は
とっておき、選りすぐり、究極。

頭悪そう…。

5/27、昼過ぎからだらだらと支度して16:30にJ氏が車で迎えにきてくれた。

明日から出張だそうで(J氏は頻繁に短期の出張に行く)、一緒に中華を食べた。オープン直後に滑り込んだのでお客さんはとても少なく、全席にアルコールスプレー完備。このお店も対策は万全に思え

もっとみる

こんなビジネスしてみたいな

最近【働く】ことについて考えている。

どんなものなら
自分にできそうか
需要がありそうか

既にあるビジネスにイメージが
引っ張られてしまったり
なかなか難しい。
先駆者となる人は
やはり光るセンスがあるのだろう。

.
.
.
.

彼の要望により、
SwitchLiteのスキンシールを
自作できないか模索している。
既にあるデザインではなく、
自分だけのオリジナルのものにしたいそうだ。

もっとみる
今日の心の天気は晴れです♪
10

はじめましてのごあいさつ。

ある方の記事を見るために、その方の企画に参加するために、noteの登録をしました。その方や企画についてはまた今後の記事で。(追記、投稿し始めているのでもしよかったら覗いてみてください)

最初から企画に参加するだけじゃ味気ないし、せっかくだから最初はやっぱり自己紹介をしておこう!ということで、自己紹介をします。

noteって本当にいろんな使い方があるよね。何書けばいいかわかんないけど、とりあえず

もっとみる
見てくれてありがとうございます🌟
26

好きな言葉1

過去に何かあっても

今日が一番遠い日

明日になればもっと離れる。

色々と辛く悲しい?

のか何がなんだか分からなくなった

何を、誰を信じていいのか?

ことがあった1年前。

懇意にしていた人の別れ。

あの日の夜、あまりの恐怖に

眠れずただ震えていた。

後にも先にもそんなことは初めて。

相当なショックでした。

そんなことがあったけど、

今はなんとなくでも寝られてる。

まだ気持

もっとみる
嬉しいです。
1

わたしの好きな言葉

一目惚れでした。出会った頃からずっと好きで、使いたくても間違って使いたくない。迷って悩んで結局使わずじまいのこの言葉。それは、「〜かしらん」!
「かしら」もあるけど、私は「かしらん」が好きなのです。

初めての出会いは中学生の時です。遅めですね。
私は作文が苦手でたまに書き方の本を読んでいたのです。それは論文等の文章の読みやすさを考える本でした。そのなかの文の調子とはちょっと違う文字面で、すこし引

もっとみる
わああ!ありがとうございます!!
4

好きな言葉の話

こんにちは。はるです。

突然ですが、みなさんは「好きな言葉はなに? 」と聞かれてなにを思い浮かべますか?

私は、「たっぷり」を思い浮かべます。

は?

って思ったでしょ?

普通、この手の質問をされたら

「ありがとう」

とか

「好き」

とか、言われて気持ちがよかった言葉や

「我が生涯に一片の悔いなし」

のような、漫画や映画などの名言を挙げますよね。

でも、私は今まで生きてきて「

もっとみる
ひょー!スキありがとうございます〜!
1

ないないの引き寄せ

お金がない、だとか
時間がない、だとか
いいことない、とか
ないない言ってる人とは付き合わないことにしている

ないない言ってるから「ない」状態を引き寄せてるということに気づいていない

武士は食わねど高楊枝

この言葉は大好物

ボロを着てても心は錦

これも大好物

嬉しい😆
4

シレン

今日は何もしない、と意を決して、最後に辿り着いたのは『風来のシレン』というゲームを題材に書かれたコラムだった。

最近に至っては好きな言葉も失いつつあるようで、それを取り戻したいと遠くに残っていたその人のコラム集を読んだ。
20数本あるコラムを12本ほど読み返して、以前と違う感覚を得たのか、この文章構成でこの文字数であれば、と何となく、あくまでも感覚的な域は脱しないけれど、わたしなりの時間配分と照

もっとみる

適者生存

胸を掴まれたある言葉があります。「適者生存」です。

この言葉は社会進化論の提唱者である哲学者のハーバート・スペンサーが発案した概念のことです。
意味は「環境にもっとも適応した者が生き残っていく」というもの。

しかし、私が知ったのはそれとは少し違う解釈で、

ある環境があってそれに適合している者ほど、ネアンデルタール人のように突然絶滅する。
しかし、そこに適応せずこれから環境に適応しようとする不

もっとみる
ロケンロー!ありがとう!
13