湯島の夜 映画「15年後のラブソング」
見出し画像

湯島の夜 映画「15年後のラブソング」

消雲堂(しょううんどう)

イギリスの港町に住む女性アニー。博物館で働いている。同棲する恋人ダンカンは、90年代に高名を馳せたロックミュージシャン、タッカー・クロウに傾倒するあまり、自分なりの偏見によって勝手な神話を作り出して、それをブログに掲載している。

ダンカンの自分勝手な行動とタッカー・クロウに対する偏った思いに我慢できないアニーは、ダンカンとの間に溝ができてしまう。そんなある日、サイトへの書き込みからタッカー本人からメールが届く。アニーはダンカンには内緒でタッカーとのメール交流を始める。そのうちにダンカンは同僚と不倫してしまい、アニーとダンカンは別れてしまう。

そしてタッカーからアニーに会いたいと連絡が来る。アニーはアメリカに行ってタッカー本人と会うのだが…。

原作は、イギリスの人気作家ニック・ホーンビィの小説。タッカー・クロウはイーサン・ホーク、アニーはローズ・バーンが演じる。

悲劇でも喜劇でもない。さほど泣けないし、笑えない…“普通”の日々が淡々と過ぎていきます。何てことのない作品のように見えますが、今の人間にとって必要な「優しさ」に満ちあふれています。観ても損はしないって作品ですね。

あ、子役のアジー・ロバートソン君は可愛いですよ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。すごく嬉しいです。
消雲堂(しょううんどう)
20代に漫画家を志し、漫画専門誌に投稿。デイリースポーツで挿絵を描く。絵が下手で写真を撮り始める。30年間、小さな業界誌各社で編集記者を務め、10年前に独立。企業宣伝やカルチャースクール講師などを仕事としています。ミドリ安全応援隊。SF作家の星新一は姻戚。65歳。