重心

重心

猫のかゑでです。これはペロペロです。指をパーにしてペロペロします。指と指の間には汚れがたまります。汚れがたまるところは疲れもたまります。歩くときも、走るときも、座るときも、ここはいっつも地面にくっついていて、いっぱい疲れます。かゑでの足の大きさは11センチです。指からかかとまでは離れています。かかとは座るときに地面につきますが、歩くときや走るときには地面につきません。家人の足は24センチです。家人

もっとみる
スキをくれてかゑで元気💛
8

何時間でも居れてしまう○○

Hello!

Ayaです。

今日は、朝2度目のトレーニングに行ってきました!

前回やったことを踏まえて、今回も重心移動を中心にセッションが進んでいきました。自分の体の癖、先週よくなったのがまた少し戻って…といったりきたり。これをできるだけ自分で維持して右肩上がりにしていきたいです。

そして夕飯後には本屋さんへ💕

皆さんは何時間でもいれてしまう!という場所はありますか~??

私、本屋さ

もっとみる
シェアしていただけると嬉しいです😊
5

1.6 馬の背中で感じること

馬の背中。それはとても温かいです。
馬の背中から見る風景。それは何とも言えないものです。

あえて、言葉にするなら、馬の背中から見える風景は、
子どもの頃に、お父さんの肩車や、お母さんの胸に抱かれて見た風景ににています。
親の胸や肩の高さは、子どもの身長からしたら、非日常の高さ。
本当は恐いはずですが、繋がっている温かさが、周囲の光景を見る余裕を与えます。
「こわい~」よりも「うわ~、たかい~。」

もっとみる

レコード盤の上に、針をそっとおいて美しい音を出すような・・・

馬にまたがるときは、「レコード盤の上に、針をそっとおいて美しい音を出すような」。そんな感じで優しく優しくまたがりましょう。

そっと、針をレコード盤の上におく時の気持ち。
ダイヤモンドの針先を、レコード盤の音の溝に、
傷をつけないように、そっとおく気持ち。

すると優しく美しい音が出てきます。

「そっと。」 ぜんぜん難しいことではありません。
馬に対する敬意があれば、自然に「そっと」できますよ。

もっとみる
ありがとうございます!これからもいろんな気づきを投稿していきます。
27

重心を観察。

身体の重心

心の重心

一瞬一瞬

変わっている。

重心が

動作、表情、言葉など

きっと表に現れている。

でも。

私自身

あまり気付いてないかも。

だから。

毎日観察中。

一瞬一瞬を

味わうように。
#習慣にしていること

励みになります‼️ありがとうございます😊
3

夜中に3時間歩いたら学びが多かった。【後日談】

おはようございます。ひろやすです。

夜中に3時間歩いた後に1週間ほど起きた体の変化と感想を書いていきます。

筋肉痛

今まで使ってなかった筋肉を使うと、筋肉痛というのは物凄く強くきます。

筋肉痛の激しかった部位
1位 臀部周辺
2位 ハムストリング
3位 腹部(腹横筋と腸腰筋)

やはり大きい筋肉ほど筋肉痛の症状は大きいですね。腹部の筋肉痛は腸腰筋に効いていたので、腹筋の外側の割れ目部分の内

もっとみる
ありがとうございますっ!
4

夜中に3時間歩いたら学びが多かった。【腸腰筋と肩甲骨】

おはようございます。大変お久しぶりです。

3時間歩く件では腸腰筋を意識した歩き方をしたので、以前書いた記事を貼ります。

はじめに

前述の記事の腸腰筋の働きに補足をします。

腸腰筋の場所についておさらい
腰椎から始まる大腰筋と骨盤から始まる腸骨筋が合わさり股関節の内側につく筋肉です。

「前説1」にて、脊椎が生理的に弯曲していることを説明しました。

腸腰筋は脊椎を前に引っ張ることによって、

もっとみる
ありがとうございますっ!
6

高校数学無料問題集 数Ⅱ 第3章【図形と方程式】①点の座標

第3章では、図形の問題を座標平面で扱うための処理を学びます。
まずは、座標を用いて、いろいろな点の座標を表す練習をしていきましょう!

ポイント

重要問題

演習問題

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります☺︎
1

【腰、膝、股関節】整体に通っているけど、慢性の辛さがいつまでも解消しない方へ

長年整体に通っているけど、その日や数日は良いけど、中々辛さが改善してこないという方は多いと思います。

そんな方は整体後に歩いてみることを提案したいと思います。

ポイントが
・「重心」になります。

【左側の人】
慢性の辛さがいつまでも解消しない方は左側の絵の身体の使い方をしています。
重心が外側で脛や太ももの前側が張っているのが特徴です。
足首、膝、股関節、腰、肩、すべてに負担がかかります。

もっとみる

武蔵、斬られる!(『宮本武蔵はこう戦った』より)

小次郎は武蔵が自分の間合いに入る紙一重の時に、頭上に振りかぶっている長光を振り下ろした。一拍子といえども、ほんの僅かながら時間がかかる、突進してきている武蔵の速さであれば、切先が武蔵の頭上に達する時には間合いを一寸五分ほど超えており、充分に斬ることが出来る。

 小次郎は充分に確信を持って斬り下ろした。切先は見事に、下げている武蔵の頭上を捉えた。あとは長光の思うがままに任せておけばよかった。いつも

もっとみる
本当に嬉しいです!ありがとうございます。
3