古巣

第二の故郷、下北沢(初心に帰る)
+2

第二の故郷、下北沢(初心に帰る)

こんにちは セラピストようちゃんです。 (闘病中) 冠婚葬祭の路上アンケート取りのバイトは 思っているよりキツイ。 ずっとこればっかりだと、暗くて辛い。 そもそも私は離脱患者なんだけど陽キャラなもんで、ついつい満面の笑みなってしまう。落ち着きのある冷静さが必要な仕事なので「キャラ的に無理がある。」 3分咲きの笑顔に留めておけない。自然と8分咲きまでいってしまう。葬祭ではこれは不謹慎だ! それと、年配者が少し苦手です。 (明るいご老人は好きですが、どうも病的に病いがある方

スキ
15
古巣を離れる

古巣を離れる

金曜日の夕方に赴任先から古巣に戻ってきて 今日、赴任先へ出発 古巣は緊急事態宣言が発令されている地域なので、お忍びでそそくさと 不祥事もあったけど、21年過ごした場所 今回はなんだか感慨深い 多分、来週、処分が出て 同僚は会社を去るのだろう 切ない 来週起こるであろうこの一連の出来事を知ってか知らずか、別の元同僚からLINEが来た コロナが明けたらゴルフしましょうって 古巣と赴任先の真ん中でやりましょうと言ってくれたが、古巣でやろうと提案した 実現するの

古巣【ふるす】に対応する今を表現する言葉は?

古巣【ふるす】に対応する今を表現する言葉は?

昨日はワタシが以前に勤めていたリラクゼーションの会社で共に働いたセラピストさんに会いました。 共に働いたと言っても、 その彼女が読売ジャイアンツのレギュラーで 首位打者を取るような一流選手だとするなら、 ワタシは球場にはたまにしか顔を出さない本社フロントの人で、 野球出来ないくせにちょっと偉そうな人。 みたいな関係であって、 同じ会社ってことで想いみたいなところは「共に」なんですけど役割はまったく違うという「共に」でった人です。 その彼女と久しぶりに話をしていてですね、

スキ
1
プロと組んだバンド活動

プロと組んだバンド活動

そしてHさんと社長のコネで集まった各楽器のプロ集団。 ドラムもベースもギターもキーボードも完璧でした。 これまではオケ(あらかじめ作られた所謂カラオケ状態の音源のこと)でしか歌ってこなかった私にとって、初めての生音でした。 いくらプロが集まったとはいえ、そこには独特のグルーブが存在し、ボーカルを含めた全員でそのグルーブを感じながら演奏する必要がありました。 そして生音は音圧がすごい! 迫力が一気に増します。

スキ
9
有料
100
210530 色褪せずに思い出は。

210530 色褪せずに思い出は。

今日は暑いくらいでしたね! ユキです、こんばんは。 でもその時Yah⚫︎oの天気見たら21.5℃でした。 嘘でしょ〜(°▽°) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 先日の会議でなんとなーく緊急事態宣言が明けてもリモート出来そうな雰囲気だったので、「これは♡」と一気に部屋作りをした今日。 朝から収納BOXを買いに行ったり、断捨離したりでバタバタした1日を過ごしていました。 午後になりひと段落。 はぁ〜とケータイを取り出し、とあるアプリをポチッと。 すると前職(ケータイ販売)の同僚の投稿

スキ
14
出戻り社員はなぜ活躍するのかを考えてみた

出戻り社員はなぜ活躍するのかを考えてみた

こんにちは、リデザインワーク代表&ベーシックCOOの林です! ベーシックは、一度会社を離れたメンバーが戻ってきてからも活躍してくれている人が多い会社です。 なぜ出戻り社員が活躍してくれているのかを考えてみました。 その前に、僕は「出戻り社員」という言葉があまり好きではありません。 なんとなく、元に戻った感じがあって、ステップアップしている感じの言葉に聞こえないからなのかなぁと思っていたら、村上さんのnoteに出会い、非常に納得感が高かったのでシェアしておきます。 僕らは

スキ
63
ギャラリーカフェ木立
+6

ギャラリーカフェ木立

スキ
1
晴天の中のドライブその2

晴天の中のドライブその2

今日は高速も使って30分ほど運転してギャラリーカフェ木立へ行ってきました🚗古巣🕊昔、私がお絵描き教室へ通っていたころ、自宅より楽しくて週3くらい遊びに行っていたような…場所は少し変わり、そしてその頃、生まれたばかりだったキミちゃんが、今日は美味しいドライカレーを出してくれた🍛長く感じている時間もあっという間なのかなあぁ。。色々話は尽きないけど、遊びに行った私と違い皆様お忙しそうだし、いつかまた✨意外と近いうちかもね⁈そんな感じで、帰りは下道でバイク用品店に寄ったりして、バイク

10年近くの思い出をありがとう

10年近くの思い出をありがとう

今日は思いのままに書き綴ります。書き綴って残したいことがあったから。 あまり編集もせずに伸び伸びと。 私の中で10年はとても大きい。まだ20代前半。10年間は私のまだ短い人生の約半分。その長さにあたる。 約10年間近く打ち込めたものが2つある。1つ目は水泳、2つ目は合唱団。今日はその合唱団のお話。 今朝、合唱団の恩師から卒団生向けにメッセージが送られてきた。内容は「結成以来、レッスン場所として使ってきた施設が今月いっぱいで閉鎖になる。今後はレッスン場所を探しながら、続

スキ
22
空き巣!

空き巣!

あっ、鳥の巣のことです。 静かだなぁと思って覗いたら、巣だけが。 戻ってくる気配もなく、雛たちも巣立ったのでしょう。 まだ暗い朝のうちから、ピーピーと鳴いていた雛鳥も、今頃は大空を悠々と羽ばたいているのね。 古巣へ帰るってことは無いのかな?未練がましいかな私・・・。

スキ
2