おどるなつこ

タップダンサー・振付家/2002年ヘブンアーティスト認定、演劇振付や芸術家派遣事業で全国巡る。2010年"あしおとでつながろう!プロジェクト”を設立、障害のある100名と共に、誰もが尊重しあう体験を町に広げている。ここでは2017年以降の"アート×福祉“ プログラム事例を公開。

アートの届け方・福祉の届き方

夏のような日差しだった5月25日、緊急事態が解除されるムードの中、美しい空を眺めていて、ふと、アートがなぜ生まれたのかを考えていました。 2月26日に文化・スポー…

300

日常にアートを組み込もう

こんにちは。緊急事態が解除された地域も、まだされていない地域も、新たな生活様式を模索されていることと思います。新たな生活様式をどのように組み立てていくか?ここは…

300

個を守りながら社会とつながる方法

こんにちは。 緊急事態宣言の影響で、いつも通りの暮らしができなくなり、稼げなくなったり、楽しみにしていたあれこれが中止になったり、困っておられる方がたくさんいる…

300

障害のありか

自分ではなく、他者の障害について話すことは難しい、これは言わない方が良いかな、そんな風に思ってしまう時があります。しかし、それは、障害がその人にある問題だと思っ…

舞台芸術と福祉の接点

こんにちは。 新型コロナの影響で、自粛を余儀なくされている演劇関係者の悲鳴があちこちからもれきこえています。この惨事がどのような状況か、なかなか社会に伝わりづら…

300

体験とまなざしの魔法

こんにちは。自粛期間も長くなってしまっていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?新年度の団体総会、及び、助成金の報告や申請などで更新が遅くなりました!毎週火…

300