ファーストマン

最好映画。 154 「ファーストマン」 2018年。

アポロ11号、ニール・アームストロング船長が月面に降り立って50年。帰還してからもほとんど自身のことを語らなかった彼の記録を映像化した本編。「フロム・ジ・アース」でも寡黙なキャラクターとして存在したアームストロングは、本当に発言が少ないので、原作の成立自体が不思議でした。アポロ計画大好き人間としてみなければいけない映画です。「ラ・ラ・ランド」は劇場で観ましたが、「セッション」は途中で離脱とデイミア

もっとみる
ありがとうございますう
スキうれしいです😆
1

ファースト・マン(吹替版)を見ました。

7月26日。4連休の最終日です。何をしていたかですか?「何もしない」をしていました。

さてSF映画を見ますか。結構人工知能系を多く見たので、ここは宇宙系でも見ましょうか。「宇宙」で検索…っと…

ファースト・マン(吹替版)

空を見上げると何か光る物があります。結構数があるのですが、中でも大きいものが2つ。眩しいのが太陽。そうでないのが月と呼ばれています。

月面に最初に着陸した人、ニール・アー

もっとみる
LOCALIZABLE_USER_LIKED_TEXT
1

[映画]ファーストマン

#大雑把にレビューする

世界で初めて月面に足をつけたアポロ11号のニール・アームストロングさんの伝記映画です。
ある程度の時代背景を知っておかないと置いてけぼりを食らいそうな映画で、序盤にいろんな人がわらわら出てきて「欧米人はだいたい同じ顔に見える症候群」にかかってる方はとっつきにくいかもしれません。(私もそう)

偉業の伝記系作品って爽快感みたいなのがあることが多いのですがこれはとにかく重く暗

もっとみる

My 10 Best Films of 2019

昨年鑑賞した2019年新作映画(以下の60作品)から、マイベスト10について語ってみました。(2019年12月30日にInstagramにて投稿)

1. クリード 炎の宿敵
2. 蜘蛛の巣を払う女
3. マイル22
4. ミスター・ガラス
5. ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
6. サスペリア
7. フロントランナー
8. アクアマン
9. ファースト・マン
10. 女王

もっとみる
Thank you for the like!
5

「ファースト・マン」を観ました

みなさんは月へ行きたいですか?

わたしは行きたくありません。

だって、会いたくない奴がいますから。

へ?

何をキョトンとしているんですか?

あいつですよ、あいつ。

兎人参化ですよ。

わたしは人参にされたくないですからね。

月には行きませんよ!!

さて、本題です。

ズシンと来る作品でした。

人類で初めて月面を歩いた宇宙飛行士ニール・アームストロング。

誰もが知っているこの物語

もっとみる

ファーストマン

『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再び組んだ伝記ドラマ。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を描いた作品です。

この作品を鑑賞して、日本は到底世界一なんかになれない。と感じました。

1960年代に、有人月面探査を行う。このような発想は絶対に、当時の日本では有り得ない。

その当時は月面探査など不可能!絶対にできない!などと

もっとみる
ありがとうございます!
1

ファーストマンのnote

こんばんは。yuya工房です。

今日が仕事始めという方も多かったのではないでしょうか?

今日の話題は予告通り、映画の話。何かが始まる日にふさわしいじゃぁないでしょうか。初めての男の物語。

今日も最後までよろしくお願いいたします。

====

【セッション】【ララランド】の監督の作品【ファーストマン】の感想をアウトプットします。

主演はライアン・ゴズリング。

どちらも良い映画だったと感じ

もっとみる
はっきり言っとく。上がってる♪
13

ファースト・マン

「ファースト・マン」という映画を観た。

最初はちょっとだけどうしようかなと迷いがあった。

パッケージを見る限り、どうも内容は宇宙モノのようで。
うーん。
正直あんまり興味を惹かれない。

でも。
監督がデイミアン・チャゼル。「セッション」や「ラ・ラ・ランド」を手がけた監督。音楽はジャスティン・ハーウィッツ。主演はライアン・ゴズリング。いずれも監督の前作に関わりのある布陣。絶対おもしろい。おもし

もっとみる
ありがとう!
6

緊急事態はつらいよのnote

こんばんは。yuya工房です。

つぶやいた通り、緊急事態でした。

バーチャルな空間の片隅を間借りして、その中で広がりかけていた自分の世界に起きたファースト・インパクト。使徒襲来です。笑

いつかこんな日が来るかと思っていました。それでも、書くことを辞められないのはある種の狂気でしょうね。

なんの波風も立たない表現をつらつらと書き続けても仕方がないし、好きなことを、好きな時に、好きなだけ、思い

もっとみる
多幸感ドバドバ!
11