しみずみえ/親子あそびの専門家

子どもの育ちとあそびの専門家。誰もが自分らしくあるための「あそび」の魅力を発信中。子どもの育ちに関わる大人の在り方が最近のテーマ。著作『あそびのじかん-こどもの世界が広がる遊びと大人の関わり方』英治出版。WEB:こども×おとな×しごとプロジェクト http://kocp.net/

しみずみえ/親子あそびの専門家

子どもの育ちとあそびの専門家。誰もが自分らしくあるための「あそび」の魅力を発信中。子どもの育ちに関わる大人の在り方が最近のテーマ。著作『あそびのじかん-こどもの世界が広がる遊びと大人の関わり方』英治出版。WEB:こども×おとな×しごとプロジェクト http://kocp.net/

    マガジン

    • 絵本はもっと遊びになる

      絵本の魅力に、もっともっと出会いたい! 絵本を選ぶことを楽しんだり、読んだ絵本を生活につなげたり、絵本からおしゃべりが広がったり・・・。絵本を使って、「読む」以外にも、こんなに楽しめるよ、というアイディアを紹介していきます。 絵本はもっと遊びになる!

    • 特別じゃない遊び

      遊びは日常です。時には、張り切って準備したり、貴重な道具や材料を使う「特別な遊び」もあるけれど、基本的には、毎日毎日続く日常です。だから、身の回りのものを使って、あまり頑張らなくてもできる【特別じゃないあそび】のアイディアをご紹介していきます。日々の遊びのネタが少しでも増えれば嬉しいです。

    • ウチあそびのアイディア

      お休みの日には、がっつり楽しむ遊び。雨の日は、ウチの中でも発散できる遊び。そして、毎日の「特別じゃない遊び」・・・と、家で遊べるアイディアを、目一杯ご紹介!

    • はじめよう親子遊び

      様々な遊びを、どんな風に始めたらいいのか、具体的な方法や、道具の選び方、遊びの広げ方をお伝えするシリーズです。 初めてはさみを練習する時、初めてクレヨンを使う時・・・など、道具や素材との初めての出会いが、親子ともに楽しいものであったらいいなぁと願って、記事を書いています。

    • 私の好きな世界のMuseum

      子どもたちと共に訪れたMuseumをご紹介しています。子どもの育ちと遊びの専門家として、子どもたちが世界への興味を広げるためにどんな環境が作れるだろうか、という目線で、Museumの魅力や展示の特徴、子どもたちの反応などをお伝えします。

    最近の記事

    固定された記事

    こどもミュージアムを創りたい。

    大人になって夢を語るのは気恥ずかしいけれど、大人こそ夢を言葉にしようよ、という記事を書きました。 私自身が、自分の夢を言葉にすることへの気恥ずかしさを吹っ切るために書いた記事です。自分が実現したいことを、ちゃんと言葉にしなくちゃね、と、自分を奮い立たせながら、書いています。 こどもミュージアムを創りたいこどもミュージアムを創りたい、と思っています。 「チルドレンズミュージアム」でもいいし、「子どもの城」でもいいのですが、とにかく、子どもたちが目一杯遊ぶための場を創りたい

    スキ
    111
      • 「自由研究」の題材とか見映えには(親は)あまりこだわらなくていいよね

        夏休みが始まりますね。 小学生の保護者のみなさんにとって、悩ましいものの代表格は、夏休みの宿題、とりわけ、自由研究ではないでしょうか。 ・・・という書き出しに、たぶん、多くの保護者の方たちが、「うん、うん」とうなづいたと思うのですが、よく考えれば、おかしな話。子どもの宿題なのに、どうして、親たちがアタマを悩ませなくちゃいけないのかしら。 今日は「自由研究」について、思うところを、つらつらと書いてみようと思います。 自由研究はすてきな宿題私自身が子どもの頃を振り返れば、

        スキ
        18
        • 【季節のおすすめ絵本】7月:冒険に出かけよう

          夏は冒険の季節、という感じがしませんか? 夏休みがあるから、という理由もあると思いますが、暑くて暑くてエネルギーに満ちた「夏」という季節は、なんとなく未知の世界への興味を掻き立ててくれるような気もします。 夏休みにちょっとした冒険(はじめて1人で泊まる、とか、キャンプに行く、とか、はじめて1人で電車に乗る、とか)を控えているならば、その前に冒険の絵本を読んで、勇気をもらうのもいいかもしれませんね。 と言う訳で、7月は〈冒険に出かけよう〉というテーマでご紹介します。 まず

          スキ
          8
          • 本当に大切なのは「多様性」なのか?

            なぜ「多様性」が大事なんだろう? そんなことを考えたのは、「多様性のある集団は生産性が高く、同質性の高い集団は居心地が良い」という文章を目にしたからだ。 気になって検索してみると、〈多様性のある集団〉のメリットを指摘している文章がいくつか目に留まった。「生産性が高い」だけではなく、「集団的知性が高い」「想定外の状況への対応力が高い」などと語られ、だから、多様性が大事だよね、と締めくくられている。 なんだか、もやもやした。 「同質性が高い方が居心地がいいけど、集団を強く

            スキ
            20

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 絵本はもっと遊びになる

            • 30本

            絵本の魅力に、もっともっと出会いたい! 絵本を選ぶことを楽しんだり、読んだ絵本を生活につなげたり、絵本からおしゃべりが広がったり・・・。絵本を使って、「読む」以外にも、こんなに楽しめるよ、というアイディアを紹介していきます。 絵本はもっと遊びになる!

          • 特別じゃない遊び

            • 19本

            遊びは日常です。時には、張り切って準備したり、貴重な道具や材料を使う「特別な遊び」もあるけれど、基本的には、毎日毎日続く日常です。だから、身の回りのものを使って、あまり頑張らなくてもできる【特別じゃないあそび】のアイディアをご紹介していきます。日々の遊びのネタが少しでも増えれば嬉しいです。

          • ウチあそびのアイディア

            • 31本

            お休みの日には、がっつり楽しむ遊び。雨の日は、ウチの中でも発散できる遊び。そして、毎日の「特別じゃない遊び」・・・と、家で遊べるアイディアを、目一杯ご紹介!

          • はじめよう親子遊び

            • 12本

            様々な遊びを、どんな風に始めたらいいのか、具体的な方法や、道具の選び方、遊びの広げ方をお伝えするシリーズです。 初めてはさみを練習する時、初めてクレヨンを使う時・・・など、道具や素材との初めての出会いが、親子ともに楽しいものであったらいいなぁと願って、記事を書いています。

          • 私の好きな世界のMuseum

            • 21本

            子どもたちと共に訪れたMuseumをご紹介しています。子どもの育ちと遊びの専門家として、子どもたちが世界への興味を広げるためにどんな環境が作れるだろうか、という目線で、Museumの魅力や展示の特徴、子どもたちの反応などをお伝えします。

          • 絵本はもっと遊びになる

            • 30本

            絵本の魅力に、もっともっと出会いたい! 絵本を選ぶことを楽しんだり、読んだ絵本を生活につなげたり、絵本からおしゃべりが広がったり・・・。絵本を使って、「読む」以外にも、こんなに楽しめるよ、というアイディアを紹介していきます。 絵本はもっと遊びになる!

          • 特別じゃない遊び

            • 19本

            遊びは日常です。時には、張り切って準備したり、貴重な道具や材料を使う「特別な遊び」もあるけれど、基本的には、毎日毎日続く日常です。だから、身の回りのものを使って、あまり頑張らなくてもできる【特別じゃないあそび】のアイディアをご紹介していきます。日々の遊びのネタが少しでも増えれば嬉しいです。

          • ウチあそびのアイディア

            • 31本

            お休みの日には、がっつり楽しむ遊び。雨の日は、ウチの中でも発散できる遊び。そして、毎日の「特別じゃない遊び」・・・と、家で遊べるアイディアを、目一杯ご紹介!

          • はじめよう親子遊び

            • 12本

            様々な遊びを、どんな風に始めたらいいのか、具体的な方法や、道具の選び方、遊びの広げ方をお伝えするシリーズです。 初めてはさみを練習する時、初めてクレヨンを使う時・・・など、道具や素材との初めての出会いが、親子ともに楽しいものであったらいいなぁと願って、記事を書いています。

          • 私の好きな世界のMuseum

            • 21本

            子どもたちと共に訪れたMuseumをご紹介しています。子どもの育ちと遊びの専門家として、子どもたちが世界への興味を広げるためにどんな環境が作れるだろうか、という目線で、Museumの魅力や展示の特徴、子どもたちの反応などをお伝えします。

          記事

          記事をすべて見る
            • 【絵本から広がるあそび】12さつ目『コッコさんとあめふり』

              絵本を入り口にして、そこから広がるあそびのアイディアをご紹介します。 今回の絵本は『コッコさんとあめふり』(片山健:作 福音館書店) どんな絵本?雨が降り続くある日、コッコさんは「てるてる坊主」を作ります。 「てるてる坊主」に願いをこめても、なかなか雨はやみません。 そこでコッコさんがやったことは・・・。 あそび てるてる坊主をつくろう!てるてる坊主、作ったことがある人は多いと思います。 そのてるてる坊主、ティッシュとか、チラシの裏紙とかで作りませんでしたか?雨がやんで、

              スキ
              11
              • 【季節のおすすめ絵本】6月:雨の日は特別な日

                雨の絵本、傘の絵本って、とても多いんですよね。 子どもたちにとって「雨」と言うのは、日常で味わえる非日常だからじゃないかな、と思います。予期せず訪れる身近なイベント。 今日は、そんな〈雨の日は 特別な日〉を感じられる絵本をご紹介します。 まずは、雨の日のお出かけが楽しくなる1冊から。 そして、雨の日のお出かけが楽しくなる絵本をもう1冊。 おじさんが初めてかさをさした日のことは、ユーモラスに描かれましたが、もっと小さな子どもにとっては、人生の大きな1ページかもしれません。

                スキ
                13
                • 〈いい子〉でいたら、いけないのかな?

                  子どもたちに対して、〈いい子〉な振る舞いを求めるのはやめたほうがいいよね、と考える人が、じわじわと増えているように感じます。 ここで〈いい子〉と言うのは、ステレオタイプ的な意味で使っています。「大人の言うことに素直に従う優等生」くらいのイメージです。 子どもをコントロールしない〈いい子〉であることを求めない方がいい、と思う人が増えている理由の1つは「子どもをコントロールするのではなく、個々の在り方を尊重することが大切だよね」という意識の広がりにあると思います。 子どもの在

                  スキ
                  44
                  • 【絵本から広がるあそび】11さつ目『おせんべ やけたかな』

                    絵本を入り口にして、そこから広がるあそびのアイディアをご紹介します。 今回の絵本は『おせんべ やけたかな』(こがようこ:構成/文 降矢なな:絵 童心社) どんな絵本?「お・せ・ん・べ・や・け・た・か・な」でページをめくると、おせんべいが1枚焼けて、にっこり!わらべうたの手遊びを、絵本ならではの楽しみ方で味わえる本です。 あそび① わらべうたあそび子どもの頃、「お・せ・ん・べ・や・け・た・か・な」という、わらべうたで遊んだでしょうか。遊び方は簡単。 手のひらをおせんべいに見

                    スキ
                    7
                    • 【季節のおすすめ絵本】5月:今日は なにを 着ようかな

                      「服」は1年中着ていますが、春先は、ちょっぴり特別な気がします。冬の間いつも同じコートを着ていたのに、春になって、コートを脱ぎ、青空の下で、毎日違う、色とりどりの服が着られる季節。なんだか、脱皮して、美しい羽根を披露するちょうちょみたいじゃないですか? そこで、5月は〈今日は なにを 着ようかな〉というテーマの絵本をご紹介します。 最初は、毎日のお着換えの時に役立つ1冊から。 最初は、大人の手を借りていた子どもが、だんだん、自分でもお着換えができるようになります。最初は、

                      スキ
                      11
                      • 【私のテーマカラー】「小さな赤」は私の象徴

                        おもちゃの企画開発の仕事をしていた時、「色」の面白さを知った。 企画開発の段階では、思っている以上に「色」を決める場面が多い。 商品も、パッケージも、取扱説明書も。 扱えば扱う程、色は奥が深くて、難しくて、面白かった。 「ピンクからの卒業」という現象消費者である子どもに選んでもらえるように、好まれる色も調査した。 面白いことがある。 特定の属性において、圧倒的に好まれるのは「ピンク」だった。でも、この「ピンク」という回答は、年齢が上がると一気に少なくなる。時代による流

                        スキ
                        17
                        • 「やりたい!」の芽が育つ きっかけをつくる

                          「何かをつくることが好き」という子どもに、たくさん出会ってきました。 一言で「何かをつくる」と言っても、その「何か」は本当に色々です。空き箱を駆使して新しいものを創り出す人もいれば、ブロックや積木を使って日々オリジナルなものを生み出す人もいます。 そして、折り紙のように、ある程度の型に沿って作ることが好きな人もいます。 今日は、そういう「ある程度の型に沿って作ることが好き」という場合の話をしたいと思います。 作り方を教えてくれる便利なサイトは増えている折り紙を例に話を

                          スキ
                          42
                          • 楽しいから、って理由だけで、子育てする訳じゃない

                            〈(将来、子どもを育てたいという選択を促すために)親になる前の若者に子育ての楽しさをもっと伝えよう〉という趣旨の文章を読みながら、いつも、何かが、引っかかるなるなぁ、って思っていた。 いや、「子育ては大変だ!!!」とか「もっと覚悟が必要だ!!!」などと言いたい訳ではない。むしろ私は、大人たちに、子どもと向き合う生活を楽しむための考え方や方法をお伝えすることを仕事にしている訳だし。 ただ、そんな私だって、「別に楽しいから、っていう理由だけで、子育てしてる訳じゃないよね」とは

                            スキ
                            22
                            • 【絵本から広がるあそび】10さつ目『もりのピザやさん』

                              絵本を入り口にして、そこから広がるあそびのアイディアをご紹介します。 今回の絵本は『もりのピザやさん』(舟崎靖子:作 奈良坂智子:絵 偕成社) どんな絵本?『もりのピザやさん』という題名は聞き覚えがなくても、「もりはおもしろランド」というシリーズの絵本のどれかは、目にしたことがあるかもしれません。(リンク:偕成社のウェブマガジンで紹介されていました。) 自分の姿そっくりの「あなたの形のケーキ」を作ってくれる いたちのおかしやさん。もりの仲間たちの体に合わせて自転車をカスタ

                              スキ
                              10
                              • 【絵本から広がるあそび】9さつ目『こぶたはなこさんのおべんとう』

                                絵本を入り口にして、そこから広がるあそびのアイディアをご紹介します。 今回の絵本は『こぶたはなこさんのおべんとう』(くどうなおこ:文 いけずみひろこ:絵 童話屋) どんな絵本?こぶたはなこさんと、こりすすみえさん、仲良しの2人が、お弁当を持って、ピクニックに出かけるお話。目的地まで行く途中、休憩するたびに、何かしらお弁当を食べて・・・。〈気負わないピクニック〉の楽しみが存分に感じられます。 こぶたはなこさんの絵本は、シリーズで何冊かありますが、どのお話も、本当に愛らしく、微

                                スキ
                                6
                                • 【絵本から広がるあそび】8さつ目『おにぎり』

                                  絵本を入り口にして、そこから広がるあそびのアイディアをご紹介します。 今回の絵本は『おにぎり』(平山英三:文 平山和子:絵 福音館書店) どんな絵本?丁寧な言葉と、やさしい絵で、おにぎりを作る絵本です。1個ずつ、丁寧に、ぎゅっぎゅっと握ったおにぎりは、本当においしそう。ご飯の湯気のにおいも感じられて、おにぎりが食べたくなります。 あそび① おにぎりをつくろうこんな直球ストレートな絵本を読んだ後は、もう、直球ストレートに、「やってみよう!」って言うしかありません。おにぎり、

                                  スキ
                                  10
                                  • 【絵本から広がるあそび】7さつ目『きんぎょが にげた』

                                    絵本を入り口にして、そこから広がるあそびのアイディアをご紹介します。 今回の絵本は『きんぎょがにげた』(五味太郎:作 福音館書店) どんな絵本?金魚鉢から逃げたきんぎょは、ウチの中のあちらこちらで、かくれんぼ。絵の中に隠れたきんぎょを探して、「みーつけた!」という喜びをいっぱい味わえる絵本です。 読み聞かせの時は、きんぎょを見つけたことが嬉しくて、子どもたちが、どんどん本の前までやってきて、「これ!」「ここ!」と指さして教えてくれます。 あそび① どっちの手に 入ってるか

                                    スキ
                                    12