しみずみえ

子どもの育ちとあそびの専門家。誰もが自分らしくあるための「あそび」の魅力を発信中。子どもの育ちに関わる大人の在り方が最近のテーマ。著作『あそびのじかん-こどもの世界が広がる遊びと大人の関わり方』英治出版。こども×おとな×しごとプロジェクト代表。http://kocp.net/
  • 情報が多い中で、考えていることをアウトプットする場を作りたい。「深呼吸も吐いて吸う」受け入れるためにはアウトプットも重要
    2フォロワー
固定された記事

小学生に1日1日をわくわく過ごしてもらいたくて「おうちしょうがっこう」という居場所をつくった

オフラインの過ごし方のサポートを目的とした オンラインの「居場所」を作ろう、と思い 「おうちしょうがっこう」という場を始めました。 (始めよう、と思った経緯はこち…

オンラインの場づくりで大切だったことは、普段から大切なことと変わらなかった

4月・5月と、2カ月間、「おうちしょうがっこう」を続けました。 最後の日となった、5月末。 保護者の方から、とても嬉しいコメントを頂きました。 「個性の違う子どもたち…

「新しい生活様式」だとしても 子どもたちには他者と出会う豊かさを伝え続けたい

2月末に休校が決まってから、ずっと、 子どもの過ごし方のことを考えて、発信してきました。 子どもの育ちと遊びが私の専門分野であり そのことの発信が、きっと 誰かのお…

「おうちしょうがっこう(オンライン朝の会)」12日間の実践の記録をまとめた資料を公開しました

4月から、おうちしょうがっこう、という取り組みをしています。 子どもたちがオフラインを楽しく過ごせることを目的にした、オンラインの居場所です。 オンラインのコン…

子どもたちの「オフラインの過ごし方のサポートを目的としたオンラインの居場所」を始めてみる

今のこの状況で 私にできることは何か、と考え 「小学生が、おうちでの生活を すてきに過ごすための居場所」を 作ってみることにしました。 題して「おうちしょうがっこう…

「じっくりの遊び」を毎日発信して 気づくこと

心の準備ができていないのに 全国の子どもたちが、長期間、家にいなくちゃいけない! という事態が発生して 私にできることは何だろう・・・と 管理しているFacebookページ…