野崎まど

📖 Know_65冊目 📖

作者:野崎 まど 建物や車、果ては自然までが「情報」にアクセスするために「IoT」化した未来。 その世界では、人間は脳に「電子葉」と呼ばれる装置を埋め込むことで、パソコンやスマートフォンを使用することなく、身の回りにある、あらゆるものを媒体に「情報」にアクセスすることが出来る。 社会…

5/5

 子供の日なので子供らしく映画を見た。  野崎まど脚本の「Hello world」。君の名はライクと見せかけて、野崎まどのことだから最後のほうすごいことになるんだろうなと思っていたら、案の定、割箸の錬金術師だった。問題をどう解決するのかぜんぜんわかんないなと思いながら見ていたので、「なるほど…

【オススメ小説5】『タイタン』奇才、野﨑まどが描く未来とAI。仕事とは何か?

 仕事とは何でしょうか?  どうして私達は働くのでしょう?  もし、世界から仕事がなくなったら?  こんにちは、名雪七湯です。早々に哲学的問いから始まった記事ですが、本紹介の5回目となる今回は野﨑まどの『タイタン』を取り挙げてゆきたいと思います。そして、今作最大のテーマこそ「仕事…

『ANOTHER WORLD』を見てほしくて視聴方法をまとめてみた(映画『HELLO WORLD』スピンオ…

(ネタバレなし)この記事は映画『HELLO WORLD』のスピンオフアニメ『ANOTHER WORLD』の視聴方法について簡単にまとめたものです。 はじめに:『HELLO WORLD』を観たら『ANOTHER WORLD』も観てほしい 2019年に公開された映画『HELLO WORLD』が、先日(2021年4月20日)ついにAmazonプライムで見放題に…

便利な世界は幸せ?

以前『タイタン』という小説を読んだ。 舞台は2205年。AIが何でもやってくれて、人は働く必要がない。そんな世界を描いたお話。 仕事とは何か。働く喜びとはどういうものか。いろいろ考えさせられる小説だった。 人間が心地よく生きられるよう、AIがすべて整えてくれる。 恋愛の相手だってAIに選んで…

SF作家「野崎まど」の小説をGPT-2の1558Mモデルで学習させてみた話

はじめに GPT-2は、イーロン・マスク氏が設立に関わったOpen AI社が開発しました。GPT-2は、データセットでトレーニングされた15億個のパラメーターを持つ大規模なトランスベースの言語モデルです。 (引用:OpenAI)https://openai.com/blog/better-language-models/  簡単に説明すると、GPT-2は…

アニメ「バビロン」を見て

今回は、「バビロン」を見ました。原作の野﨑まどさんが好きで、バビロンの原作既刊の3冊を呼んだ状態で視聴しました。 今回視聴してみて、やっぱり文章と映像では性質が違うなということを実感しました。 まず、アニメだと曲世愛の洗脳まがいの誘い声や禍々しい雰囲気を表現するのにいろんな手法が…

最近の読書

 最近、意識的に積読のままだった本を読み進めている。  弟が最近読書にハマっているという話を聞いて、触発された。いや、本来はもっと日頃から読んでおくべきだったのだけれど、小説を読むということは結構体力や精神力、集中力を使うことなので、仕事などで疲れているとどうも手が伸ばせなかった…

小説『タイタン』レビュー

【新型コロナウイルスの時代に考える”仕事”とは?】  仕事とは影響である。そんな示唆を得られる物語として、野崎まどによる新作長編「タイタン」(講談社、1800円)を読んでしまったのは、長く勤めた仕事先を辞めてしまって1年ほど、仕事とはいったい何だったのかを、ずっと考え続けて来たか…

2020年良かったもの部門 1

明けましておめでとうございます! 今年も心身共に健康に過ごせますように🙇‍♀️🎍 それでは「2020年に良かったもの」を振り返ろうと思います(!) もう2021年だけどね! 普通は今年の抱負とか書くんですけど! 昨年のうちに振り返りを済ませるべきなのに後手後手でやっていることが、すでに私の…