HR&インナーブランディングレポート【10月度アウトプット】

急に寒さが増してきたこの10月、リモートワークも世の中当たり前になる中で、なんだかんだ外に出ることが多くなった1か月でした。
やはりリアルは気づきの宝庫ですね。リモートワークが生み出すものと、そしてリモートワークによりなくなるものを大いに感じた1か月のような気がします。

VMVリブランディングプロジェクト~フェーズ1~

インナーブランディングのお手伝いをさせていただく弊社では、その支援内容の一

もっとみる

緊急対談企画「今葬儀を勤めるということ」vol.5(完結)

本日も大変お疲れ様でございました。

先日真宗大谷派光明寺住職 小林尚樹先生 運営のYoutubeチャンネルで対談させていただきました。

ご覧になられた山内様が文字起こししてくださいましたので掲載いたします。マガジン登録お願いします。

最期に

増井:最近ですとお寺さんを呼ばれない方っていうのが増えてると思うんですが、やはりまだまだ代々のしきたりが安心される方が多いと思うんですね。
将来もそう

もっとみる
スキありがとうございます。よろしければフォロー&シェアもお願いします
1

葬式っぽい話(あるいは凄みのあるタワーオブテラー)

この間、某通販サイトで棺が売っていて

ツイッターでちょっとバズってたっぽいときに思ったこと。

別に葬式って葬式を「しなくちゃいけない」ってルールないよなーって話をします。



父が亡くなったとき。

一時間ほどで支度が終わり、そのまま病院そばの

葬儀店に移動。

そこには普通に霊安室があったので

(たぶん死んだ病院に霊安室自体がないかもしれない)

そこへ運びこんで。

すぐに葬儀関係

もっとみる
ありがとーございます。

葬儀の事前相談はメリットがあるの?終活のための事前相談の重要性を解説

こんにちは、茨城県水戸市の葬儀社『橙縁社(とうえんしゃ)』です。

皆さん、葬儀の『事前相談』に行ったことはありますか?

親族が亡くなって、全く葬儀の準備をしていないと、何をしたらよいのか分かりませんよね。。。

そして、何となくで葬儀社を選んで、葬儀を行ってしまう。

その結果、

・満足いく見送りができなかった

・高額な葬儀費用を請求された

なんてことが起きてしまいます。

そんなトラブ

もっとみる
スキありがとうございます!
3

葬儀費用の負担額と内訳を確認しないと、実は損することを知っていますか?

こんにちは、茨城県水戸市の葬儀社『橙縁社(とうえんしゃ)』です。

『葬儀費用が高過ぎて払えない。。。』

『予算を抑えて、火葬式が一番イイ!!』

確かに、葬儀費用はかなり高額です。

ちなみに、ざっくりとした全国平均だと、

・145~172万円

ぐらいが、平均金額として紹介されています。

更に、最近増えてきている家族葬だけに絞ると、

・80~120万円

が平均金額として情報があがって

もっとみる
スキありがとうございます!
4

緊急対談企画「今葬儀を勤めるということ」vol.4

本日も大変お疲れ様でございました。

先日真宗大谷派光明寺住職 小林尚樹先生 運営のYoutubeチャンネルで対談させていただきました。

他シリーズはマガジン登録の上ご覧ください

ご覧になられた山内様が文字起こししてくださいましたので掲載いたします。

地域の役に立つこととテクノロジー

小林:今例えば今の百合ヶ丘で取り組みというか、意識してることはありますか?

増井:当然今までですと実際に

もっとみる
スキありがとうございます。よろしければフォロー&シェアもお願いします
1

「いい加減な僧侶で式が台無し」葬儀社の本音を聞いた寺院は…

※文化時報2020年10月24日号の社説「『チーム葬儀』の進め方」の全文です。

 浄土真宗本願寺派の本願寺鹿児島別院・教区には、将来展望委員会という組織がある。その一角を担う伝道検討委員会が昨年10月、地元の葬儀社6社と意見交換会を開いた。

 家族葬や直葬は、どこまで増えているのか。お墓や納骨堂以外の埋葬を選ぶ遺族は、どれほどいるのか。葬儀社にとっては企業秘密にしたい部分もあっただろうが、一定

もっとみる
お読みいただいて、とてもうれしいです!
8

病院から紹介された葬儀社との付き合い方。事前に決めておくこと。

今の時代、病院で亡くなることが圧倒的に多いものだ。私の身内もほとんどが、最後は病院だった。家で看取るのは現実的には難しい。タイミングも思ったようにはいかないものだ。

そうなると、どの葬儀社に連絡するかというのが、最初の一山だ。なんだかんだ、人はギリギリまで死ぬことを考えていないから、葬儀の手配はいざという時までそのままになってしまうことが多い。黙っていればそのまま、病院と提携している葬儀社を紹介

もっとみる

俺の葬儀は、

なくなって必要だと気づくことがある。先日、知り合って4年になる友人が癌で亡くなった。彼が氏子委員長として、私は神馬町の副委員長として祭礼の運営に携わったのがきっかけだった。それ以後も神社や町内会や市が開催する催し物で顔を合わせる機会が多くなり、飲み会も何度となく重ねた。やがて、前立腺癌の転移が肝臓にまで広がって飲めなくなった。それでも飲み会を実施したがっていた。それをコロナが拒み、半年が過ぎた頃、

もっとみる

子どもから学んだ「学ぶこと」「進むこと」の大切さ

大人になると色々な知識経験を積み、例外なく誰もが「賢くなっていく」

これはむしろ良いことであると思う。

しかし中には「別の意味」で賢くなる人も多いのではないかと思う。

自分のことは「自分で守る時代」

人を騙したり、駆け引きをしたり、犯罪ではないが、人に迷惑を掛けてしまう人も一定数いる。

騙すより、騙される方が悪いと考える人も多い。

社会に出て感じたことは、どれだけ清く正しく生きていても

もっとみる
わざわざありがとうございます!😌
1