丹下健三の戦中と戦後

日本を代表する建築家、丹下健三。

代々木第一体育館、広島平和記念公園、大阪万博の大屋根、現在の東京都庁舎などで知られています。

こうした活躍から、建築を通して戦後の復興や民主化に貢献したイメージが強いようです。

しかし、戦中の1942年には「大東亜建設忠霊神域計画」という、いかにも戦中的な仕事でコンペを勝ち抜いています。

ネットで調べれば、この壮大かつ荘厳なプロジェクトの概要を知ることがで

もっとみる

「若者はバカになった」と言いたいだけの記事を見て思う~「戦争は絶対悪か?」~

おはようございます。
#KENMAYA です。

上記は、日経Web版の記事であり、昨日ネット上で話題になり、各所で様々な意見が出されました。

1.大前提~「いいね」の意味

まず「いいね」という機能自体、容認として捉えている事自体が大いに誤りであり、わたしの場合タイムラインに表示されたツイートには、「一通り読んだ」という意味で「いいね」を使っています。

その中で、賛同できるものや、これはす

もっとみる
よろしければ、フォローお願い致します。
6

自殺の巻き添えで女子大生が死亡したのは社会が悪いのか?

大阪・梅田の商業施設から転落した男子高校生にぶつかり、意識不明となっていた女子大生が亡くなったと報じられました。

この件については昨日、キャリアコンサルタントの境野今日子氏が次のようなツイートをしていました。

なるほど、この人は、「男子高校生が自殺したのは、人を生きづらくして追い詰めている世の中のせいだ」と主張しています。

しかしこれは詭弁です。

「一人で死ね、じゃねーよ」とイキっておられ

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
120

【時代】規制が何もない自由過ぎる自由はなぜか生存競争になる?

今は自由だ。
自由すぎて怖いとすら感じてしまう。

もう何をしてもいい。
しなくてはいけないことも
してはいけないことも、
法律や信頼に関することさえ
きちんと守れれば、
私たちは前代未聞のフリーダムだ。

と50歳のおじさんが、
感慨深く言っても、
今20代30代の人には、
これが当たり前だから
何のことかピンと来ないですよね。

私も、戦争は知らない。
学生運動も知らない。
冷戦と核の脅威はか

もっとみる
嬉しいです!
19

私の保守主義

自分はイデオロギーについて教えることがあるんですが、ときどき学生から尋ねられるのは私自身のイデオロギーは何かということです。イデオロギー御三家の自由主義、保守主義、マルクス主義のうちいずれにいちばん共感するかという質問ですね。

実は自分は保守派を自認しているんですが、最近流行りのイデオロギー・テストなどでは決まってリベラル左派と判定されます。中道に近いんですが、どんなに右によろうとしてもやはり左

もっとみる
スキしてくれる君がスキ!
9

国家主義・人種主義等の争いの世紀は、なぜどのように起こったか

19~20世紀の世界を総括すれば、国家主義・人種主義等の争いの世紀といえる。

今でも世界を見渡せばまだ、そういった紛争は残っているが、前世紀と比べれば随分と落ち着いた様相である。

このような争いがなぜ全世界的に起こっていたのか?なぜ当時の人々はそこまでそれにこだわっていたのか?

それについての総括が必要だろう。彼らに無くて我々にあるもの。そしてその逆、そこに起こった変化と原理も知っておく必要

もっとみる
こんな応援しにくい?記事にもいいねできる貴方の粋な心に拍手&感謝!
1

ヒムラーと村井

ナチス親衛隊(SS)隊長、ハインリヒ・ヒムラー。

そのヒムラーの焼き直しのような存在が、オウム真理教の村井秀夫だ。

ヒムラーと村井は、それぞれナチスとオウムのナンバー2だった。

両者とも幼少期には何の異変もなく、大学では理系に進み、その後、大量殺人の責任者となっている。

集団にオカルト的要素を持ち込んだという共通点もある。

名前も、ヒムラー(Himmler)とムライ・ヒデオなので部分的に

もっとみる

平等な国と不平等な国

小説、と呼べるのかどうか分からないが、こんな妄想をしたことがあると文章に書き起こしてみた。

 昔のことになります。あるところに2つの異なる国がありました。1つの国は、人は皆、身分や性別や信条や経済状況に関わりなく平等である、という理念をもっていました。もう1つの国は、人は生まれながらにして不平等で、身分や性別や信条や経済状況によってそれぞれの役割を果たすべきだ、という理念をもっていました。お互い

もっとみる
ありがとう!
2

どなたかよく存じ上げないのだが、大学内のアカハラ(アカデミーハスラメント)などの構造を率直に語っておられますな。
社会学・歴史学・政治学では、結構イデオロギー色が強くて信用性・信頼性はかなり低下しているのではないかと1市井人は思います。

感謝致しますぞ。
1

育児イデオロギー対立論争と終わりなき終着点

「母乳」vs「ミルク」

「陣痛」vs「無痛分娩・帝王切開」

「予防接種受ける」vs「予防接種受けない」

「紙おむつ」vs「布おむつ」

「褒める」vs「躾」

いやぁ…、前に陣痛vs無痛と母乳vsミルクについて書いたけどさ

ほんとに巷に溢れてんのね

この手の論争って

実は思いもしなかったところからイデオロギー議論を吹っ掛けられて困ってる

彼らは自分達が信じてやっていることが正しいと思

もっとみる
スキ💕ありがとうございます!
2