Helloworld

アンズ飴        その12

▽▽さんは実に男前な顔をしていた。額が縦にも横にも広く、左右の眉は漢字の一の字を筆で書いたようにこめかみ向かって立派で、クッキリとした二重まぶた、鼻頭も大きい見事な鷲鼻、唇は小豆色をしてドンと存在感がある。全ての要素が絶妙なバラスで顔を構成している。そんじょそこらに居ない、油切った男性的な色気があった。もしかしたら夜も絶倫かもしれない。
「貴方が、○○(彼女の苗字)が言っていた予備校のときの彼氏で

もっとみる
ありがとう 面白いものを書きます。
1

アンズ飴        その11

下北沢駅から歩いて30分の少し遠い場所に劇場はあった。昭和の経済成長期に建てられたビルを劇場に改装したモノのなのか、表からみる劇場は、中で芝居を遣っているようにはみえなかった。ビルの中は役者が舞台になっているではなく、会社員が働いている事務所が入っていてるように見えて、最初は中に入るのも躊躇われた。玄関を入ると廊下になっていて、公演を見に来た人達がずらりと並んでいた。
 先頭の前に受付があり、受付

もっとみる
スキ ありがとうございます。
1

HELLO WORLD

好きな映画の一つ。

2027年の京都が舞台。
登場人物は、主人公の高校生・堅書直実(北村匠海)と、10年後の未来からやってきた・カタガキナオミ(松坂桃李)、そしてヒロインの一行瑠璃(浜辺美波)。
未来と現在が交差する世界で、2人の堅書とカタガキが、未来で命を落としてしまう一行を救うという話。

内容も映像も主題歌も全てが最高だった。

予告

主題歌

重要なシーンの舞台は、京都駅の大階段だった

もっとみる

アンズ飴        その10

僕は辛くも専○大学の法学部にひっかかった。彼女は日○大学に入ったとメールが届いた。学部までは教えてくれなかった。女優やモデルになっても良いくらいの美人だから、顔で入学が出来るなら日芸の映画学科、演劇学科に入って女優を目指すという未来も彼女ならありえるかもしれない。ただし彼女はスポットライトを浴びるような仕事には興味がないようだ。当然、高校の頃から街を歩けばスカウトの目に留まり声をかけられ続けてきた

もっとみる
スキ ありがとうございます。

アンズ飴         その9

僕たちは結局クリスマスもだけど、大晦日も会わなかった。僕が『会いたい。どうしてる?』『一ヶ月以上も君に会えなくて、寂しい。年末の寒さが骨まで染みる』などとメールを送ると、『今、受験勉強の追い込み中。がんばろうね v(^^)v 』と返信が返ってくるだけ。彼女のほうから会いたいとか、会えなくてさみしいという言葉はなかった。
 僕の方も彼女から“距離”をとったことにより――彼女から言われて強制的に――以

もっとみる
ありがとう (^_^)

アンズ飴         その8

僕たちは毎週、場所を換えてラ○ホに行き、身体を重ねた。
 十代の男女にとってそれはすごく自然なことにように思う。二時間の休憩のあと、シャワーを浴び、近くに公園があれば公園に行き、ベンチに座り時間を決めずにおしゃべりをした。楽しい時間だった。
 当然のごとく受験勉強ははかどらない。僕はただただ週末を楽しみに月曜日から土曜日まで予備校に通った。
 12月に入り、月末のクリスマス、年末年明けを残すのみと

もっとみる
ありがとう (^_^)

アンズ飴         その7

季節は夏から秋になり、僕たちは新宿御苑に来ていた。今年最後になると予想された台風は、まだ関東に上陸しないはずなのに雨が突然降ってきた。冷たい雨。飲食店に避難して雨が上がるのを待つか、雨など気にせずうたれながら帰るか話した。彼女の答えは、飲食店に入るくらいなら、近くのブティックホテルに入って休もうだった。
「わたし一度、ラ○ホに入ってみたかったんだ。部屋の中にゲーム機があったり、カラオケ機があったり

もっとみる
ありがとう (^_^)
2

アンズ飴         その6

中野サンプラザでボウリングをしたあと、彼女の部屋に向かった。彼女の部屋は三鷹で、駅から徒歩で二十分ほど歩く場所のマンションだった。彼女のマンションから井の頭公園まで歩いて行けるらしい。井の頭公園を今まで避けていたのは、歩いて行ける場所に住んでいることが分かり後を付けられるとか、住んでいる場所を探されてストーカーされるのを予防していたそうだ。
 マンションはオフホワイトの外観の五階建てで、一階に五部

もっとみる
ありがとう (^_^)
1

アンズ飴        その5

ある日、彼女は予備校の事務所の呼ばれた。キャバクラでのバイトが予備校の知るとこになった。真面目に受験勉強を続けるか、真面目に受験勉強をしている人の邪魔にならないように退学するか、事務所の人間から迫られ、彼女は10月のその週にバイトを辞めると確約した。彼女のキャバクラからみた社会科見学は一ヶ月満たないで終わった。ファストフードを始め他のバイトも禁止となった。
 それをその週の週末に僕は聞かされた。こ

もっとみる
ありがとう (^_^)
3

アンズ飴        その4

彼女は夏期講習が終わる頃バイトを始めた。もともと高校に通っていた現役の頃は真面目に勉強をしていたようだ。それが彼女の目指していた大学に一年早く入った友達、滑り止めに入った友達と、メールで連絡を取り合っているうちに、春にはあった上の大学を目指そうとする気持ちが今は落ち着き、夏になる頃にはもう勉強したくないに変わったそうだ。
 バイトは最初、初めてということで――高校の頃にはバイトはしていなかったらし

もっとみる
ありがとう (^_^)
1