世武日記

映画音楽作曲家で演奏家の世武裕子によるエッセイ #世武日記 です

世武日記

映画音楽作曲家で演奏家の世武裕子によるエッセイ #世武日記 です

最近の記事

作曲とは排尿である。(4/19)

今日も渡仏前の友達セイハローDAYで、(臼田)あさ美ちゃんとドライブがてらランチをした。ドライブがてらと言ってもあさ美ちゃんが運転してくれた車の助手席でひたすら喋り、カッフェに着いてもひたすら喋り、帰り道もこれまた喋りすぎてハグをすることすら忘れて「またね〜!」と来月も会うみたいな感じで軽薄に別れた。 私も相当なお喋りで、かつ、話題の飛び幅/振り幅は世界レベルだが、あさ美ちゃんも負けていない。でもとっ散らかって収集がつかないかというと案外そうでもなくて(自称なので怪しいが)

    • ぐちぐち言いながら愛する、それがパリってやつなのさ!(4/18)

      本格的に荷造りを始めた。パリのマンション(アパルトマンと言われるやつ)の多くはデジコートが付いており、それを押して最初の関門(ドア)を通過するシステムになっている。デジコードのないアパルトマンに住んでいる友人なんて出会した事がないレベルでの普及率だ。 私が契約したアパルトマン(何故カナダ訛り発音が正式なカタカナ表記なのか意味がわからないが)もデジコードが採用されており、ここ数日は不動産仲介業者さんからそれを聞き出すのに(また)何日も返事を待っている。デジコードがないと、荷物

      • フランス人は軽口が好き(4/17)

        とにかく鍵盤だけは弾いておこうと思って、午前3時、荷造りを中断してササっと鍵盤に触れる。 「パリに行ったら助けになるかも知れないからさ、紹介しとく」と、パートナーなのか別居中なのか離婚しているのか何だかよく知らない(し、別に尋ねもしないが)二人と会った。日本に娘と住み始めた友人と、パリに住んでいるフランス人パートナー(男性)と三人でちゃんと会ったのは初めてな気がする。 無意識のスメルが呼び寄せているのか、彼も哲学やったりフランス語の先生やったり執筆やったりと、言葉を生業にし

        • 写真日記で堪忍な(∗ˊᵕ`∗) (4/16)

          「世武さんもう2週間後にはパリ行っちゃうんですね〜」 と言われて、え...?あと2週間?レアリー??とパニックを起こしまして、本日より本腰を入れて荷造りを始めた。 齢四十ほどの人間にしては相当身軽な方だと思うが、それでも引越しのたびに何となく家から家へと動かしてきただけのモノたちを紐解くと、不要なもの、捨ててしまって後悔するかもしれないものなど、丁寧にやっていると意外と時間がかかる。 そんなわけで、本日は写真日記形式で失礼。 このように、わたくしは至極元気であります!

        作曲とは排尿である。(4/19)

          河口湖/富士吉田放浪記(4/15)

          以前、富士吉田の友人が東京に遊びにきた時、何故か私は「赤ヘル」と書かれたキャップを右手に握りしめていた。そんな私は本日、心の故郷・富士吉田を訪ねたのだが、何故かカープ坊やソックスをこれまた右手に握りしめていた。 「世武さんっていつもカープグッズを握りしめてるんですか?」と彼女に指摘されるまで気づかなかった完全に無意識下での行為である。 何故ソックスを握りしめていたのか(洗濯して綺麗な状態ですよ!)真相はさっぱり分からないが、広島と富士吉田(と河口湖)が繋がっているような気が

          河口湖/富士吉田放浪記(4/15)

          「時間」の価値(4/14)

          なんでだか、毎日22時を過ぎたくらいからアレコレと仕事の連絡が入ったり作業が求められて忙しくなる。今日も全ての仕事が終わったのが2時10分。日中のんびりと優雅に使った時間は一体なんだったのだろうか。 "効率良く合理的に"というのは自己中心的な発想のひとつでもあると思うが、もう少し効率良くならんものかと考えてしまう。 まさにそんな「時間」について。坂本龍一さんと高谷史郎さんの作品「TIME」を新国立劇場に観に行った。 個人的にはアンビエント京都で観た展示の表現の方が響くものが

          「時間」の価値(4/14)

          現実味には現実が必要だよね〜⭐︎(4/13)

          無事にVISAが取得できたことで、ひとまず「F**k the France ツアー」の開催はなくなり、車内泊の民になることもなくなり、すでに賃貸契約を結んでいるパリのマンションに予定通り住むことになった。 そもそもVISAがいつ届くか分からないような状況下だったので、やる気スイッチも入らないまま、中途半端な気持ちでダラダラと渡仏の準備を進めていたが、ここへきて具体的に日本の家の退去に向けて処分やら何やらに動き出す。 輸送に時間のかかる宅急便も出発前に自分で送れるし、少なく

          現実味には現実が必要だよね〜⭐︎(4/13)

          ドライブ日和(4/12)

          今日は西日本から東京まで、いつものように一人で高速を走っていた。時折ポッドキャスト代わりにYouTubeの音声を流してみたり、People In The Boxの音源を全く飽きもせず流してみたり、静岡に差し掛かったくらいで「私ってジャミロクワイの中でSynkronizedが一番好きなアルバムだったんだよなぁ。結局一番人気ってTravelling Without Movingだったんだっけ?」とか唐突に思い出して、何度もSynkronizedをループさせて聴いたりした。 晴れ

          ドライブ日和(4/12)

          リュカちゃん(4/11)

          最初は偶然、東京のカフェでばったり会った。 渡仏前にリュカちゃんには絶対に会っておきたい!と強く思っていて、今日は時間を作ってもらった。彼女のアトリエにUber Eatsでトルティーヤを届けてもらい、二人でロール状になったタンパク質を頬張りながら、あれやこれやと会話をする。 私たちは本当によく話すんだけど、言葉だけが無音の中に次々と並んでいくように理路整然として、この感じはリュカちゃんとの会話でしか生まれない。 迷うことが悪いのではないが、私たちは信念にあまり迷いがない部分

          リュカちゃん(4/11)

          スポーティーセビー(3/10)

          「スポーティー」の代名詞・世武裕子。いよいよ渡仏が近づく(つもり)となると、わたくしの中の広島プライドが兎に角しゃしゃってきて、広島東洋カープ生観戦を少しだけお休み(スポナビで結果は確認するが)してまで広島スポーツ物語を髄までしゃぶり尽くすのだ!という勢いを見せる。 朝からボートレース宮島へ足を運んだ。去年甲子園球場に遊びに行った時に出会った和田兼輔選手が出走するということで、宮島でのレースが観たいとかねてから心の片隅にその気持ちをそっと置いていたのだ。 素晴らしい景色が

          スポーティーセビー(3/10)

          岩国で世武木小次郎になるの巻(4/9)

          本日は、山口県岩国市にある錦帯橋まで爺&クィーンとドライブに出かけた。本当は"いろり山賊"に行くことが主目的だったのだが、以前も予定していた日に大雨で振ら(降ら)れ、今回は桜の季節でイレギュラーな連休。 それならばと別のお店も爺に調べてもらったのだが、そちらもお休み。 じゃあ、カープの由宇練習場でも行こうかね?と言って準備をしていたら「昨日の雨でグランドが使えなくて中止」というニュース。 「ワシら、なんとまあ、ついてない!普段の行いが悪いんかいね!」と言いながらチラッと私

          岩国で世武木小次郎になるの巻(4/9)

          好きな人たちに囲まれる日々(4/8)

          「ついに日記更新を忘れちゃったか」とお思いのあなた、ただいま午前4時を過ぎたところですがこうして本日の日記を(若干軽めに)認めようと思う。 今日は朝から事務仕事を右から左へと捌きながら、いくつかのミーティングの日程が決まり前進した気分。予定のパズルは時に忌々しいのだが、基本的には結構好きな作業だ。 音楽を担当させてもらったRCC(中国放送)ラジオの新番組にお邪魔した。MCは石橋氏と桃子さん。 桃子さんはFM広島での"アラウンドカープ"でお会いする機会があって、いつもニコニ

          好きな人たちに囲まれる日々(4/8)

          なんでも野球に例えてしまうサッカー初観戦!広島プライド(4/7)

          今日はなんと初めてピースウィングHIROSHIMAに行ってきた。サンフレッチェ広島の新しい本拠地で、広島市内では工事中からちょこちょこと話題に上がっていた新施設。なにせ、商店街からも平和記念公園からも広島城からも近い神アクセス。 真新しい建物とあって、先月訪れたエスコンフィールドに近い空気を感じた。近代的なオペレーションを想定した構造とか、時代を投影している設計(デザイン)は国際空港っぽさもある。 なお、今日はマツダスタジアムで対中日戦もあったので全く無意味に後ろめたさを

          なんでも野球に例えてしまうサッカー初観戦!広島プライド(4/7)

          低糖質の広島焼きが爆誕しました、皆のものメモれ!(4/6)

          広島のお好み焼きは超ハイカロリーとお思いのあなた、ノンノンノン(いや、YESだが)!ついに「低糖質 広島焼き」のお店ができてしまったんですねぇ〜!(もはや全く日記じゃない) 広島で最もよく通っている珈琲屋さんは「若草コーヒー」なのだが、そこの佐々木ご夫妻と愉快な仲間たちとで西国街道にある「あたご屋」さんへ。低糖質の広島焼きとついに出会ってしまったのである。 低糖質と言っても腹十二分目(それだと腹の外に出ちゃってる)までたらふく頂いて1000円未満。あゝ広島の物価が怖い!有

          低糖質の広島焼きが爆誕しました、皆のものメモれ!(4/6)

          マツダ初め、カメラ散策、好きな人たちと過ごす一日(4/5)

          イベントの多い一日はなんだか久しぶりのような気がする。思考についての記録が多い私の日記ではあるが、沢山歩いた日は自分自身が街の記録の一部になったようで、これはこれで良いなって思う。 福山にて、お気に入りの焙煎士さんのお店に豆を買いに行った。珈琲界の階層についてはてんで素人だが、味覚の好き嫌いははっきりいるタイプなので、ここのお店の方との珈琲ベースのよもやま話は楽しい。(よもやまして行ったのは私なので、お店の方はむしろ巻き込まれて下さったかと) シンプルに珈琲の基礎勉強になる

          マツダ初め、カメラ散策、好きな人たちと過ごす一日(4/5)

          サービスエリア乱闘物語(4/4)

          本日は、神戸三ノ宮エリアから須磨・垂水のあたりまで、次に音楽を作る予定の映画のロケ地巡りをした。終着点は役者さんがまさに映画の"今"を生きている撮影現場だ。未来の聖地巡礼といったところ。 三ノ宮はライブでもプロモーションでも度々お邪魔している好きな街のひとつで、すっかり馴染みがあるが、須磨・垂水のあたりは初めての訪問だった。完全な異国に放り込まれたみたいに独特な雰囲気を感じて、興味を強くそそられる。「なんだかすごく面白いぞ!」という瞬発力を伴った高揚感と「ちょっと不気味」と

          サービスエリア乱闘物語(4/4)