dragoniata

沖縄のシーサーが好きで、シーサーの絵等、描いたりしています。 それ以外で、CORELのCOREL DRAWで書いたイラストを出しています。よろず屋なことを書きます。 時に抽象的な文書も書くので、よろしく。三木清、田辺元等の著作読み、書きします。

dragoniata

沖縄のシーサーが好きで、シーサーの絵等、描いたりしています。 それ以外で、CORELのCOREL DRAWで書いたイラストを出しています。よろず屋なことを書きます。 時に抽象的な文書も書くので、よろしく。三木清、田辺元等の著作読み、書きします。

    マガジン

    • かいた作品を投稿しています。 主に人生のはけ口を書いたりしてます。

    • 整理 沖縄時代

      沖縄時代の苦い思いでの整理する場所。 同じ思い出を出すのが多いが、見方を変えたり、表現の仕方を変えたりして出す予定。話すだけ価値のないことになるが、沖縄で苦しんでいる人 の為に参考になれば望ましいと思います。

    • 詩 販売

      書きためた詩を出す。日常の不満や思うことを 題材にして。

    • エッセー

      主に書き溜めたことを書いて、文章にして出す所。

    • 哲学ノート

    最近の記事

    • 固定された記事

    三木清の習慣(人生論ノート)をアレンジしたもの。

    三木清という哲学者の考え方の適当な解釈。 自分が、人間関係を研究するなかで、参考にしてた物の一つ、用いて、組み立てた。 人間の習慣。 1.人間は、習慣に包まれている。 引用、人生論ノート、習慣についてから、幾つか拾って。 人間の持つ習慣は、人間の第二の自然と言われている。それは、生活史の基盤とも言える。 それは、意識と生命の原形式とされる。 意識は外に向く。生命は内的だが、互いに作用する。矛盾して。 2 習慣は、意識と生命により動く。 3 生命と意識により、人間は

      • 書いてみて、思ったこと

        二つの概念の比較|dragoniata|note 沖縄に住んでて思ったこと|dragoniata|note 埋没 |dragoniata|note 主に上記の事を書いた。他にまだたくさん記事がある。 これらのこと書いてて、よさこい踊り団体に嫉妬もあるのだろう。 その一方で、よさこい踊りの価値を勝ち誇る態度がある。イベントで踊って成功すれば価値とし、はしゃぐことに。 見ていて苦しく、悔しかった。 こっちは当時何をしても、結果が出なく、失敗ばかりだったから。 哲学、抽象的

        • デマ太郎とよさこい節

          dema  でま デマ デマ太郎 コロナ ワクチン儲けのデマ太郎 コロナ コロナ コロナよさこい おどらにゃ そんそん? お金振る デマの太郎はユメミガチ ワクチン輸入で コロナ コロナと 配りだす ワクチン補助金 もうかる医者はもうかり中 その先の結果にも 無邪気に知らない 知らぬふり バカ医者 アホ医者 無能医者 食いっぱぐれない仕事と もてはやされて もうすぐ 落とし穴  やってきては もうからない 土佐の高知の夢の後 坊さん かんざし 供養するーを 見た―

          • 二つの概念の比較

            沖縄のよさこい踊り団体 感受性を言ってた。逆に言うと感受性を煽って、よさこい踊りに視線をむけさせてた。 感受性(よさこい踊りへの)→感受性を踊りへの共感へ仕向ける→同調→陶酔していく。 創価 イケダセンセイへの感受性→共感→同調、陶酔→創価へのお誘い? ※沖縄ほにやのリーダーは学会員。 沖縄ほにやのメーリングリスト内で、踊りの話に創価的な要素をいれてた。 やり方を比較すると、踊りへの自己陶酔させるやり方が創価のやり方ににてる。具体的に言うと、大勝利、勝利とかになる。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • dragoniata
          • 整理 沖縄時代
            dragoniata
          • 詩 販売
            dragoniata
            ¥100
          • エッセー
            dragoniata
          • 哲学ノート
            dragoniata
          • ドラマ
            dragoniata

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            沖縄に住んでて思ったこと

            沖縄に住んでて思ったこと 沖縄に住んでて、周囲の無理解さに苦しむ。大学卒業後の社会人サークル関係で。この団体はよさこい踊りに対する共感性しか認めてくれなかった。 それ以外は無関心。ズレながらも、哲学知識を些細なことで言うと抑えつけられて、封殺される。その理解が遅く、理解されていったときに、もうイヤになって辞めた。 あの当時はバカだったのだろう。建前ばかりに気を取られてた。 原因は女だ。気になっていた女に三下り半をつけられたのにもかかわらず、熱心にメールで話してた。それであ

            仲間? 意識?

            彼女は微笑んで言う 「これが会社の新しい方針なので」と そういう顔が浮かんだ 仕事してて ある日、社長に呼ばれた 「転籍しろ。あの作業所に。ここには残れない」と その半年前には 有無を言わさずに 労働時間を削られた 優遇されているのもいた 労働時間が削られていない 理不尽さを感じてた 彼女という上司は 労働時間削られた直後に 出世している 最初は見てて違和感あっても 気にならなかった 転籍の話が出た時点で すべてがつながる そんな気がした 彼女という上司も 社長の方

            シングル親

            シングル親 仕事をする。パートナーがいない状態。 子供のために働く。 働くために会社の為になりやすい? 子供とお金のために働く 時には子供の為と 言いながら 会社の為と言い換える 蒸し器 無意識 無意識に? その為ならば いともたやすく出世する すべての青春を失ったから 仕事のためにささげて 会社のために尽くし行く 時に 思考停止の果てに 子供が成長しては 出世して 豊かになっていく 身をやつして やつして 甘い夢にすがっては 通った 絶望に 相手との 話の齟齬が起

            スパーク 遺伝子

            作られた 遺伝子 体を貫く スパイク スパイクとスピーク? 痛みは続く 改造された痛みは スピークも ままならない 例え 遺伝子は 改造されても 君は君だ 誰もが 君の遺伝子の 輝きは奪えやしない スパーク スピーク? 対話を超えて 放て スパーク! 射ち鳴らせ!

            障害雇用の見方

            障害雇用 厄介なのは、上司がジョブコーチや相談員のような資格を持ち、寄り添う態度を表明してること。仕事であるのに、福祉的な面をいれて、矛盾している。 寄り添う態度をしても、仕事が忙しくなると態度が希薄になる。上司がジョブコーチや相談員のような資格をもち、持つために講習受けて、権力と権威を二重化していることがあり、やりにくさがある。その為に多事務所の相談員が必要になる面がある。 そもそも仕事であるのに、入ってきた上司がそれを言い出し過程の中でおかしくなる。なった。仕事なの

            学生時代の知人の話

            女性の上司の一例 その特徴 傾向|dragoniata|note その続き 学生時代にある知人居た。 その知人は学生結婚して、失敗して自分に泣きつかれた。 彼は女性を口説くことにおいては積極的で、常に女性のメンツを立てることに一生懸命だった。 その後、再び学生結婚して、社会人に会ってから、離婚したらしい。 ×3でようやく安定したと聞く。 その知人は女性に依存する人だった。付き合う過程で、夜の営みで気持ちよさを重視するらしくゴムには無関心だった。 その後2回目の失敗でゴム

            働く女 出世

            働く女 仕事を効率化しては 結果を残す 共感を擬態しては 出世する 無意識な感受性での 疎外感 金切り声の笑い声 声が 切りつけられるように やってくる 出世すれば それが支配的になっていく 共感を売りにしては ビジネス的に 切り売り中 マスコミ 女性ならではと 宣伝す

            前向きさというレトリック

            この国は 前向きさばかり言ってきては それに服従させる 考えさせることもなく 前向きさ 90年代から流行った魔法の言葉 アメリカの言葉らしい 次は楽しむことに置き換わる 日本は 行きたくもない学校に行っては その学校に服従して 楽しむことを強いられる そして学歴の階級で 見比べられては 見比べる 思考停止の為の前向きさ アメリカ人はすぐに決断しては 変えるらしい 何を楽しんでいるのか 日本人にはわからない 騙しの言葉 みんなの楽しみのみあって 個人の楽しみには無

            デマ太郎 愛の歌

            デマ太郎は 愛を叫んでは ブロックする ワクチンの愛を 叫んでは 疑わない それが愛だから 愛のための ワクチンだ きっと誰かを 笑顔にしてる だから、ブロックする その心に気づくまでは ブロック ブロック 愛は止まらない ブロック ブロック 愛の歌 愛が伝わらないと ブロックする それがデマ太郎 愛のために ブロック中! ブロック ブロック デマ太郎! あー あー あー 愛のために デマを叫ぶ デマ太郎の愛は 海より深い それが 

            女性の上司の一例 その特徴 傾向

            共感性 女の共感性は諸刃に等しい。 女は人間関係を共感性によって包括していく。 包んで、ネットワークを作る。 しかし共感性から疎外されると 自動的に対立する。 それが会社という固定化された場所になると猶更、対立となる。 女が上司だと上司の共感性、又は無意識な共感性に支配されやすく、包括されやすい。 その中で好かれないと、疎外される感じになる。 女の共感性は母性本能に近い。 その女の笑い声が時に金切り音のように聞こえてくる。 仕事にしか関心がなく、仕事に結果残した人間

            ほ×× 

            自己満足 自己満足 ほ〇やは ほ〇やで 見下しか? 高い価値に媚びて 低いのを見下しては 非農業民 行き先は 暖簾分けは 媚を売っては 服従中? 奈落の底に 傷のなめあい 地に落ちた 笑顔で踊る 笑顔で踊る 笑顔で踊る 薄気味悪く 最大公約数の楽しみに 合わして 踊る ほ〇や ほ〇やと クズ野郎 薄気味悪さに バカ野郎 ほ〇や ほ〇やと 糞野郎! タイトル 自慢と バカな 暖簾分け達は 自己陶酔に 踊りけり 対等でない奴らは 見下しか?

            そうか

            そうか そうか? なんみょーほーれんがっきょう クソくらえ 自力本願? 現実逃避するな? 言われたくもない 権威だけ崇拝するのみの奴らに 共感煽って 勤行 勤行 ごんぎょう? 信じないと幸せになれない? 君の命が拒否してる? お前らの感覚だろう? そーかのくそったれ! お前の主催の よさこい踊りもどっかいけ! 価値だ 価値だと 聞き飽きた お前らだけがすくわれて 敵に見なした奴らは 地獄に行くそうな お前らでないか? そーかのみなさまよ! 自力本願 折伏 聞き飽き