オーバーツーリズム

JAMTA連続オンラインセミナー@2021.10.11
+8

JAMTA連続オンラインセミナー@2021.10.11

 ご参加いただきありがとうございました。第2回のオンラインセミナー運営は少し向上したかと思いましたが、まだまだのようです。しかしJAMTAはアットホームな団体だということだけはお分かり頂けたかと思います。  前回に引き続き、わかりやすいグラフィックレコーディングが仕上がりましたのでご覧ください。USANET@さのはるかさん、いつもありがとうございます。第2回は「責任ある宿・旅行者になるためのヒント」と題し、持続可能な観光に向けて日本中の観光地を飛び回っていらっしゃる高山傑さ

スキ
4
オーバーツーリズムを考える!       『今、観光地で起きているコト ☞ 誰がどうする 』
+7

オーバーツーリズムを考える!       『今、観光地で起きているコト ☞ 誰がどうする 』

今、観光地で起きているコト ☞ 誰がどうする ーアンケート調査を参考にー (『観光のひろばZOOM』 2021年9月13日)(参加者40名) https://smrtkanko.com/オーバーツーリズムを考える!(講演概要)-『今/ 【ホッシーのつぶやき】 川越市のオーバーツーリズムを正面から捉えて、アンケートと分析をされている。 観光事業者、非観光事業者(住民)、エリア内、エリア外、いろいろなステークホルダーがおられ、日常と非日常、利害と思惑が交錯するなかで、混雑、ゴ

21世紀のベネチアを「大人」の度量で受け止めるために

21世紀のベネチアを「大人」の度量で受け止めるために

Reuters TVのニュースで、ベネチア市内中心部への大型クルーズ船の入航が禁止になったことを知る。 世界遺産のベネチアは、オーバーツーリズムや大規模インフラ整備計画による環境への影響を背景に、世界遺産委員会で「危機遺産」への登録が検討されていたが、今回の入航禁止措置を含むイタリア政府の改善に向けた取り組みが評価され、今回の登録は見送られたとのこと。 驚いたのは、この話を伝えるニュース映像。 まあ、とにかくクルーズ船がでかい。こういう船でワーッと観光客がやってくれば、

ベネチアが危機遺産になってしまうかもしれません💧

ベネチアが危機遺産になってしまうかもしれません💧

数日前のニュースで知ったのですが、ユネスコの諮問機関が世界遺産「ベネチアとその潟」を危機遺産リストに登録することを勧告。 それを受け、7月16日~31日まで中国福州でオンライン開催される世界遺産委員会によって、勧告に従うかどうか決定されるということです。 ニュースを知ったときは「エーッ」という気持ちと、やっぱりそういうことになってしまったと思ったのも正直な気持ち。 世界でも屈指の人気観光都市ベネチアは完全にオーバーツーリズム(観光公害) 街の中心辺りは、どこも混雑。

スキ
22
070.『ポスト・オーバーツーリズム 界隈を再生する観光戦略』阿部大輔 編著

070.『ポスト・オーバーツーリズム 界隈を再生する観光戦略』阿部大輔 編著

“わが国のパンデミック発生後の政策対応を見るにつけ、観光への期待が経済的観点に偏重している感を強くする。観光は経済活動であると同時に、わたしたちの日々の生活にゆとりをもたらし、多様な社会や文化の存在を再確認し、ひいては自らの出身地の魅力なり課題なりに思いを馳せ、人生そのものを豊かにしてくれる営為である。パンデミックがわたしたちの日常生活に大きな変化を迫り、身近な環境に対する発見を促したり、異文化に触れる海外旅行体験の貴重さを改めて知らしめてくれたりした。人間の根源的な活動とし

スキ
9
屈指の人気観光地ヴェネチアの抱える悩み

屈指の人気観光地ヴェネチアの抱える悩み

世界遺産には、10個の登録基準というものがありまして、登録されるためには、最低でも一つの基準クリアが必要。 詳しい内容はここでは省略させてもらいますが、文化遺産の登録基準は1~6、自然遺産は7~10、複合遺産は文化遺産と自然遺産の両方の登録基準クリアが必要。 世界遺産検定受験の時、この登録基準を覚えるのがなかなか大変で😖💦 でも、自分が受験したときは、この世界遺産の登録基準はどれでしょうみたいな問題もありました😩  受験予定の人はある程度頭に入れておいた方がいいかも。

スキ
32
公共交通機関に見る群集心理の謎(note版)

公共交通機関に見る群集心理の謎(note版)

この有料記事は、2019年に出した電子書籍のnote版です。わたし自身の利用頻度が少ない路面電車、利用経験のないフェリー・モノレールなどについては対象外としました。 電子書籍を出した当時とは、状況が大きく変わりました。今回は文章をいくらか修正して、コラム「オーバーツーリズム」が消えた日を追加しました。 飛行機の○○なんか嫌いだ 車の免許がないわたしにとって、公共交通機関は最もなじみ深いもの。近くの街に出かけるにも、学校や職場に通うのも、だいたいは公共交通機関頼みになる。ど

スキ
1
有料
120
実体験に基づいた、オーバーツーリズムによる軽井沢市の被害。

実体験に基づいた、オーバーツーリズムによる軽井沢市の被害。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。 最後まで見ていただけたら幸いです。 今回は「実体験に基づいた、オーバーツーリズムによる軽井沢市の被害。」について投稿させていただきます。 ■現状と問題点 私の親が軽井沢市に別荘を持っており、小さい頃から軽井沢市に行かせていただいている。 そこで小さい頃から見てきた軽井沢市とコロナ前の軽井沢市の現状について話させてもらう。 私が小さい頃の軽井沢市は、のどかで客層が良く、歩いていても外国語が聞こえてこなかった。コロナ前の

スキ
10
オーバーツーリズム問題解消:ヴェネツィアクルーズ船禁止

オーバーツーリズム問題解消:ヴェネツィアクルーズ船禁止

イタリアのヴェネツィア(ベニス、ベネチア)ではこのほど中心部への大型クルーズ船の入港を禁止すると発表しました。世界遺産にも登録されている水の都ヴェネツィアではかねてからオーバーツーリズム(観光公害)が問題となっていて、それに対応するための様々な施策が検討されてきましたが、難航していました。 去年は思いがけずやってきたコロナによるロックダウンで観光客が激減したヴェネツィアでは、改めてこれから街がどのようにやっていくのかを熟考した上での決定だったようです。 私は数十年前にバッ

スキ
3