栗原はるみさん、「おやつの本」はボロボロになりましたが、たくさんの思い出を作ることができました。🍰

昨年末に、大量のサツマイモ(千葉特産紅はるか)をいただきました。
千葉特産と名乗っているだけあって、ふくよかで艶のあるサツマイモです。

「でも、こんなにたくさん食べられない、どうしよう?」

と、思案すること半月。
そろそろ、消費にかからないとまずいな・・。

そうだ、スイートポテトを作ろう!

ということで、本棚の奥にしまっていた、お菓子のレシピを引っ張り出しました。
「栗原さんちのおやつの本

もっとみる
また、読んでくださいね(^-^)
4

Human|料理人 米澤文雄さん

昨日、東京・青山一丁目のレストラン「The Burn」のシェフ、米澤文雄さんの初の著書『ヴィーガン・レシピ』(2800円、柴田書店)の出版記念パーティに出席した。

100人を超す人が集まり、本の関係者の方々が中心になって、文字通りお祝いする会は、本を出版した人にしか味わえない時間(成人式や結婚式とは違うお祝いなのだ)だったと思う。米澤さん、心からおめでとうございます。

『ヴィーガン・レシピ』は

もっとみる
毎日更新中。次回、土曜テーマは「note」です
43

Food|「ヴィーガン・レシピ」の野菜料理を作ってみた

週末は、料理担当をすることが多いです。土曜の夜とかは、近所の酒屋でワインを買って(軽くて飲みやすいのが好きで、ニューワールド系のピノ・ノワールを選びます)、食べたいものを2、3品つくっています。

たいてい作るメニューは、食べたい食材とメニューがあって、たとえば「カキのオイル煮」とか「ハマグリのパスタ」みたいなものに対して、Cook Padで調理法を探して、適当にアレンジするのが多いです。

自分

もっとみる
毎日更新中。次回、土曜テーマは「note」です
15

Human|予言書だったケンタロウさんの20年前のレシピ本

パクチー料理研究家のエダジュンさんにインタビューをする機会を得た。1984年生まれの35歳。料理研究家を目指すきっかけになったのが、2000年代に活躍した料理研究家の小林ケンタロウさんのレシピ本だったといいます。

エダジュンさんが大事に、大事にされていたケンタロウさんの『ドカンと、うまいおつまみ』(1999年、文化出版局刊)を持ってこられて、「この『はじめに』を読んでください」というのだ。

もっとみる
毎日更新中。次回、土曜テーマは「note」です
25

世界をひとつのテーブルでつなげるために

2020年は、東京でオリンピックとパラリンピックが行われる。さまざまなアスリートや競技に注目があるまる中で、年齢や性別、障がいを持つ持たないを超えて、すべての人が同じルールのなかで競い合えるスポーツとして「ボッチャ」があります。

重度の脳性まひの人や四肢重度機能障害者のためにヨーロッパで考案され、1988年のソウル・パラリンピックから競技種目に加わりました。

人類がスポーツによってひとつになる

もっとみる
毎日更新中。次回、土曜テーマは「note」です
17

料理本人生に終止符

料理オタクの私。20歳から、料理本を見て作り続けてきましたので、料理本はたくさんありました。「棺桶に入れてもらう」くらいのつもりでいたのですが、3月の引っ越しの際に大断捨離。ミニマムに絞りました。
2019年末までに、捨てて、捨てて、捨てまくるために、残された料理本も候補に。
シェアハウス暮らしを始めて、食材の収納も十分になく、外食も増え、あるもので一品だけ適当に作る方ことが多くなり。本を見て献立

もっとみる

えっ、これもイギリス料理?レシピ本に見るイギリス料理の幅広さ🍽

今週の気温は10度を切っているロンドン。しかも今日は雨だし…。とりあえず半纏を着こみ(めちゃくちゃ暖かい!)、伝家の宝刀として日本から持ってきているこたつを出すべきか…と迷いながらこれを書いています。

今日はイギリス料理の話をもう少し書きたいと思います。今回はイギリス料理が他国の料理から受けてきた影響について。どうぞお付き合いくださいませ~😉

もっとみる

プリンセスケーキを食べに逗子まで行ってきた

NHKのお菓子料理番組「グレーテルのかまど」で見たプリンセスケーキを食べに、神奈川県逗子市まで行ってきた。

お昼過ぎに行ったのに、プリンセスケーキは一切れしか残っていなかった。これが目的で行ったのに、危うく食べそびれるところだったよ!

薄緑色の表面は、アーモンドで作ったマジパンだそう。モチモチしていて美味しい。

なぜ「プリンセスケーキ」かというと、スウェーデン王室の3姉妹(プリンセス)の大好

もっとみる
ありがとうございます! 気に入ってもらえて嬉しいです😆
20

栗原はるみブランドを読む

旬な料理家は?
 料理家は数多くいらっしゃいます。料理教室を主催していれば料理家という感じでしょうか。料理家のなかでいろんな意味でトップの位置にいると思われるのが栗原はるみです。阿古真理は著書『小林カツ代と栗原はるみ』(新潮社、2015)で「カリスマの栗原はるみ」と表現しています(ちなみに、この本は料理家を考察するためにはおすすめの本です)。栗原はるみは料理家、そして料理レシピを考えるときに外せな

もっとみる
ありがとうございます。
10

作り置きの方法を調べてみる

人はパンだけで生きている?
 台風19号の被害はまだまだ収まりません。被災された方には心よりお見舞いを申し上げます。台風が上陸した10月12日は首都圏を中心に交通機関は大規模な計画運休になりました。事前に厳重な警戒情報が出されたため、台風の襲来が予想される地域では、多くの人が対策をしました。特に目立ったのはスーパーマーケットでの欠品でした。特にパンは完売でした。非常時には人はパンを買うものなのです

もっとみる
ありがとうございます。
8