【映画推薦#6】超難解なタイムトラベル映画の傑作『プリデスティネーション』

映画が大好きなくろです。この記事では「鑑賞して良かった」と思える最高の作品を紹介したいと思います。今回ご紹介するのは、1回で理解するには難しすぎるタイムトラベル映画『プリデスティネーション』です。映画選びに迷った際は、是非手に取ってみて下さい。

あらすじ

1970年、ニューヨーク。ある流れ者によって不遇の道を歩まされたという青年の身の上話を聞いた酒場のバーテンダーは、自分が未来からやってきた時

もっとみる
ありがとうございます。とても嬉しく、励みになります☺️
8

メモ

魂のゆくえ

宗教と環境問題についての映画だった
僕には難しすぎた
学校の授業とかで観てもいいかも
映画が好きな人は観てもいいかも
普段観たりしない人にはつまらないかも

映画『ハイウェイの彼方に』刑期20年の間にネット社会になっていたら

またイーサン・ホークの作品にあたってしまいました。イーサン・ホークの20代から40代までこれでもかと観ているうちに、もはやファミリー、親戚のよう。

この作品のイーサン・ホークは実年齢40代後半です。20年の刑期を終えての役どころで、しぶい、というよりヨレヨレです。(ほめてます)

ローガン・マーシャル=グリーン脚本・監督。2019年製作。アメリカ映画。

主人公ラス(イーサン・ホーク)はマリファ

もっとみる
だいすきです!
101

映画:『ストックホルムケース』、このイーサンホークが好き!

先日、ポッドキャストで配信するとある音声番組のために収録をした。まだ準備段階だが、内容は、毎回マンガ作品をひとつとりあげで、4人でゆるく話すというものになる予定だ。しかし、録音された自分の声というのは、なぜこうもヘンなのか。森本レオとか、伊武雅刀とか、誰がどう聞いても良い声の人も、やっぱ自分の声をヘンだと思うのだろうか。
さて、本日は映画。

■「ストックホルム・ケース」
監  督 ロバート・バド

もっとみる
おつかれさまです!
7

ささやかに広がる窓枠の景色

心洗われた休日の夜の映画のお話

『しあわせの絵の具』

これを観ました。

詳しくはこちらをご覧ください!
月夜のたまさんの記事↓

asaさんの記事↓

実話と知らずにふわっと見てしまいました。
じんわりと感動が余韻となって心の芯をあっためてくれます。

感動どころは沢山あるのですが
私の潤い所は…

ルイスが絵を描くのは何故か?

劇中のサンドラの質問に答えるルイス。我流で教えることはできな

もっとみる
I Like it
21

映画『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』私にはあなたが必要

二つの大きな幸せを描いた作品です。ひとつは、他人からどう思われても、本当にお互いを必要としあう人と共に生きる幸せ、もうひとつは自分の大切な作品が外の世界からも認められる幸せ。

映画はカナダの実在の画家モード・ルイスを描いたものです。彼女の絵は明るく素朴なタッチですが、絵からは想像もつかないような半生でした。公開時に映画館で、2回目はAmazonプライムビデオで鑑賞しました。カナダ・アイルランド合

もっとみる
とっても嬉しいです!
198

映画『ストックホルム・ケース』愛しい強盗犯イーサン・ホーク

このイーサン・ホーク、かなり良いです。「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」(2016製作)の粗野な夫役も好きですが、本作のお人好しな強盗犯も魅力的です。

監禁事件などの被害者が、犯人と長い時間を過ごすうちに、犯人に連帯感や好意的な感情を抱いてしまう心理現象、ストックホルム症候群。その語源となった1973年にスウェーデンで起きた事件を基にした作品です。監督・脚本ロバート・バドロー、劇中

もっとみる
しあわせです♡
35

いまを生きる Carpe Diem ー Dead Poets Society

3日前、7月21日は、1951年同日生まれのロビン・ウィリアムズ (Robin Williams) の誕生日でした。2014年8月11日に亡くなった彼は、いま生きていたら、69歳になっていたことになります。

彼の誕生日(や亡くなった日)を記憶していたわけではないのですが、Facebook 等でそれについての投稿をいくつか見かけたため、あ、そうだったかと思い、これまでに私が観た映画の中で最も感動し

もっとみる
ありがとうございます。
10