不寛容社会

今夜リムーブこそ慈悲深きものなり

あらすじ

20年来の友人であるトシユキとケンタ。仕事を失いアパートを追い出されたトシユキは職探しの間ケンタの家に居候させてもらうことに。しかし一向に働き出す気配のないトシユキに苛立つケンタ。二人の腐れ縁はさらに腐ってゆき…

人物

トシユキ(30) 無職
ケンタ(30)  アルバイト

田代
老人
コンビニ店員
ハロワ職員
社員(食品工場)
社員(害虫駆除会社)

脚本

○食品工場・外(深夜

もっとみる

「不寛容な社会」の正体の一つは、一部の人の「憂さ晴らし」が、SNSの力で、リベラルだった人を巻き込み、なんとなく多数派に見せてしまう、「現代病」の一種。

「ぺこぱ」と「鬼滅の刃」の共通点は、意外な"優しさ"がいまの不寛容な時世に受けている。言い換えると、この不寛容な社会だからこそ、安心してみれるエンターテインメントが受け入れられているんじゃないか。

他人の靴と自分の正義の話

今回の読書感想文の課題図書ではないのですが、ディスカヴァー・トゥエンティワンから出ているこの本は私も持っていて、結構前に出たやつと記憶しています。

私も、と言ったのは、つい先日こちらの記事でこの本が紹介されていたのを見たからです。

こちらの記事で書かれている感想が、昔この本を読んだ自分の感想に似ていたので興味深く拝見しました。記事内では、本から2つの言葉が引用されていました。

どうして自分を

もっとみる
やぁやぁ、かたじけない。ぜひフォローもしてってね
23

【社会】サムネを利用した「釣り動画」をみて思ったこと色々

記事の結論として、最終的にはスポーツとは関係のない全く別の分野に着地をしてしまうのですが、結論に至るまでのプロセスに目を通していただきながら読み進めていただけると幸いです。

娯楽動画でこれから流行りそうな「手口」

里崎さんと那須さん、それぞれチャンネル登録をしており、面白く視聴させてもらっているが、表示された上記画面を見たときには少しドキっとした。

ところで・・・

ビュー数が確実に伸びる兆

もっとみる
ありがとうございます🙏
6

『ボクの穴、彼の穴』とヒューマニズムについて

9月20日に池袋芸術劇場で『ボクの穴、彼の穴』を観劇。

これは、いつの、どこともわからない戦場が舞台。ボクは味方から離れ、一人で防空壕=穴の中に身を潜めています。近くのもう一つの防空壕に敵が一人いることは確か。わかっているのはそれだけ。もう何日も、何日も、敵が攻めてくるのか動向を探り、雨の日も晴れの日も、運命の結末をただただ待っている。飢えと孤独、攻撃される不安と、いつ終わるのかわからない不透明

もっとみる

将棋は二歩をしたらその瞬間反則負け。

日本ってミスにすごく不寛容なのかもしれません。

他人の反則を指摘してちっぽけな正義感を満たす。

そんな人が増えてきたように思います。

日記(2020.09.10)

対人関係において、人に対する感情は人それぞれだと思う。

ある時、仕事のことで知り合いに話に行った時の事、である。仕事上のことなので手短に用件を伝えると、それでいいですという返答が返ってきた。

暑いから結構あれでしょ?と問いかけると、夏だからね、人類は今までこうやって生きてきたんだからしょうがない的なストレートなあまり感情が入っていない返事が返ってきた。

色々な人間がいるが、私的には少しでも会

もっとみる
スキありがとうございます。

映画祭、再々延期。

9月に開催予定だった東京の映画祭が、11月に再々延期となりました。ずっと言い続けてますが、この時勢で開催しようと試行錯誤されてる主催者さんには敬意しかありません。11月に映画を持ってくのが楽しみです。

その映画の中に、ある主要人物が政治的に右寄りな活動をしている様子が収められてます。作品には政治思想とは別のテーマがあり、その人物の行動も、政治的とはまた違う文脈で映画の中では読み取れるようになって

もっとみる

ぼくらは真面目の置き所をまちがえてる

どこかの阿呆が大声で歌っておる。はじめは鼻歌だったのが、だんだんと熱が入って、声が滑稽な真剣味を帯びる。滑稽なのは歌詞の内容がその真面目さと引き合わんからだが、彼が自らの任務を遂行しようと骨折る厳かな気持ちだけは否むことができない。

厳かな態度

音楽の消費者となった自分たちは、歌は他人を楽しませるものだと思っているが、どうもそうではない。風呂場などで一人でもわれわれは歌うし、むしろ一人で歌う方

もっとみる
スキしてくれる君がスキ!
11