五歩目:空想ごっこ

夕日ヶ丘探偵団

子どものころ、友だちと2人で空想しながら登下校するのが好きだった。プリキュアやどうぶつの森で空想することもあったが、一番好きな設定は「夕日ヶ丘探偵団」だった。夕日ヶ丘探偵団は、わたしたち2人のオリジナルで作った物語だ。

夕日ヶ丘探偵団の誕生は、小学3、4年のときに2人が偶然にも同じ探偵物の小説にはまったのがきかっけである。ドレミちゃんの髪型の女の子が主人公で、仲間とともに危機を

もっとみる
ニコニコ(^-^)
3

アラフォーにして背中が綺麗になった

カッコをつけて撮ることで貧相さを打ち消せた

写真は私の背中だ

普段寝るベッドをただの板にした

普段柔らかいベッドに慣れてる人なら寝苦しいことこの上ない

硬くて寝付けない

思えば中学生頃から兄貴と私は常に背中に湿疹ができていた

弟にはなかった

思春期の頃 少しでも異性に良く思われたいと思っていた私にとって

汚い背中は自信を持てない要因の一つだった

おそらく原因はダニだ

弟も同じよ

もっとみる
嬉しいです。ありがとう!
2

ベッドベッドベッド

日本の自粛は明けたものの
お家にいるのが幸せな私とおチビは
相変わらず家にいる。

単純に家が好き。

「幸せは家の中にある」
という事がよくわかったので
家の中を充実中。

WiFi環境を整えたり
クッションやパジャマや部屋着
花瓶やグラスを買ったり
インテリアの本を読んだり
お花をいっぱい飾って楽しんだり。

私は寝るのもリラックスするのも
本当に大好き。

おチビが自室で1人で眠れるようにな

もっとみる
嬉しい〜(*˘︶˘*).。.:*♡
4

一歩、部屋を出れば、いつも、一人

玄関のドアを開ければ、いつも私は一人です。近所へ行くのも、遠出するのも、海外に旅立つのも、同じです。時には見送りがあったり、同行する家族や友達がいたとしても、自分の部屋という、心の砦を出た瞬間、私は世の中と対峙しなくてはなりません。

ですから、私にしてみれば、距離や文化の違いや言語の違いがあってもなくても、緊張することに変わりはありません。ついでにいえば、周囲にいる人々も、親しさの度合いこそ違え

もっとみる
気に入っていただけて嬉しいです。
51

最上級の睡眠を。動くIoTベッド&枕

引用先:
メディア名:+VISION(プラスビジョン)
URL:https://vision00.jp/
自分自身の所有物や経験ではなく、
自分自身の発想・考え(アイディア)が価値になる時代に向けて。
「ビジネスの種を探している、刺激を受けたい」
「自分にも出来るかもしれない!」
「こんなものがあったらいいのに・・・」+VISIONはそんな“考えるあなた”に読んでほしいウェブマガジンです。

この

もっとみる

三歩目:「しもしも〜」

祖母とわたしの合言葉

「しもしも〜」
電話に出たわたしは、掛けてきたのが祖母だとすぐ認識し、「しもしも〜」と返す。そして、少し話をして母に電話を渡す、この一連のやりとりが好きだった。

わたしの周りで「しもしも」を使うのは、祖母や母、母の姉妹だけだった。
だから、母の家で使われている独特な言葉だと思っていた。

平野ノラさんがギャグとして使っているのをテレビで見て衝撃を受けた。
「え、『しもしも

もっとみる
ニコニコ(^-^)
1

5月24日の日記「だいぶビルド寄りの日」

日付が変わったあたりから新しいベッドの組み立てを始め、40個あるネジに発狂しながら夜通し作業して、けっきょくベッドが完成したのが朝の6時とかだった。嘘でしょ、ぜんぜん休めてないじゃん。誰かお駄賃を深夜手当てと休日手当てこみこみでおくれ。自分のために働いたときの報酬は、誰に求めればいいのだろう。自分には求めたくない。報酬を支払うのも受け取るのも自分なら、プラマイゼロだから。やっぱこの世の仕組みはどこ

もっとみる
君は今、一人の迷える子羊を救った
1

5月23日の日記「ただベッドを破壊しただけの一日」

昼、インターホンの音に起こされる。マスクをした宅配のお兄さんが三回にも分けて運んでくれた段ボール。その中に入っているのは、新品のベッドだ。

 ここ1年くらい、自分のベッドはすのこが壊れたままで、破損したすのこの位置を上下左右ずらしながら、誤魔化し誤魔化し生活してきた。ずっとベッドを買い換えなくちゃと思いながらも、面倒くさくて先伸ばしにし続けてきた。だけど今回、重い腰を上げて購入に踏み切れた理由は

もっとみる
いい「スキ」だ……また腕を上げたな

179

水と擦れる音と 皿洗いと拭く音
過呼吸と点滅と ベッドが手招く
日をまたいだら コンビニに行く
常に身支度をし 走って逃げるの

さようならって 飽き飽きしてる
求めたページは 残り何枚あるの
タイムアウトは 残り何秒あるの
常に身支度をし 走って捕らえる

シナリオ通りに 引きずり込まれ
何度目の感覚と 速度がシンクロ
また似たような 言葉を使ってる

知らない言葉に ときめきたくて
そろそろ疲

もっとみる
(♡´꒳`*)人(*´꒳`♡︎)
12

奥さんとのベッド

私と奥さんとのベッドは2人でダブルを使用、奥さんの方が私よりも大きく私は小さい、奥さんはこのベッドに不満はなく、私はベッドに入ったら身動きが取れず寝返りもうてない、私の唯一の体の動きは奥さんの反対側の布団から足を出す事だった。また、部屋は狭くベッドが生活の場になり隣り合わせなので音を出す事もNG、ゲームもテレビも消音、ライン通話もNG(2度かかって来た人はブロック命令)、奥さんが寝ている隙に4年か

もっとみる