【映画《怒り》を観て】人間の感情の根底を観た。

最近、「怒り」という映画を観た。

公開当時の予告を観て、ずっと楽しみにしていた作品。

かなり時間はたったが、ようやく鑑賞できた。

感想を書きたくても、言葉にして感情を表現するのがとても難しかった。

すごくふわっとしているが、とりあえず思ったことを書き出したいと思う。







なんだろう。

画面の向こうで人間の底の底の感情が溢れていた。

うまく言えないけれど

人間ってこんな

もっとみる

8/7(金) 打ち上げ花火…以下略

みまさんこんばんは。86日目になりました。

やっと、、やっと、、熱力のテストが終わりました。

結果は、まぁ、よしとしようって感じです。

久しぶりにテストの緊張感を味わいました。
受験の時はこれの何倍ものプレッシャーを感じながらテストを受けていたと思うと一体どうやって集中力を保っていたのか不思議です。
今では、冗談抜きで数十分しか持ちません。忙しかったですが、あの時は今とは違う楽しさがありまし

もっとみる

本日、8月7日21時~地上波初放送の劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』でお勧めするヒロイン・なずな(広瀬すず)のあのセリフ[エッセイ]

本記事は、本日、8月7日に日本テレビで夜21時から放送される劇場アニメ

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』

をおすすめするエッセイである。

この作品は、元をたどると90年代に制作された実写ドラマの反響からスタートした。
最初は、当時かなり話題になっていた「if」というドラマシリーズの一作として放送されている。

このドラマは、当時、大学を卒業したあとの20代前半の頃だったと思う

もっとみる
わー! ありがとうございますm(_ _)m
7

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」のアニメ版が金曜ロードショーでノーカット放映されるそうだ。地上波初。2017年夏の公開で、私は一人で映画館に見に行った。1993年にフジテレビで放映され、1995年に劇場公開された同名の実写作品が元になっている。

 オリジナルは岩井俊二監督がメガホンをとった。舞台はひなびた海沿いの街。小学生3人の一夏の淡い恋模様をリリカルに描いた大傑作だ。恋がなん

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
16

『ラストレター』 無限の可能性と人生の選択肢があった頃

2020年/日本
監督:岩井俊二 
出演:松たか子・福山雅治・広瀬すず・神木隆之介

1. 未咲をめぐる乙坂の旅

物語は、未咲の葬儀から始まる。

葬儀後に届いた未咲への同窓会案内の存在を知った妹の裕里は、未咲が亡くなったことを伝えるために同窓会に出席する。そこで裕里の高校時代の初恋の相手で生物部の先輩でもある乙坂と再会した。

同級生たちは裕里を未咲と勘違いし、成り行き上、彼女は姉のふりをする

もっとみる
励みになります!
7

(映画レビュー)SUNNY強い気持ち・強い愛

※この記事を見てのサポートはご遠慮願います。
収益を目的とした記事では御座いません。
映画を文字で楽しくしてみたいだけで御座います。

~冒頭~

こんにちは。
2020年3月から白血病の治療をしております。
病院で暇なので、映画を観ます。
今日は同級生ががんになったことをきっかけに高校時代の仲良しグループを探す話し。
邦画で御座います。
「SUNNY強い気持ち。強い愛」を病人目線でレビューします

もっとみる
アリガト(;´༎ຶД༎ຶ`)アリガト
17

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」感想 評価★2

予告

監督 大根仁

主演 篠原涼子, 広瀬すず, 板谷由夏

ジャンル ドラマ

ストーリー

日本中の女子高生がルーズソックスを履き、空前のコギャルブームに沸いた90年代、そんな時代に青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ「サニー」のメンバー6人は、20年以上の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた。

専業主婦の奈美(篠原涼子)は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香(板谷由夏)と

もっとみる
ありがとうございます。
1

映画を1本🎞

すっごいだらだらした日だったけど、映画1本見るだけで充実した感全然違うよね。
チアダンって言う映画見たけど本当にいい話だったな〜💭実話なんだって。努力したらどこまでもいけるってわかった。限界なんてない。それにしても広瀬すずちゃんの演技はやっぱり上手いな〜。
明日からまた学校!あと1週間学校行けば夏休み!学校より夏休み宿題する方がめんどくさいな〜って思ったり笑
ま、明日からまた頑張りますか!!

もっとみる

岩井俊二の最高傑作『ラストレター』を観た。

【『ラストレター』/岩井俊二監督】

松たか子 × 福山雅治。

神木隆之介 × 広瀬すず × 森七菜。

現行の日本映画界における最高峰の演技合戦に、ただただ圧倒された。

『告白』(2010)、『そして、父になる』(2013)、『君の名は。』(2016)、『三度目の殺人』(2017)、『ちはやふる -結び-』(2018)、そして『天気の子』(2019)。

この10年間の日本映画史における最重

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
23

意味不明であることに意味がある

最近、耳を疑うWEBムービーを見つけました。

上手(かみて)からおはようございます。
ずーすーのろせひーです。
VIASOなら、年会費はダーター。
アポからもなる早で完パケ!
おまけにカード切るたび、
マックステンパーがポイントでドン!
4クールにツェーセンポイントるーためなら
ママでザーコーに、ズドン!
バーターで、海外ビータのガイショウケンホーの
ビーサスもキャスティング。
か・ら・の、新レ

もっとみる
ありがとうございます!
3