三度目の殺人(20191026)

果たして、三度目の殺人に救いはあったのだろうか――。

是枝監督、福山雅治主演、役所広司、広瀬すず出演。
第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門への正式出品作品。

是枝監督は元来好きな監督ではあるが、この作品は見ていなかった。
「家族」をテーマにすることの多い是枝監督が「殺人」とはまた物騒な、と思ったのもあり・・・実際はこの作品と是枝監督が結びつきが弱く、ミステリーものかなと思ってあ

もっとみる

最近のできごと

どうもこんばんは、あきです。
今日もよろしくおねがいします。

最近のできごとを話したいとおもいます。

今日、幼なじみから連絡がきました。
いま、弟の少年野球チームの手伝いをしているみたいです。
私は、一緒に手伝って欲しいと言われていますがある日を境に全く行かなくなりました。

その話は次回話させて頂きます。

そのある日を境にその家族と関わるのをやめようとおもいましたが、親がまだつるんでいてや

もっとみる

『万引き家族』(2018年)映画評

※この文章は2018年6月に書いたものです。

【はじめに 予告のミスリード】

 カンヌでパルム・ドールを受賞し国内の注目度も高い
是枝裕和監督の最新作「万引き家族」。連日予告CMも流れてます。
しかし実際に映画を鑑賞した人の多くは
「え?こういう映画なの?」と思ったかもしれません。
 実は映画を観る前から予告のある部分に引っかかっていました。
それはリリー・フランキーの

「内緒だぞ、俺たちゃ

もっとみる

『凶悪』と暴力の契機

獄中の死刑囚、須藤純次(ピエール瀧)が、まだ真相の究明されていない過去の殺人について、告白を始める。事件には「先生」と呼ばれる土地ブローカーの木村孝雄(リリー・フランキー)も関与していたという。雑誌の編集部に届けられた須藤からの手紙をもとに記者の藤井修一(山田孝之)は独自の調査を進め、凄惨な事件の実態が明らかになってゆく。木村は身寄りのない老人の所有する土地に目をつけ、その土地を入手する目的で老人

もっとみる
かたじけない!
1

伏線の未回収が意味するもの―『アイアムアヒーロー』をもとに

今回のブログは、ワカテメンバーの平岡ゆうすけ(@hyusuke59)によるブログ記事(2018年3月9日に公開、現在は非公開)を寄稿したものです。この記事は漫画『アイアムアヒーロー』のネタバレを含みます。

筆者について

はじめに

花沢健吾氏による漫画「アイアムアヒーロー」。

かなり前に一度読んだことがあり、その時は、独特の描写が多く、ぶっちゃけ「なにこれ?」と思ってしまった。しかし、先日に

もっとみる
やったー!記事を書く励みになります!

映画「三度目の殺人」をみた話。三度目の殺人って何だ?

映画「三度目の殺人」を観ました。これはめっちゃ面白かった!やっぱり是枝裕和監督の映画は面白い。「歩いても歩いても」を観てからずっと是枝監督の映画は大好きなんだけどその中でも今作は特に面白かったです!!(観たことあるのは「歩いても歩いても」「そして父になる」「海街diary」の3本くらいだけど。あまり覚えてないけど「誰も知らない」も観たっけ…?)

お話のあらすじは(役名の名前を覚えてないので役者さ

もっとみる
え…間違ってクリックしてない…?いいの…?
2

3度目の殺人

3度目の殺人

この不穏さに圧倒された。
これは是枝監督の犯罪である。
と、同時に様々な問いを突き付ける問題作である。

法とは何か
裁くとは何か
真実とは何か
人のいのちとは何か
信じられるものとは何か…

3度目の殺人は法の危うさを問う。

ある夜山中という男がスパナで頭を殴られ殺された。
山中の遺体は殺害後燃やされた。
男を殺した容疑で逮捕された三隅高司は過去に人を2人殺めた事がある男だった

もっとみる
スキ、ありがとうございます♥
4

『三度目の殺人』の感情と制度

単純に思われた事件が実は複雑怪奇、というのは推理もの、探偵ものの常道だが、『三度目の殺人』はさらに手が込んでいる。事件の真相がすべて明らかになるとは言えない結末は、たとえば『母なる証明』(09)などを思わせる。真実を覆いかくす闇に包まれながら、観客はそこまで深入りしてしまった自らの陰気な好奇心の罪業に気づかされることになる。そしてなお深い淵の存在に魅かれつつも、映画はひっそりとエンドロールに入って

もっとみる
ありがたし!
4

映画『三度目の殺人』

『三度目の殺人』。タイトルからして重そうな内容である。仕事帰りに一人で行くのは気が乗らないけど、一緒に行ってくれる友人は海外旅行中…。でも、絶対おもしろいはず。そんな匂いがする映画なので、見に行かないと後悔する!

その勘はやはり当たっていた。正直、重い。重いっす。イケメン福山雅治をもってしても重い。「人を殺す」ということは相当な壁。一度、一線を越えてしまった人は再びその壁を「越えて」しまうの

もっとみる
ホンマにありがとうございます!私もスキです。
4