釣妻食堂

極寒ヨーロッパから移住。南国で趣味釣り人の夫と暮らす妻のSUMACOです。釣り好きの夫とその妻の楽しみ方、釣った魚や地元の食材で作る南国料理、そして日々のお話。

釣妻食堂

極寒ヨーロッパから移住。南国で趣味釣り人の夫と暮らす妻のSUMACOです。釣り好きの夫とその妻の楽しみ方、釣った魚や地元の食材で作る南国料理、そして日々のお話。

    マガジン

    • 魚と人の物語

      釣りと魚と人のナチュラルストーリー

    • 南国メシ

      釣り人の妻が魚以外の素材で作る南国お家ごはんのご紹介。

    • おいしい本

      私がこよなく愛する”食べ物”に関する、読んで、見て、おいしい本のご紹介。

    • ブッダボウルキッチン

      タイ・ラオスで仏教の僧侶たちが毎朝行う托鉢。その時に使われるボウルの中に入れられた食べ物。頂いた食べもの(特にレトルトだったり、自分が食べたことのないもの)をありがたく、美味しくいただく工夫を楽しむ簡単レシピ集。

    • 趣味釣り人の妻が作る魚を使った簡単タイ料理

      釣りが何よりも好きというわけではないけど、嫌いじゃない。釣り以外の楽しみもあるけど、釣れた魚で料理するのは大好き。タイで作るピリ辛好きな人、辛いものが苦手な人も美味しく食べられる簡単な魚の料理のご紹介です。

    最近の記事

    再生

    KOI in the water garden/ Gill Breathing/鰓呼吸

    4本目のYouTubeビデオを作りました。 魚を見ているのが好きです。 何も考えたくない時 感情を動かしたくない時 -5分間だけ- 呼吸を忘れないで

    スキ
    5
      • ほろ苦さお好きですか?ちょっとだけ手間をかけた大人の味チャーハン

        先日、夫が袋いっぱいのイタリアンパセリを買って帰ってきた。ひと束でもたくさんなのに、それを3束も!帰りしなに路上でイタリアンパセリを販売しているおばあちゃんに出会い、最後の残り3束を売り切ったら家に帰るそうだったので、夫がまとめて購入したのだ。 このおばあちゃんは自宅で水耕栽培でイタリアンパセリを生産し、大口のオーダーがあったので、それを届けた帰りに余った分を販売していたのだ。 しかもひと束5バーツで!!いくらなんでもこれは破格すぎるお値段だ。 イタリアンパセリ イタリア

        スキ
        78
        • おばあちゃんのきらいな料理

          先月投稿いたしました『人生初の料理はキャンプ飯だった』の記事の中で、 ガールスカウトのキャンプで作っていた料理で、サラダ、フルーツポンチ、カートンドッグ、カレーライス、豚汁、魚のホイル焼き、そして重ね煮の7つのメニューだけが私の記憶に残っていると書いたのですが、この記事を書いた直後に思い出した1品がありました。そしてその1品がなぜ全く思い出せなかったのには理由がありました。今日はその料理について書きます。 私の中で封印されたメニュー 私がまだ小学校低学年の頃、ガールスカウ

          スキ
          95
          • アウトドア・釣り好き・魚好き・簡単料理のみ/極愛用のサバ缶レシピ本とパンケーキ

            私は本を読むことが好きです。 最近はどうしても勉強・仕事関係の本が多いですが、昔から変わらず好きなものが”料理関係”の本です。 今日は、その中でもレシピ本について。 オシャレなレシピ本だけど.. 日本の料理本って本当におしゃれなんです。 内容も充実しているし、種類も豊富。 すごいんです。 海外に住んでいて、もう昔からそう思っていて、今でもそれは変わりません。だからついつい海外からでも日本の本を買ってしまいます。 表紙はもちろん、中ページのお料理の写真もとても綺麗で部屋

            スキ
            24

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 魚と人の物語

            • 11本

            釣りと魚と人のナチュラルストーリー

          • 南国メシ

            • 14本

            釣り人の妻が魚以外の素材で作る南国お家ごはんのご紹介。

          • おいしい本

            • 2本

            私がこよなく愛する”食べ物”に関する、読んで、見て、おいしい本のご紹介。

          • ブッダボウルキッチン

            • 1本

            タイ・ラオスで仏教の僧侶たちが毎朝行う托鉢。その時に使われるボウルの中に入れられた食べ物。頂いた食べもの(特にレトルトだったり、自分が食べたことのないもの)をありがたく、美味しくいただく工夫を楽しむ簡単レシピ集。

          • 趣味釣り人の妻が作る魚を使った簡単タイ料理

            • 11本

            釣りが何よりも好きというわけではないけど、嫌いじゃない。釣り以外の楽しみもあるけど、釣れた魚で料理するのは大好き。タイで作るピリ辛好きな人、辛いものが苦手な人も美味しく食べられる簡単な魚の料理のご紹介です。

          • 魚と人の物語

            • 11本

            釣りと魚と人のナチュラルストーリー

          • 南国メシ

            • 14本

            釣り人の妻が魚以外の素材で作る南国お家ごはんのご紹介。

          • おいしい本

            • 2本

            私がこよなく愛する”食べ物”に関する、読んで、見て、おいしい本のご紹介。

          • ブッダボウルキッチン

            • 1本

            タイ・ラオスで仏教の僧侶たちが毎朝行う托鉢。その時に使われるボウルの中に入れられた食べ物。頂いた食べもの(特にレトルトだったり、自分が食べたことのないもの)をありがたく、美味しくいただく工夫を楽しむ簡単レシピ集。

          • 趣味釣り人の妻が作る魚を使った簡単タイ料理

            • 11本

            釣りが何よりも好きというわけではないけど、嫌いじゃない。釣り以外の楽しみもあるけど、釣れた魚で料理するのは大好き。タイで作るピリ辛好きな人、辛いものが苦手な人も美味しく食べられる簡単な魚の料理のご紹介です。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 一汁一菜とワンプレートごはん

              「マメだね」 と私が作るご飯の写真を見る人はよく言ってくれるが、みなさんお気づきなのだろうか。私の作るご飯は大概ワンプレートで収まる。 至って簡単だ。簡単だから無理なく続くし、楽しい。 最近『一汁一菜でよい提案』という3分クッキングの土井善晴さんの本を拝読した。私がよく拝聴・拝読している岡田斗司夫さんと養老孟司さんがおすすめされていて、レビューも読み、”日本中の主婦が涙して読んだ本!?”ということですぐに読みたくなった。 料理の第一人者がきちんとした理論をもって「もっと気

              スキ
              19
              • ”可愛い俺様”の席

                しばらく前に、夫の行きつけのカフェに連れて行ってもらった時のこと。 「ここには人懐っこい犬がいるんだよ」 と聞いていた。 扉を開くと少し薄暗い落ち着いた雰囲気、コンクリート打ちっぱなしの壁とカウンター、焦茶色と黒の家具で揃えられ、大きな緑の観葉植物が少しだけ置かれて、かっこいい系のカフェだった。 とりあえず席に着くのだが、私は迷わずカフェの真ん中にあった茶色の長細い低めの革張りのソファに座った。 「あ!SUMACOさん、そこはダメだよ。そこは犬の専用ソファなんだ。あ

                スキ
                9
                • いただきものからできたブッダボウルキッチン

                  レトルトの〇〇 先日、レトルトの”トムカーガイスープ”をいただきました。 観光地であるチェンマイでは、外国人もよく立ち寄るスーパーにはタイカレーやスープなどのレトルト食品がたくさん売られています。これらはよくお土産に買われたり、ゲストハウス住まいの短期滞在者向けに便利な料理キットとして人気のようです。 レトルトですので、もちろんそのまま温めて純粋なスープとしてもの食べられるのですが、 ちょっとだけ手を加えて、 フライパン一つで簡単に、 短時間で、 本格的な味 を

                  スキ
                  22
                  • ”カスタード+アップル”=ノイナーの味?

                    隠れたトロピカルフルーツ おそらく、タイに何度か来られていてもน้อยหน่า/ノイナーをご存知な方は少ないかもしれない。タイの美味しい果物といえば、マンゴー、ドラゴンフルーツ、マンゴスチン、ライチ、ココナッツ、バナナ、パイナップル、グアヴァなどが有名。 まさに言わずと知れたトロピカルな果物たち。 こういった有名どころの果物だけではなく、住んでみると地味ではあるけれど地元で季節ごとに売り出される果物もたくさんある。 その一つがノイナー。 今、チェンマイはノイナーの季節だ。

                    スキ
                    18
                    • いつもの味に「ほっ」

                      昨日は尋常ではない暑い1日でした。軽く40度を超え、家の中にいてものぼせるというか、暑さのあまり頭痛がします。 外に買い物にいった際にはもう、強い直射日光で私照り焼き状態。 本当は晩のおかずはトムカーガイ(鶏とハーブのココナッツスープ)にしようかと材料を買ってきたのですが、悩みました。 暑い中、熱いトムカーガイをフーフー言いながら食べる 暑い中揚げ物をして、ほんのり温かい魚の唐揚げをワサビ醤油で食べる 考えた末、揚げ物中は暑くてもサッと食べられる魚の唐揚げにしました。

                      スキ
                      16
                      • 夫婦の釣り弁<シュウマイ弁当>

                        久しぶりに朝4時起きして弁当作りから始まった1日。 本日は、ピクニックが楽しめる釣り場 -国営の貯水湖- に行きました。 ここは街の中心部から程近く、湖のほとりに浮かぶバンガローレストランで食事を楽しむ人、ピクニックをする人、釣りをする人など多くの観光客でいつも溢れています。 前回私がここを訪れたのは、確か5年以上前のこと。 久しぶりに訪れてみて、だいぶ様子が変わってしまっていました。 ここ数年で釣り人達が自分達が持ち込んだモノのゴミを地面にそのまま捨てていくことがかな

                        スキ
                        50
                        • はじめてのYouTubeビデオ作り

                          夫の釣り友が、我が家の釣った魚の調理方がだんだんと本当に気になってきたらしく、幾度となく夫が口頭で説明したのですがやはりよくわからず。 もう本当に簡単すぎて説明のしどころがないくらいなのですが、 友人本人は決して料理好きだったり、得意ではないので口で言われても難しいよね、ということで、 工程がざっとわかるビデオを作ってみました。 そしてせっかくなので、初!YouTubeビデオにしてみました。 初めてのことで何にもわからず、いろいろと勉強をさせていただきました。もうそれはそ

                          スキ
                          22
                          • ほどよさのよさ

                            先日、一泊二日の釣りキャンプで、夫と友人が二人でボートを借りてダムの中心にある島に行ってきた。夫の友人は、我が家では釣ってきた魚をちゃんと食べ切らないと次の釣りに行かないことを知っているので、度々「魚全部食べた〜?次、いつ頃いけそう?」と聞いてくる。もちろん一人でも釣りに行く彼だが、友達と泊まりがけでいく釣りキャンプは格別に楽しいらしい。待ちに待った釣り日和だ。 そして、今回夫が釣ってきた魚はこちら。 「いいね〜!」と私は言って、夫がティラピアを捌いているのを眺めながら、

                            スキ
                            37
                            • 人生初の料理はキャンプ飯だった

                              ゆでたまごよりも料理 人生最初に作った料理はなんだったか思い出せるでしょうか? 私は茹で卵を小学校の家庭科の授業で習ったのを覚えていますが、それよりも前、もっと料理的な、でも簡単なキャンプ飯を山で知り、それを自宅でも練習して、家族に喜ばれて”我が家の定番メニュー”になった思い出があります。 キャンプ飯 重ね煮 私は小学校低学年から卒業まで地元のガールスカウトに所属していました。毎年夏になると山に本格的なキャンプに行きました。そしてそのキャンプの前には必ず屋根のあるところ

                              スキ
                              94
                              • 誕生日には釣りをしない理由

                                今週は私の誕生日週でした。 毎年6月下旬から「誕生日はどう過ごしたいか考えておいてね!」と夫から言われるのですが、歳を重ねるごとに誕生日だからと何か特別にしたいことや欲しいものがどんどんなくなってきている感じです。 普段から美味しいもの、食べたいものを食べることができている。 服もアクセサリーも靴も鞄も十分なだけ既に持っている。 旅行するにしても、今住んでいる住居が心地よくて大好きで、どんなに遅くなってもホテルよりも自宅の寝室で寝たいので日帰り旅行がいい。 となると、誕

                                スキ
                                12
                                • 大人なんだから泣いちゃいけないなんて

                                  先日、隣町につながる3車線の大きな道路をバイクで走っていると、 1車線と2車線の間の線の上を一人の男性- おそらく50代-が逆方向に歩いていた。 バイクや自転車をひいて歩いていたのではなく、手に何も持たずただただ歩いていた。 大きなトラックの間を走っていた私は1車線目を走っていたので、右側に突然現れたその男性に気がついた時、通り過ぎる一瞬に彼の顔を見てしまった。 口をぎゅっと一の字に結び、目は真っ直ぐ正面しか見ていない。 今にも泣きそうな目だった。 この光景を見て、おそ

                                  スキ
                                  9
                                  • 魚醤で手羽中テリテリにんにくほくほく

                                    臭みが旨味に ナンプラー(タイ語)、または魚醤はタイでは欠かせない調味料の一つ。 初めてそのボトルに入っている魚醤の匂いを嗅いだ人は 「くさっ!!」 と思われるでしょう。 で、確かにそうなんです。 ただ、使い方がわかるとその臭さが調理後には味わいに変わるのです。 タイのグリーンカレーをご自宅で作るために魚醤を買ったけれど、他に使う道がないという方必見です。 そして、タイに来てから私はにんにくには種類があることを知りました。 タイには主にタイ料理に使用する小さい粒の

                                    スキ
                                    13