言の葉】忘れてはならない日々

痛みを伴わないと 大切さに気がつかないのかと 失って身にしみる。 歴史は大きな権力を持つ少人数の大人たちが決め 無数の正しいけれど小さな声は、かき消されてしまう。 正しい声もいつしか小さくなり 正しくない歴史が刻まれていた。 訴え続けなければならない事は 分かっているはずなのに。 …

謙遜しすぎる人

謙遜しすぎて、自分を日々コツコツ自然に低めているのに気づかない人がいる。 お仕事で、インタビュー記事を書く機会がある。 相手のお話をうかがいながら記事にするので、たくさんの質問をさせてもらうのだけど、インタビューを受ける方が経歴や実績のサイズにかかわらず、言葉のはしばしに自身を低…

ものすっごく邪魔、だと思ったお話

朝、仕事に向かうときに通る道で よく見かける眼鏡の男子高校生。 いつも一人だけどニコニコ楽しそうに笑ってる。 軽くステップを踏むような歩き方がまたさらに楽しそうに見えて 私もつられて笑顔になってることに気づく。 …と ここまで読んだ方は、どんな男の子を想像するんだろう。 私の見立…

無駄に生きるな熱く死ね

現状維持。ぬるま湯な環境。 それらの環境は、すごく居心地は良いだろうが、自分の成長からは遠ざかる環境だ。 「安定」という言葉や環境が、どれだけ人をダメにするか? 冒険心が無くなり、平凡な道を歩む事になる。 はっきりとさせておかなければならない事。 平凡が一番怖いという事。 「平凡…

大手新聞に大きく広告を出したものが捏造されたキャッチコピーであったなら

大手新聞に大きく広告を出したものが事実を歪曲したキャッチコピーだったという件。 広告の中で指摘されている竹槍は正確には薙刀である、という指摘について、制作元の宝島社は「竹槍も薙刀も非科学的な気休めの論理で対策しようとする点で同じ」となんとも苦しい言い訳。 薙刀を竹槍と間違えるのも…

「やせた?」と言われて思うこと。

私が参加している展覧会「Fashion Crossroad2021春夏」(ただいま開催中です。)に、ハープ奏者をしている友人が初日に来てくれた。 コンサートで舞台の上にいる彼女はいつもブルーや花柄ピンクのドレス姿。 演奏する姿はキリッとしていて優雅で美しい。 しかし地上に降りた同い年の彼女は中学時代か…

よくある言葉を「自分らしい文章」に変えるには?

オンラインサロン「心をつかむ文章ラボ」の月に1度の勉強会。 今回のテーマは、「よくある表現をどう言い換えるか」。 ありふれた慣用句や、 ワクワク・ドキドキ、モヤモヤ・イライラなどのオノマトペを使わずに、どう書くか? を練習しました。 なぜか、「ズバッと短くまとめなきゃ」と思い込ん…

ことば

こんばんは、ご無沙汰しております、ぼく我わたしです。 僕なりに割と忙しくさせておりまして。。 かれこれ1ヶ月以上noteが書けておらず、「締め切り」がある事柄をお仕事にしている方々の凄さをしみじみと感じております。 そんなこんなで久しくなりますが、もしよろしければ片手間にでも読んでいただ…

子どもへのペップトーク

家の中はペップトークの気づきだらけ! 子育ては言葉かけだらけ。 今日の事例 ①朝ごはんをゆっくり食べている息子が『遊ぶ時間なくなる?』と聞いてきた。 →さっさと食べへんから時間なくなるねん、早く食べよ! ペップチェンジ🔁 →目の前にあるご飯さっさと食べたら遊ぶ時間まだあるよ!早く…

【言葉で伝える】

【言葉で伝える】 言わんとわからん …ただこれだけ。 言わんでも わかってくれるだろう …わからんて。 変に考えずに 伝えることから始めよう おしまい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 最後まで読んで頂いて本当に有難う御座います! 生意気だと理解の上、投稿させ…