【小規模宅地の特例の適用には申告が必須】

被相続人(亡くなった方)が居住していた宅地を同居していた相続人が相続した場合、『330㎡ まで80%』の土地などの評価額が減額される特例です。
※事業用の土地などにも特例があります。

詳細は国税庁のHP
https://www.nta.go.jp/t…/shiraberu/taxanswer/sozoku/4124.htm

例えば
相続人3人 資産(土地1億 そのほか2,000万円)の場合

もっとみる
ありがとうございます。感激です。
1

【空家に関する問題】

空家に関する問題について相談を受けることもあります。
一番の問題は、「失火」や「倒壊」
などによる
・隣近所への被害
・資産価値の減少 
です。
特に失火などが起こると、資産価値が下がる可能性大なのでとにかく早めの対応が必須です。
また今後国からの規制など厳しくなってくる可能性あるので十分お気を付けください。
ご相談はお気軽に
浜松市近辺で、ご実家の見守りをご要望の方は是非ご連絡を

(社)相続終

もっとみる
ありがとうございます。感激です。

むずかしい相続を、かんたんに。

はじめまして 相続専門の司法書士をやっている三浦美樹です。

今日、2011年から相続専門で相談を受けているので、すでに2000件以上の方々の「それぞれの相続」を経験させていただきました。

日々相続にまつわる様々なご相談(遺言や老後の財産管理や相続対策なども)相続についての、いろんな本やマンガ本の監修などをしております。

相続って、「なかなか話しにくい内容だな」とか、「うちの財産はどうなってい

もっとみる

【ビジネス②~自筆遺言の保管制度②~】

こんにちは。アオ弁護士です。

本日は、自筆遺言の保管制度について、①に引き続き、より深い考察をこちらで書いていきたいと思います。

まず、遺言は、相続の生前対策のうちの一つに掲げられると思います。そして、自筆遺言の保管制度ができるまでは、遺言は、大きく2つ、①自筆証書遺言と②公正証書遺言 が用いられてきていました(本日はこちらの2つ以外は触れません!ごめんなさい!!)。

そして、今回、自筆証書

もっとみる

散骨

「遺骨は海に撒いてほしいの。」

妻の遺言だった。そんな海好きだとは思わなかったが強く念押しされた。そもそも本当に亡くなるなんて思わなかったから「はいはい」と軽く聞き流していた。

「それだけでいいから。覚えておいて。絶対にお墓に入れたりしないで。」

病院のベッドで何度も言う妻はそんなに具合が悪そうに見えなかった。手術室に入った時も随分長くて暇だな、と思っただけで、久しぶりに会う娘の落ち着かない

もっとみる
読んでくれてありがとう
5

【相続した土地をどうしたらいいか相談したい】

相続税の更生手続きに続いて、土地をどのようにしたらいいかのご相談がありました。

もちろん可能です。

(社)相続終活専門協会のグループ内には、不動産関連の専門家もおりますので、いろいろな相談に乗ることができます。

お気軽にご相談ください。

(社)相続終活専門協会正会員
相続終活専門士 石川ひろし

ありがとう。 良い一日になりますように

【通常の相続税申告も依頼できますか】

はい、もちろん可能です。

(社)相続終活専門協会では相続税の更生手続きだけでなく、通常の相続税申告のお手伝いもいたします。

相続に精通した税理士事務所によって行いますので安心です。
また、その後の運用方法についてのアドバイスもいたします。

お気軽にご相談ください。

(社)相続終活専門協会正会員
相続終活専門士 石川ひろし

<相活士行動理念>
相活士として、争続・争族(あらそうぞく)を避け

もっとみる
読んでいただいてありがとうございます。
1

【無料診断】相続税は還ってくる可能性があります。

はじめまして、浜松で相続・事業継承のお手伝いをしている相続終活専門士の石川ひろしと申します。
過去5年以内に相続税を支払った方はぜひお読みください。

「相続税」を払い終えた方へお話させていただくとき、ほぼ100%の方がご存知ない事実があるのです。
その事実とは、「相続税を払い過ぎている可能性が極めて高い」という事実です。

はじめてその事実を知られた方のほとんどの方は、こうおっしゃいます。
「え

もっとみる
ありがとう。 良い一日になりますように
3

【申告の時にお世話になった税理士さんに悪いなぁ】

申告時の税理士さんには知られずに手続きできます。

更正の手続きのためだけの『専門の税理士』とお考え下さい。

税務署から税理士さんに連絡がいくこともありません。

安心して手続きを

読んでいただいてありがとうございます。

相続と遺言の基礎知識【法定相続人、相続分、遺言の効力・記載事項、作成方法、訂正、争い防止、見本、封筒の書き方等】

ご挨拶

はじめまして。大石行政書士事務所 行政書士の大石貴仁と申します。

専門業務は「遺言書の作成支援」であり、業務以外でも運用ブログにて法律知識を発信しております。

■ 運用ブログ

行政書士の知っトク案内浜松
https://gyousei-oishi.net/

■ 遺言書作成業務のホームページ

遺言書作成の専門相談窓口
https://yuigon-souzoku-hama

もっとみる